ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

長谷部!鎌田先発フランクフルト!ELプレーオフでストラスブールに敗れる!《ドイツの反応》

【ビルト】

アイントラハト!EL出場の危機に!

trapp2.jpg


ドーピング疑惑、移籍劇場に続いて、今度はヨーロッパリーグ、プレーオフで敗れることとなった。最近のフランクフルトはあまりうまく行っていない。


スポンサーリンク



フランクフルトはヨーロッパリーグのプレー・オフでストラスブールと対戦したが、0:1で敗れているのだ。セカンドレグは来週木曜日に行われる。フランクフルトは壊滅的な守備によって失点している。左からのコーナーキック。そしてダ・コスタがその意思に反して腰でボールを弾いてしまったのだ。後はゾヒがそれを押し込むだけでよかった。


アイントラハトのベスト・チャンス:鎌田のシュートをジクがクリアする。これは明らかにハンドであったが、アイントラハトにとっては腹立たしいことにPKとはならなかった。



SDのボビッチは試合後に、“この決断はクレイジーで、我々にとっては非常に厳しいものとなった。残念ながらヨーロッパリーグではビデオ判定がないからね。”と語っている。キャプテンのケヴィン・トラップも“これは本当にひどいね。”と語っている。


この試合ではフランクフルトは前半完全に寝ている状態だった。開始5分には長谷部がコルニェのシュートを手ではじいていたが、審判はPKを取らなかった。これはフランクフルトにとってはラッキーだった。


そのためトラップは、敗戦の責任は審判ではないとしている。“前半のパフォーマンスと敗戦には理由がある。それに関しては休憩中に話をしたけれど、勝ち進みたかったら全力を出すしかない。一人一人それについて考えるべきだ。”


彼が思っているのはレビッチの事だ。彼は不甲斐ないパフォーマンスで前半で交代となっている。アディ・ヒュッターはそれについて、“基本的にこれに関して説明する事はないよ。パフォーマンスを考えれば当然だ。彼は前半で、少しは示したけれど、いずれにせよ彼を下げただろうね。このような重要な試合であのような態度でプレーするなんて、気に入らなかったんだ。”と語っている。



いずれにせよフランクフルトは後半から良くなっている。ボビッチは次の木曜日の試合について、“非常に素晴らしく、エモーショナルな試合となるだろう。また典型的なヨーロッパリーグの夜がやってくるよ。”と語っている。





以上です。

アイントラハトはここの所ずっと試合が続いていますから大変ですね。二人交わしてからの鎌田選手のシュートは良かったですが、相手の腕に当たってボールが枠外に反れてしまいましたね。これがPKにならなかったのは本当に残念です。

フランクフルトは次はライプツィヒ、そしてまた木曜日に試合と大変ですが、次はホームなので逆転に期待したいですね。



[ 2019/08/23 17:10 ] 鎌田 | TB(-) | CM(3)
推進力がない。長谷部にバックパスが多すぎる。以前は前に進んでいって長谷部にボールが戻ることは少なかった。鎌田が前線で動き出しをしているのにワンタッチで出すことがない。受けてから出しどころを探してエリア内や前へのパスも精度がなく敵にパスになって通らない。
[ 2019/08/23 18:37 ] [ 編集 ]
記事に前半、シュートブロックに入った長谷部が手でボールを弾いたとあるけど、あれは手ではなく肩だからPKは取られないよ。
反対に、鎌田のシュートは相手選手の手に当たっているからPK取るのが普通。
トラップが審判のせいではないと言っているけど負けたのは誤審をした審判のせいでもある。ただ、フランクフルトもあのパフォーマンスでは引き分けであって勝ちにはならないけどね。
[ 2019/08/23 19:35 ] [ 編集 ]
負けた原因は、この暑い中また中2日でやることが頭にあったのかもしれない。次はレッドブルだし。なんかセーブしてやってるように見えた。
移籍するだのしないだののレビッチは完全にやる気なかったし、ダコスタは腰引いてクリアミス。そのほかにも動き出しが遅れることがいくつかあった。
まぁ今シーズンは50得点したフォワード2人がいなくなってチーム再建中だけど、前のシーズンのようにスタートダッシュにコケるようなことはしてもらいたくないね。
[ 2019/08/24 08:12 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。