ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

フランクフルト鎌田!フランクフルトの希望の星!!監督も絶賛!《ドイツの反応》

【SGE4EVER】

希望の星!鎌田!控えめ、そして成功への秘密はなし!


kamada.jpg


優れた技術、素早い閃き、シュートは脅威で、プレースタイルは非常に価値がある。鎌田大地がフランクフルトで見せてきたプレーを見れば、これらの表現は相応しいものとなるだろう。


そしてこれはちょっとした驚きだ。この若い日本人は一年間ベルギーのトロイデンにローン移籍していたが、5月にフランクフルトに復帰すると、まるで違った人間のようだったのだ。フランクフルトは一年前、彼はまだブンデスリーガでプレーするレベルにないと判断していたが、今では鎌田はフランクフルトの希望の星となっている。


スポンサーリンク



しかしこのミッドフィルダーは、これまでの公式戦全てにおいて説得力のあるプレーをし、さらにポカールでは得点をあげたにも関わらず謙虚だ。木曜日に行われたファドゥーツ戦のあとで彼は当紙に対して、ホッフェンハイム戦でのプレーの可能性について、“監督は多くの選手にプレーする時間を与えるつもりだと思っています。”と答えている。そして“自分は90分プレーする準備が出来ていますし、それを試合で示す事もできると思います。”と続けている。



ヒュッター、鎌田を絶賛!


鎌田はブンデスリーガでその力を証明するチャンスを楽しみにしている。リーガはヨーロッパリーグの予選とは対戦相手も違う。“まだより強い相手にプレーする機会がありません。ですが、今は良い方向にいると思っています。”とこのフランクフルトの15番は相変わらず謙虚だ。アディ・ヒュッターはこの日本人の現在の状態に関しては、“私は鎌田がホッフェンハイムで力を発揮する事が出来る状態にあると確信している。”と語っている。鎌田は、“ボールを持ったら良いと言うだけでなく、体の使い方もうまいよ。今シーズンさらに成長すると確信しているよ。”とヒュッター監督はこの23歳を絶賛している。



鎌田がいきなり開花したのは、ベルギーでの成長が背景にある。またこの素早いミッドフィルダーはヒュッター監督の下で多くの自由を与えられているようだ。“守備においては、対戦相手をしっかりと見ていなければなりません。”と鎌田は自分の課せられた仕事に対して語る。“でも攻撃においては決まった仕事はありません。そこでは割とワイルドにプレーする事が許されています。”と鎌田は自身の成功の秘密について語っている。“基本的にはあまり考えたりはしていません。スペースがあったり、密語りすれば、そこを利用したり、または相手にとって嫌な場所でボールを要求したりしています。でもそれは計画しての事ではないんです。”と彼は語る。





以上です。



ホッフェンハイム戦の直前に出た記事ですが、鎌田選手のコメントがありましたので紹介しました。鎌田選手はホッフェンハイム戦では先発出場し、フランクフルトは開始1分の先制点を守って勝利していますね。決して簡単な相手というわけではなかったので、この結果は良いですね。攻撃面では割と自由にやらせてもらっているとのことなので、のびのびプレーしてほしいですね。



[ 2019/08/20 18:30 ] 鎌田 | TB(-) | CM(2)
1つ惜しいシュートありましたね。ただあのシュートにはセンスを感じました。
[ 2019/08/20 18:55 ] [ 編集 ]
やっぱりリーグ開幕戦は緊張感が違うのか、最初は動きが重そうでしたが
後半早々のドリブルからのシュートとか、良いところも見せられたかと
ブンデスのGKやDFの間合いに慣れてくれば、点もとれる様になると思います
そして何より、プレースキックを全面的に任されてるのは良いですね
CKは良いボールばかりでチャンス量産してましたし、あのキックがあれば早々スタメン落ちしないのではないでしょうか
[ 2019/08/20 22:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。