ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

サラゴサ香川!非常に説得力のあるデビュー!《スペインメディアの反応》

【マルカ】

香川!非常に説得力のあるデビュー!

kagawa321.jpg


彼はほとんどトレーニングにも参加しなかったし、チームメートとの最初の試合だった。それでも香川がそのクオリティーを証明するのに2分間しか時間はかからなかった。彼は最初に触ったボールでドワメナにパスを送っている。このパスが試合をこじ開けるものとなるはずだったが、ドワメナはそれに失敗している。しかしこの行動はロマレダの日本人に好意を抱かせるには十分だった。

スポンサーリンク



個人的なエキシビジョンは見られなかった。これから最高のレベルに達するまでにはまだやる事があるし、試合も必要だ。しかし彼のボール捌き、プレーに対する理解度は、彼がこのカテゴリーのはるか上にいる存在であることを示すのには十分だった。彼の動きの自由さでもって、もう少しでゴールできるところだったが、オルトらがそれを防いでいる。


香川はそのデビュー戦の80分間で説得力のあるプレーを見せ、ファンを喜ばせている。その中には大きな情熱をもって彼のサラゴサデビューを見守っていた同郷のファンも含まれている。これから日がたつにつれて、アジアのメディアも彼らの同僚をもっと理解する事が出来るだろう。


試合後にロスは“彼がチームに適応した様は素晴らしいね。彼は多くの望みを抱いてここにやってきたけれど、違いを見せてくれた。我々は彼のような偉大な選手をしっかり利用しなければならない。”と語っている。


さらにロスは香川のプレーだけでなく、熱意、そしてリーダ―性にも感心したようだ。言葉の問題にも関わらず。彼はチームのスターであるが、ボールを再び勝ち取るためにさぼる事はない。彼は守備でもしっかり仕事をし、勝利を喜んでいた。彼はこの笑顔を、サラゴサが昇格するという目標を達成するまで保ちたいところだ。





この記事を読んだファンの反応



・香川とサインしたことは大きな利点だ。彼はクラブと町の顔になれるし、これはプライスレスだよ。


・まだ彼にはリズムが欠けている事は見られたね。彼は3か月間も大きな舞台からは遠ざかっていたからね。もっとスピードをあげて、チームメートとの連携が取れれば、さらなるレベルに上がるだろう。良いスタートだった。


・最初のボールは素晴らしく、次のドワメナへのパスはセンセーショナルだった。彼はテクニックだけでなく、良く走るし、プレッシャーもかけてくれる。さらに自分から受けにもいく。確かに彼がそれほどアクティブではなかった時期もあるかもしれないが、彼が来たのは単なるサッカーを楽しみたいだけではない事は明らかだ。これからが本当に楽しみだよ。


・彼のクオリティーが高いことに疑問は全くなかったが、彼がチームメートと連携すればどうなるかが実際にみられた。最悪だったのはチームのミスで彼に息つく暇もなかったことだ。すくなくともスペースを作ったりするべきだった。


・まあ香川がチームと連携できる10試合目ぐらいにはどうなるかわかると思うよ。まだ1試合しか終わっていないけど、すでにいつものように大絶賛だ。


・↑まあ実際に香川の出来は良かったけれど、大部分は君の意見に賛成だ。






以上です。


香川選手のデビューに関する記事と、それに対するコメントがありましたので紹介しました。



[ 2019/08/19 06:00 ] 香川 | TB(-) | CM(10)
地元紙の点数と評価はどーなんだい。
[ 2019/08/19 08:13 ] [ 編集 ]
守備に関しては監督の修正を信じて待ちたいと思います。
しかし前半を見ていて、香川がなぜスペインに来たがっていたのか理解できました。
明らかにドイツのサッカーよりスペインの方が彼には合っていますよね。
それはもう一言でいえば、テクニックに裏打ちされたセンスの部分が大きいと思います。
これからまだ誰も見たことの無い香川真司を期待できるのではないかと楽しみです。
[ 2019/08/19 08:59 ] [ 編集 ]
昨日香川の試合見た後、神戸の試合のイニエスタを見て感じた事は、キャプテンと同じ事。
確かにイニエスタは世界的な名選手で、テクニック等魅せてくれるけど、ピッチ上での「熱意」は感じない。完全に他の選手と馴染んでいるよね。それはボルディにも言えるけど、だから熱狂的な神戸ファンの心を掴みきれて無いんのかもしれない。
香川は、サッカーに対する「熱意」を画面通しても感じる。チームメイトなら尚更だろうな。昨日は途中交代したのにチーム1の走行距離だった。プレスにビルトアップにと、攻守共に献身的に走り回っていたよ。
トゥヘルも、「香川は素晴らしいテクニックを持ったスターだけど、いつも献身的にプレスをかけ続けてくれる。とてもできない事だよ…」と、言っていましたね。何時までも元チームメイトから愛され続けるのはこういう熱意と献身性に心を掴まれるからでは無いでしょうか。苦しい時間、常に一番走って助けてくれる同僚は心強い。そして自分も頑張ろうという気持ちになれる!
[ 2019/08/19 09:07 ] [ 編集 ]
ハビ・ロス選手の言う通り、香川から物凄いリーダーシップを感じました。
坊主にしたのも香川のキャラクターにとても合ってますし、貫禄が増したと思います。
宮澤ミシェルが言っていたように、彼がバイタルでボールを持つ姿というか、あの場所で何かをする姿が本当に似合いますし、あそこに立つ彼の風格というのは明らかに日本人離れしていると思います。
試合後に実況の方も、この若いチームにあって香川はもう別格に見えますねと言っていました。
あとは香川本人が語っていた「常に僕を経由して全てが始まるくらいになれば」を楽しみにしたいです。
[ 2019/08/19 09:18 ] [ 編集 ]
管理人さん 今日も 香川の記事を翻訳ありがとうございます。
「彼が このカテゴリーのはるか上にいる存在であることを示すには十分だった」実際 こういうふうに書いてもらえることが凄く嬉しいです。
「足がつっていた」とインタビューに答えてましたが、それでも 上々のスタートが切れて良かったです。1年も ろくに試合に出させて貰えてなかったわけですから これから しっかりコンディションを上げて チームと連携出来るようになれば 昇格が見えてくると思える試合だったと思います。
あと、チームの勝利を何よりも喜ぶ 彼の笑顔は最高ですね。
[ 2019/08/19 09:32 ] [ 編集 ]
すごく内容を見るようなコメントが多いですね。
トルコのようなセンセーショナルなデビューではなく
、かえって良かったと思います。
[ 2019/08/19 11:11 ] [ 編集 ]
マルカで、
「(サラゴサの本拠地である)ラ・ロマレーダは日本人と恋に落ちた」と書かれてましたね。
[ 2019/08/19 13:07 ] [ 編集 ]
香川以外の選手達もレンタルで加入してきた新加入もいたりして手探り状態だったのではないでしょうか。開幕戦までの準備が出来上がってるわけでもないので長丁場でもあるし一戦一戦連携を深めて行くしかない。香川もチームメートの特徴を掴みながら修正して行くと思います。ぶっつけ本番でもクオリティーの一端は見せた香川。ただもっと出来る。それをどんどん見せて欲しいですね。
[ 2019/08/19 13:12 ] [ 編集 ]
若く実績も少ないルイス スアレスと違い、期待値が高過ぎるぐらいの香川は、今後を期待させる及第点以上の出来というぐらいでちょうど良かった。あとは上がっていくだけだから。調子が上がると怪我だけが心配。この間も足かけられていたし。
[ 2019/08/19 14:46 ] [ 編集 ]
スペインメディアは、手の平返しが、えげつないので、早い結果が欲しいところですね。守備の整備に期待するコメがあったけど、監督のVフェルナンデスは、1部にいた時は、守備は気にせずイケイケサッカーだったので、守備は…思います。ただセルタ時代の試合は面白いサッカーだった記憶があります。カルピンもモストボイも、あんま守備してなかった。
[ 2019/08/19 16:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。