ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

サラゴサ香川!恐怖に直面する!《スペインメディアの反応》

【Eldesmarque】

香川!恐怖に直面する!

kagawa123.jpg


レアル・サラゴサはリーガ2部での2試合目に向けてポンフェラダに向けて出発する所だ。サラゴサは、テネリフェ戦での勝利を続けたいところだが、そこではまたしても日本のミッドフィルダー、香川真司のチーム内での大きな仕事が見られることだろう。

スポンサーリンク



この日本のサッカー選手はラ・ロマレダでのデビュー戦において、彼のクオリティーの一部を発揮している。チームで1週間トレーニングした後で、より高いレベルに達するためにも彼はより良いプレーをしなければならない。


そのレベルとは彼がかつてプレーした、マンチェスター・ユナイテッド、そしてボルシア・ドルトムントで示したものの事だ。特に彼はドイツのチームで仕事でもプライベートでも困難に直面している。そこではチームバスが襲撃されたのだ。そこではマーク・バルトラが軽い負傷を負っただけだったが、香川を含めて多くの選手が多くのショックを受けている。




香川は当時の事に関して、“まだバスに乗り込むことに恐怖を感じます。 まだこの襲撃事件の夢を見ることもあります。”と語っている。このような大きな衝撃を受けたわけだから、香川がこの状況に苦しむのは当然のことだ。しかしこの出来事も、香川はすでに消化したことだろう。香川は今レアル・サラゴサにおいて、多くの移動がある新シーズンに向けて出発したところだ。


その最初の旅が、今週末に行われるポンフェラダに向けての旅となる。約600キロを6時間かけて向かうのだ。これはチームメートと知り合う良い機会にもなるだろう。ポンフェラダでの試合はタフな試合になるとみられている。サラゴサはまだそのスタジアムでの勝利を知らないのだ。






以上です。


次の試合まではバス移動となるようですね。この移動にかけて、香川選手のドルトムント時代の体験が紹介されていました。あの次の日のモナコとの試合では香川選手はチームを見事に引っ張っていましたね。負けてはしまいましたが今でも心に残る一戦です。



[ 2019/08/24 17:02 ] 香川 | TB(-) | CM(9)
モナコ戦、忘れられない試合です。
一生懸命な香川の姿、心の状態が伝わるプレイでした。
試合を見なければ始まらないし、見たいので、
日本人選手の影響は出ていると思います。
香川には、一つ一つの試合を積み重ね、勝ち進んでいってほしい。
応援しています。
[ 2019/08/24 17:39 ] [ 編集 ]
サラゴサはスペインで5番目に大きな都市らしいてすが、交通の便を考えると、行き先によってはアウェーの移動が不便な地域もあるようですね。
サラゴサ空港からはスペイン国内だと離島行きのみでしょうし、ちょうどマドリードとバルセロナ(バレンシアも)の中央の内陸に位置しているので、移動の際は一旦マドリードまで電車で出る感じが多くなるのかな?と思いました。
立地的にはフランスに近く、バスク地方という素晴らしい場所ですが、空港の利用を考えると岡崎のマラガの方が海岸沿いの街なので多少は便利のようですね。
[ 2019/08/24 17:54 ] [ 編集 ]
 あの後のモナコ戦は忘れられない。チームバスが良く分からない事情でモナコ警察に長い時間足止めされ、BVBはウォーミングアップなしでプレーすることになった。私はチームが無事にドルトムントに戻ってくれれば結果はどうなっても良いと思っていた。普段とは違う意味で緊張感があるCLでした。
[ 2019/08/24 17:55 ] [ 編集 ]
あの日の香川は孤軍奮闘で格好良かった
[ 2019/08/24 18:59 ] [ 編集 ]
まぁ、スペインメディアが言いたいのはあの恐怖の事件のことより
セグンダでは6時間掛かる距離でもバス移動になるのが当たり前ってことでしょうか?
>サラゴサはまだそのスタジアムでの勝利を知らないのだ
これはいままで何試合対戦して勝ったことがないのかな?
是非、勝ってもらいたいもんです
[ 2019/08/24 19:00 ] [ 編集 ]
モナコ戦懐かしい。
今年のGWにスペイン行った時に電車でサラゴサ通過したな。
香川の試合見にまた行こうかな。
[ 2019/08/24 20:41 ] [ 編集 ]
600㌔をバス移動とか…自家用ジェットでの移動が当たり前だったドルトムントやマンUとは大きな差ですね。
そして日本帰国も…スペインへの直行便は復活しましたが、まだまだドイツやイギリスに比べると圧倒的に便が少ないから大変そう…まぁ色々とタフな生活になりそうですけど、自ら望んだ決断だから、楽しんでチャレンジしてくれるだろう。
[ 2019/08/24 21:07 ] [ 編集 ]
あのCLのホームのモナコ戦は、香川選手は本当に凄かったですね。
多くの選手が茫然とピッチに立っていました。あの状況での香川選手の奮闘には、本当に感動しました。
あの気持ちで入れたゴール!
それでも2ndレグも含めて、当時モナコのムバッペ選手の鋭いカウンターに、ドルトムントのディフェンスは歯が立たなかったですね。
その後彼はロシアWCでブレイクして、フランスに2度目のトロフィーをもたらすわけです。
既に香川選手は、フットボールの歴史の一部だと思います。
これからどう言う歴史を刻むのか、ファンとしては楽しみですね。
[ 2019/08/25 10:11 ] [ 編集 ]
モナコ戦はアジア人として初のラウンド8でのゴールも決めましたしね
個人的にはあの頃のカガワが一番キレてたと思います
[ 2019/08/31 03:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。