ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!ケルンに3:1の逆転勝利!《ドイツの反応》

【ビルト】

ドルトムント逆転勝利!


bvbfa.jpg


際どかったよ!ドルトムント!


BVBは優勝争いにおいて、なんとか敗戦を免れた。後半からパフォーマンスが向上し、3:1と逆転勝利を収めたのだ。


86分:ハキミがゴール5メートルの距離からジャンプし、ヘディングで逆転ゴールを決めたのだ。ケルンはこれでどん底に沈んでしまった。ケルンは475日ぶりにブンデスリーガに復帰したが、それまで5万人のファンの前で非常にアグレッシブに戦っていたのだ。

スポンサーリンク



ケルンではベルギーのボルナウフがハザールを徹底的にマークし、さらにエシブエがロイスをそしてヘクトーアがサンチョをマークする。さらにスキリが中盤を制圧し、前ではモデステとコルドバの2トップだ。


その結果開始29分でケルンが先制した。コーナーキックからスキリがピスチェクとの空中戦を制すると、ファーサイドにいたドレクスラーがボールを頭で押し込んだのだ。



ではBVBは?23分にはロイスが直接フリーキックを放ったが、これが前半にドルトムントが放った唯一のシュートとなっている。


そして後半に入ってからもそれはすぐには良くならない。例えばロイス、アザール、サンチョがペナルティーエリア内でボールを回すも誰もシュートを打たないのだ。


しかしここでファヴレ監督が手を打つ。


彼はヴァイグルとシュルツに代えてブラントとハキミを投入し、ダブルボランチシステムを変えたのだ。


それによってすぐに勢いが出てくる。ロイスのコーナーからアザールを経てサンチョがファーサイドに決めて同点だ!


そして右サイドでブラント、ロイス、ピスチェクが夢のようなコンビネーションを見せる。そのクロスをハキミが決めて逆転だ(86)。


そして94分にアルカセルがカウンターから決めて3:1としている。

際どかったよ。ドルトムント!






以上です。


金曜日の試合は今シーズンからDAZNが受け持っていますので、管理人は試合を見ることが出来ませんでした。ときどき情報をチェックしていましたが、中々点が入らなくて焦りましたね。まあそれでも最終的に1:3で勝利したので安心しました。



[ 2019/08/24 05:52 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(4)
昨季から内容悪くても勝ちきれる試合が増えましたね
ただ引いて守られるとやはり崩しきるのは難しいので、シンプルなクロスに合わせられる長身FWはオプションとして欲しいですね
今後取りこぼしが増えそうな予感がする試合でした
[ 2019/08/24 07:09 ] [ 編集 ]
サンチョがスーパーになってきた。
70分過ぎまでは負けるかと思ったけど、そこからは1人で試合決めたな。同点のミドル決めてからは、相手を引きつけるだけ引きつけて左サイドガラ空きにしてくれた。素晴らしい。
ただし、守備はダメ。相変わらず、上から失点。下からはモデストともう1人の人に引っかき回されるだけ引っかき回された。
次も楽な相手だけど、9月の代表選明けからは立て続けに難敵ばかり相手する。いい加減に修正しないとまたおかしなことになりそう。
[ 2019/08/24 07:53 ] [ 編集 ]
やっぱここでは叩かれてたけど凄いいい監督ですね。
[ 2019/08/24 08:02 ] [ 編集 ]
前線は似たタイプの選手が多いので勢いがあると大量得点が取れるけど攻めあぐねると苦労するかもしれませんね。それでも力の差があるクラブには勝てると思いますが。
[ 2019/08/24 08:12 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。