ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

バイエルン!レナート・サンチェスを放出!リールに移籍!《ドイツの反応》

【ビルト】

ロカがやってくる?

サンチェス!フランスへの移籍が完璧に!


sanchey34.jpg

これで控室でコウチーニョの隣の席が空いたことになる。


レナート・サンチェスがバイエルンを去ったのだ。この3500万ユーロのポルトガル人は、ニコ・コヴァチに不満を言い、さらにトレーニングをサボった事で1万ユーロの罰金をバイエルンに支払っていたが、ついにクラブを去る事となった。



スポンサーリンク



チャンピオンズリーグ・クラブであるリールに移籍だ!すでにバイエルンもリールも公式にこれを発表している。


彼はすでにメディカルチェックを済ませ、2023年までの契約書にサインしている。



サンチェスが去った!ではロカがやってくるだろうか?



この移籍によって中盤では席が一つ空く事となった。コヴァチ監督は力強い6番を希望しており、エスパニョール・バルセロナでプレーする、マーク・ロカに注目が集まっている。


ビルトの情報によると、このスペイン人はレアル・マドリッドやインテルよりもバイエルン行を希望しているとされている。


レアルは現在ネイマールの獲得に動いており、そのため中盤では節約したいとされている。ロカはポクバやエリクセンと比べて、お買い得な選択肢となっているのだ。


このスペイン代表選手は、バイエルンのコヴァチ監督が彼を評価していることを理解している。それに加えてティアゴやコウチーニョと共にプレーしたいようだ。今はこのワールドスターの隣の席が空いたところだ!


ビルトの情報によると、すでに6月にサリハミジッチとロカがスペインで会談したとされている。バイエルンは1800万ユーロで打診したとされているが、それはエスパニョールにとっては少なすぎるようだ。しかし3000万ユーロであればオファーに応じるとみられている。彼の契約解除金は4000万ユーロに設定されている。


現時点ではまだ交渉は行われていない。






以上です。


サンチェスは随分不満をいっていましたが、とうとう移籍しましたね。まだ22歳とのことですが、バイエルンのようなクラブで若手がチャンスを貰うのは簡単ではないですね。バイエルンにやってきた時の期待はものすごく大きなものでしたが、まあ他にも良い選手がいますから、そうなってしまうのはしょうがないですね。まだ若いですからこれから頑張ってもらいたいですね。

[ 2019/08/24 19:16 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(4)
サンチェスは守備もいいしボール持てるしの選手だけど、バイエルンではボール持てることの方が仇になったな。球離れが遅いからどうしても周りと同じリズムでやれない。合わせんのが苦手なんかな?と思って見てたけど、新しいクラブが合うところなら出ていった方がいいかもな。まだ若手だからブレイクのチャンスはいくらでもあるよね。
バイエルンは新しい選手の獲得は打ち止めみたいなことをいってたけど、これでまた新しいのを探すんかな?またヘンなことしなければいいけどな、、、
[ 2019/08/24 20:19 ] [ 編集 ]
サンチェスは出して良かった
練習見ていても下手でしたから
アシストコーチやミュラーを始め他の選手がアドバイスしてあげても聞くという事をしないでただ不満しか言わない
[ 2019/08/25 03:40 ] [ 編集 ]
レンタル移籍したプレミアリーグで全く活躍できなかった(才能の一端も見せられなかった)あと、バイエルンに戻ったわけですが、もう使われないと思ったのですが、よく我慢して多少でも使っていたものだと思っていたものです。結局、バイエルンには見る目がなかったということです。
[ 2019/08/25 07:23 ] [ 編集 ]
ユーロ2016の時は18歳にして凄い怪物が現れたと思ったんだけどなぁ
フィジカル系の多いフランスなら相性が良いと思うから頑張ってほしい
ビダルみたいなれるのが理想かな
[ 2019/08/25 09:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。