ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!サンチョの給料を2倍に値上げ!!《ドイツの反応》

【ビルト】

ドルトムント!サンチョの給料を2倍に!

これぞ真実の愛だろうか?




sancho10.jpg



5:1で勝利したアウグスブルク戦で、2:1となるゴールを挙げたジェイドン・サンチョは、得点後何度も胸のBVBロゴを指示した。その後南ブロックの方へ振り向いている。彼はドルトムントにいることを非常に喜んでいるようだったが、それには理由がある・・・。



スポンサーリンク



600万ユーロ!スーパー・サンチョの給料が2倍に!


ミヒャエル・ツォルクとハンス・ヨアヒム・ヴァツケはサンチョの力強いパフォーマンス(リーガ47試合で14ゴール22アシスト)に合わせて給料を上げたようだ。ビルトの情報によると、彼の年俸は600万ユーロだとみられている。これは昨シーズンの2倍だ。しかもこれは契約延長とは関係ない。


しかしBVBはサンチョをどれだけ長くとどめておくことができるだろうか?

“デイリー・メール”が報じたところによると、マンチェスター・ユナイテッドとマンチェスター・シティが来年彼の獲得に動くとされている。

ツォルクは冷静だ。彼はビルトに対して、“ジェイドンは現在ここを気に入っている。イングランドの噂は気にしないよ。”と答えている。


ドルトムントは昨年の10月にサンチョとの契約を2022年まで延長しているため、良い立ち位置にいる。


しかしイングランドのトップクラブが本気を出したらどうなるだろうか?仮にサンチョが移籍するとしたら、クラブ史上最高の移籍金となるだろう。すでにウスマン・デンベレーが2017年に1億500万ユーロでバルセロナに移籍したが、サンチョの移籍金は1億5000万ユーロ以上になるとみられている。





以上です。

サンチョの市場価格は1億ユーロですから、残りの契約年数を考えれば最低移籍金が1億5000万ユーロというのは無難な感じですね。

ドルトムントとしては、できれば契約が切れる一年前の2021年まではプレーしてもらいたいと考えているでしょうね。今回の年俸アップはそういう期待もありそうですね。



[ 2019/08/20 16:30 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(5)
そんくらいのサラリーをゲッツェやシュルレ、ダフードやフィリップなんかに分配する前にオバやらレヴァに設定すりゃ良かったのに
[ 2019/08/20 17:20 ] [ 編集 ]
レヴァンドフスキがいたときは今ほど財政状況よくなかったから無理だろ
オーバは高く売れたからOK
[ 2019/08/20 21:55 ] [ 編集 ]
レヴィにドイツ人じゃないから最高の待遇は与えられないと言い放ったクラブ

本当無能
挙句の果てに説得できずフリー移籍されたし。
あの時マドリーかユナイテッドに売れてたらなあ
[ 2019/08/21 12:25 ] [ 編集 ]
無能?
破綻寸前だったクラブを今の地位まで押し上げたのに?
[ 2019/08/21 17:24 ] [ 編集 ]
サンチョは結果を出してきたのでサラリーを上げて当然。ゲッツェは高すぎる。
[ 2019/08/22 07:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。