ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

PSGのスター選手たち!トゥヘル監督を批判!!《ドイツの反応》

【スポーツビルト】

PSGにスター選手たち!トゥヘル監督を批判!


tuchel.jpg


PSGはレンヌと対戦し、1:2で敗れているが、トーマス・トゥヘルは落ち着いてその理由を説明しているように見えた。彼は、“難しい試合だったけれど、そうなると思っていた。我々はまだ自分たちの最高のレベルにはない。でも何人か選手が欠けていたからね。こういう状況は8月では普通だよ。”と語っている。



スポンサーリンク



しかしながら内部ではこの敗戦で批判が上がっているようだ。フランスの“La Parisien”が報じたところによると、スター選手たちは、監督の戦術、起用法が理解できないようだ。



例えば、ミッドフィルダーのマルコ・ヴェラッティはトゥヘルが負けている状況で戦術を変えなかった事に腹を立てているようだ。さらに同紙は二人の選手の会話を引用している:“今日は僕たちはいったいどんな戦術で戦ったのかわかるかい?”、“いいや。いつものようにわからなかったね。”


また“Le Parisien”によるとトゥヘルがドラクスラーを起用し続けることにも疑問を抱いているようだ。このドイツの攻撃的選手は、レンヌ戦でスタメンで出場すると77分間プレーしているが、ぱっとしないプレーを見せていた。ドラクスラーはリーグ開幕戦でもフル出場しているが、彼は試合中消えていたと評することができるだろう。PSGの選手によると、ドラクスラーはPSGにやってきた時ほど良くないとのことだ。



一方開幕でネイマールをあきらめなければならなかったトゥヘルは、リラックスしている。“我々は落ち着いて自分たちを信じなければならないね。悪い結果の後で毎回疑問を抱くことはできないよ。”と彼は語っている。






以上です。

トゥヘル2年目でさっそく内部から不満の声が上がってきているようですね。最初は良い子のトゥヘルも2年目からは自分のカラーを出すようになるでしょう。ここから彼がチームをどう作り上げるのかが見ものですね。



[ 2019/08/23 08:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(19)
メガクラブなので選手の管理が本当に大変だと思います。
市場が閉まるまであと一週間。
どのような選手が入って、出て行くのか注目ですね。
[ 2019/08/23 08:44 ] [ 編集 ]
モウリーニョみたいに2年目3年目で辞める監督になりそう
[ 2019/08/23 09:00 ] [ 編集 ]
PSGというビッグクラブを率いるにはまだ監督としての格が足りないかもしれませんね。選手たちの個性が強すぎて、強引な指導や戦術を続けるのは難しいと思います。
[ 2019/08/23 09:31 ] [ 編集 ]
「二人の選手の会話を引用」ってのが東スポか!?ですが、チームに不満はあるでしょうね。やはり負けるとどうにも。
前提としてネイマールが移籍でゴタゴタの時点でチームが一枚岩ではないですし、
マルキあたりも結構言うタイプなので、どうなるか。ネイマール移籍のあおりでムバッペのモチベーションが低下とかなると一直線に瓦解するようにも。
結局は、求心力を保ち続けるには勝ち続けるしかないので、ゲイエが速やかにフィットすることを願いたいものですわ。
[ 2019/08/23 09:39 ] [ 編集 ]
前から優秀な監督だと思ったことがありません。
戦術家と評価してる人がいますが、戦術家と思ったことがありません。
テキトーにこねくり回してる感じにしか思えないんですよね。
ただ飽きやすいだけなんではないかと。
一つの形を極めるところまで持って行けない、形のない監督だと思ってますね。
[ 2019/08/23 10:59 ] [ 編集 ]
選手を駒としか考えてないのが駄々洩れするからなぁ
まぁ有能ではあるんだけど、自分の指示した通りに動かないと選手を批判するからね
負けたときは特に顕著になる
トップクラブの監督にはあんまりむいてない性格してる
万年降格争いしてるようなクラブだと相性がいいんだろうけど
[ 2019/08/23 11:15 ] [ 編集 ]
トゥヘルは揉めますねえ。(笑)
戦術知識には説得力のある監督だし、トップ下にこだわっていたミキタリアン選手のウインガー、香川選手のIH・ボランチへのコンバートで素晴らしい試合をした実績もあります。
デンベレもこの監督のいるドルトムント時代が一番輝いていました。
まだ若いし、クセモノぶりを名物にするぐらいの大物目指して頑張ってほしいですね。
[ 2019/08/23 12:25 ] [ 編集 ]
実にトゥヘルの2年目っぽい感じの記事
でも国内じゃ難なく勝てるでしょう
でもまたフロントやチームと揉めたらこれ以上のステップアップは無さそう
[ 2019/08/23 15:38 ] [ 編集 ]
1年目は成長を見せたかと思ったけどね
取り合えず不満は勝利でファブレ見たいに押さえつける事は出来るけど負けちゃったのが痛いね
トゥヘルは良く言うと戦術に柔軟性がある、悪く言うとコロコロ変えて優柔不断、そしてどちらかと言うと偏屈で意固地になり、負けが嵩むと方針転換しなくなる監督だわな
[ 2019/08/23 15:52 ] [ 編集 ]
 トゥヘル監督は戦術の流行を取り入れつつ対戦相手への対抗戦術を採用するので、戦術ヲタクな視点では面白い監督ではあるんです。でも、どうも説明不足っぽいんですよ。それで選手達はやらされてる感が強くなって面白くなくなるのかも。
 監督の仕事って難しいですね。
[ 2019/08/23 16:48 ] [ 編集 ]
マインツでクラブと揉めて契約を残して辞任(SDが後から実質的に辞任です、と言うことになる始末)

ドルトムントでは、主力やキャプテンのフンメルスなどと徹底的に仲たがいし、フロントとも関係悪化し、こちらはクラブ側からトゥヘルに引導を渡す形で契約解除

PSGでは、主力選手と揉めてる ← New!!



>>「メガクラブなので選手の管理が本当に大変だと思います。」

メガクラブの管理が大変とかそんなレベルじゃないですよ。
どこのクラブにいっても問題をおこしてるわけですから。
これはトゥヘルという人間に完全に問題があるということでしょう。
ただ、今回はネイマールという、選手の中でNo.1の問題児がいたおかげでトゥヘルが少し薄まってる(頭じゃなく)ように感じますね。
ただ、結局、どこのクラブに行っても必ず嫌われるのはなぜなのでしょうね。
しかも、ドルトムントのときもPSGのときも、1年目の最初は選手達からすごくすごく良い言葉が出てきて今回は上手く選手達とやっていってるねと思ったら、次の年にはもう嫌われてますからね...。
[ 2019/08/23 17:27 ] [ 編集 ]
まぁ自分の色だしゃ揉めるよねこの人は
[ 2019/08/23 17:41 ] [ 編集 ]
ドルトムントでは年明けからでしたね。ファンタスティック4と呼ばれた前任監督のシステムを継承して順調だったのに一切それを捨てた。ピッチで下がってくるなと香川を怒鳴りつけたあと干した。1年持ったのなら、PSGの方が格上だったんだ。しょっちゅう戦術を変えて選手を翻弄して楽しむ趣味が始まった。承知で雇ったクラブの責任でしょ。
[ 2019/08/23 18:25 ] [ 編集 ]
仮に選手2人の会話が本当だとすると。
ドルトムントの時と同じ内容の事を言われてる。
どう戦うのかわからなかった。って。
あと会話中の「いつも通り」てのが個人的に引っかかった。
本当にあったとしてもおかしくないなっていう感想。
この会話は遠回しな批判になってるのかもしれないけど、批判よりかは呆れとか諦めの方がより強そう。
あくまでも記事を読んで受けた印象、ですけど。
[ 2019/08/23 23:55 ] [ 編集 ]
メガクラブで何の問題も無くやれてる監督の方が珍しいですよ。
バイエルンのコバチは?
トゥヘルどころではない批判されまくりですよね。
モウリーニョ、コンテ、サッリ…いろんなタイプの監督がいるからサッカーは面白いと思います。
プリシッチもマンUに行かなかったのは「監督がモウリーニョだったから」と言ってましたね。
[ 2019/08/24 09:15 ] [ 編集 ]
自分の中での約束事というか何処かで習ったセオリー通りに動いてる気がする
だから1年目は前任のスタイルを引き継いでいくし、自分の言葉が伝わらなかったとしても、なんとなく出来てしまう
でも、2年目からは、自分の色を出し、まるでチェスの駒のように選手をいじくりまわしだす
ところがここで、圧倒的なコミュニケーション不足の為、選手にとってはビジョンが見えずストレスがかかるんだろうなあと勝手に妄想
[ 2019/08/24 09:56 ] [ 編集 ]
>マインツでクラブと揉めて契約を残して辞任(SDが後から実質的に辞任です、と言うことになる始末)

これは違うと…その頃クロップがマンUから巨額のオファーが有り、クロップが辞任を考えていて、後任としてクロップがトゥヘルを推したんだよ。で、トゥヘルはいきなりマインツ辞任。が、クロップはドルトムントに遺留されて…
これは後にヴァツケがインタビューで話している。

トゥヘルは思いつくと即実践するという性格。ドルトムント時代も試合直前に戦術やスタメン変更する事が有ったよね。いきなりシュメ使う気になって、奥さんが車に道具入れていてくれたから良かった…なんて話もあったし、香川も直前に色々戦術変更言われる…って言ってたしな。
が、失敗しても試合中に必ず修整してきていた所は、流石だし勉強になったよ。
毎回スコアブックつけながら、その何故?を考えるのが本当に面白かった。そういう意味ではトゥヘルは最高に楽しめた。
[ 2019/08/24 10:38 ] [ 編集 ]
トゥヘルの思い描く戦術を目にした人って、まだ誰もいないんだよな。
ドルの時も中途半端な感じになっていたし、PSGも個の力だけでは通じないCLではパっとしなかったしな。
名将なのかどうかの評価は後2年以内にわかるだろう。
3年やってPSGと言うビッグクラブで結果が出なかったら名将とは言えないわな。
[ 2019/08/24 22:24 ] [ 編集 ]
>マインツでクラブと揉めて契約を残して辞任(SDが後から実質的に辞任です、と言うことになる始末)

>これは違うと…その頃クロップがマンUから巨額のオファーが有り、クロップが辞任を考えていて、後任としてクロップがトゥヘルを推したんだよ。で、トゥヘルはいきなりマインツ辞任。が、クロップはドルトムントに遺留されて…
これは後にヴァツケがインタビューで話している。


マインツが辞めさせてくれなかったから無理やり辞めたんだよ
まぁ揉めたのと同じだね
そんでSDが後から辞任しましたって言わなきゃいけなくなったわけで
だから合ってるしトゥヘルは奇人変人の類だね
[ 2019/08/25 00:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。