ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!リーガ開幕戦でアウグスブルクに5:1の勝利!《ドイツの反応》

【ビルト】

ドルトムント!いきなり首位に!

パコのおかげで5:1のゴールパーティー



paco23.jpg


ドルトムントがいきなり首位に立った。



ドルトムントはリーガ開幕戦でアウグスブルクに5:1で勝っている。これによって2012年以来となる優勝に向けてスタートしている。

スポンサーリンク



マネージャーのミヒャエル・ツォルクは優勝を目標に掲げた事について、“そう感じたんだ。そんなに多くが欠けていなかったからね。さらに補強もうまく行っている。だから優勝したいと言うのは正当だと思うよ。”と語っている。



ドルトムントはビュルキを欠き、アウグスブルクはフィンボガソンとマックスを欠いて試合に臨んでいるが、アウグスブルクはスタートダッシュに成功している。


開始1分にアルカセルがボールロストだ。ペダーセンが中央にボールをパスすると、そこで待っていたニーダーレヒナーが決めて先制したのだ。開始31秒だ。


しかしドルトムントもすぐに試合に戻って来る。


3分:ロイスガ右サイドでコウベクを誘い出す。そしてアルカセルのゴールで1:1だ。


ドルトムントはその後明らかに良いチームだった。ヴァイグル(10)、フンメルス(11)、アルカセル(13)、ロイス(25)、ヴィッツェル(27)がチャンスを得たのだ。


前半の数字がはっきりと表している。ドルトムントはシュート数13:2、コーナー7:0、ポゼッション71%で相手を上回っている。


そしてそれは後半に結果となって現れる。


51分にヴィッツェルが左から仕掛ける。そしてサンチョが決めて2:1だ。そこからドルトムントのパーティーが始まる。


57分:またしてもサンチョだ。コウベクがボールを取りこぼし、アルカセルがロイスへアシストし3:1だ。


59分:またしてもサンチョだ。そして今度シュートを放ったのはアルカセルだった。コウベクはPエリア付近から放たれたシュートを阻止できず4:1だ。またパコのドッペルパックだ。


最終的にはゲッツェも12分間だけプレーする事を許されている。彼はロイスと交代したが、キャプテンマークはフンメルスへと託されている。


そして最後に得点を決めたのが新加入だ。82分にヴィッツェルのアシストからブラントが5:1となるゴールを決めている。





以上です。



開始1分の失点ではどうなる事かと思いましたが、その後すぐに点を返し、その後は安心して見られる展開でしたね。それにしてもアルカセルが好調ですね。ここの所毎試合ゴールしていますし、今日は2ゴール1アシストですからね。怪我がなければ20ゴール以上はできる力は十分にあると思いますので、今後に期待したいですね。




[ 2019/08/18 07:06 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(4)
すぐに追いつけたのが良かったですね
1-1で折り返しても、そのうち点入るだろうと楽観視できる試合だったと思います
ただパコの怪我だけ怖いですね
CLも戦うには彼の控えが必須
シック獲ってくれないかな
[ 2019/08/18 08:02 ] [ 編集 ]
いい合宿したようでかなり動けていた。
暑い中、最後まで動きが落ちなかった。特に、ピシュチェク、ビッツェル、ユリアンがいい動きしていた。後ろで、サンチョあたりと変わらない動かしたから、開始直後に奇襲みたいなもの以外ほぼヤバイとこなし。アウグスバーグはついてこれなかった。おかげで、パコはハットでもおかしくなかったし、ロイスは何度か自分から間に入っていこうとしていた。
相変わらずポカみたいな失点したけど、三節までは楽な相手だから、しっかり勝ち点取ってもらいたいよね。
[ 2019/08/18 12:43 ] [ 編集 ]
 フンメルスがいると違うね。チームのビルドアップが良くなった。
[ 2019/08/18 17:48 ] [ 編集 ]
おー勝ったんだ、おめでとう
ヴァイグルを中盤に置いて、デラネイやらアフロやらがサポートしてたら失速しないかもね
[ 2019/08/19 16:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。