ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ボルシア・ドルトムントのドキュメンタリー!アマゾン・プライムで放映開始!《ドイツの反応》

【西ドイツアルゲマイネ】

“インサイド、ボルシア・ドルトムント”がアマゾン・プライムで放映開始!
多くのファンが疑問!


inside-borussia-dortmund.jpg

8月16日。多くのドルトムントファンが待ちに待っていた日がやってきた。


ブンデスリーガ開幕の日であると言うだけでなく、“インサイド・ボルシア・ドルトムント”がアマゾン・プライムで放映されるのだ。


スポンサーリンク


有名な監督である、アリョーシャ・パウゼが昨シーズンの後半戦、クラブのドキュメンタリーを撮影し、全4話のドキュメンタリーを完成させている。


そしてその最初のエピソードが午前0時に公開されたのだ。これは多くのドルトムント・ファンが夜寝ないで待つには十分な時間だ。


しかしその内容に疑問をもったファンは少なくない。



“インサイド・ボルシア・ドルトムント”は多くのエモーショナルな場面を映している。しかしクラブの内部を映した映像が少ないのだ。



最初のエピソードでは鍵となる試合での場面や冬の合宿でエピソード、それ以外はヴァツケ、ツォルク、マルコ・ロイス、ビュルキのインタビューが主だった。


控室など舞台裏での映像が視聴者に見せられることはほとんどなかったのだ。




唯一の例外はヴァツケとザマー、ケ―ルがツォルクのオフィスで会談するシーンだ。しかしそこでもライプツィヒ戦後の分析、移籍市場の総括以外は、内部に関する話は出てこなかった。



これには多くのファンも疑問を持ったようだ。その落胆をあらわにしたファンは決して少なくない。



以下ファンの反応


“インサイド・BVBの最初のエピソードには落胆した。それほど期待していなかったけれど、舞台裏が見られることはほとんどなかった。インタビューはスカイやDAZNでも見られただろう。”


“最初のエピソードを総括する。新しいことは少ないし、特別なこともなかった。ロイスの場面は良かったけれどね。今の所緊張の糸が全くないね。マンチェスター・シティのドキュメンタリーとは比較にならない。まあ初めからそうするつもりはなかったのかもしれないけれど。”


“ほんとうにがっかりだよ。90%がインタビューだったように感じるね。控室からの本当に映像はほとんどなかった。”






以上です。


いよいよドキュメンタリーの放映が開始しましたが、管理人も時間があるときに見てみたいと思います。宣伝文句では控室の様子が映されている事をかなり強調していましたので、それが少ないという事でがっかりしているファンも多いようですね。






[ 2019/08/17 19:23 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(5)
ペップシティのオールオアナッシングの様なものを期待していたのですが、少し違うみたいで残念です
[ 2019/08/17 20:04 ] [ 編集 ]
まだ見てないけど、おそらくモザイクかけたりピー入れないととてもじゃないけど放映できないものだったんだと思う笑
[ 2019/08/17 21:15 ] [ 編集 ]
日本でも配信されてるのかな?
[ 2019/08/17 21:46 ] [ 編集 ]
確認したけど日本版はまだのようですね
[ 2019/08/17 21:48 ] [ 編集 ]
ロッカーの島がまだ外国人選手とドイツ人選手ではっきり分かれてるのか知りたいから見る
[ 2019/08/18 15:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。