ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》香川がキッカーベスト11に!!清武はビルトベスト11!!日本人選手採点まとめ

さてドイツは昨日が祝日だったために、新聞や雑誌の発売はお休み。キッカーも一日遅れて発売となりました。ブンデスリーガ最終節の日本人選手の採点とドルトムントの採点をまとめましたーのでご覧ください。


20150526171534ce6.jpg







【ビルト 日本人採点】

清武 1
長谷部 4
香川 2
大迫 3
長澤 3
原口 5
岡崎 4


【ビルトベストイレブン】



清武選手が2回目の選出
ドルトムントからはフンメルス、ケール、ミキタリアン選手が選出






【キッカー 日本人採点】

清武 2.5
原口 3
岡崎 4
香川 2
長澤 3.5
大迫 2
長谷部 3.5
山田 2.5



【キッカー ベストイレブン】


香川選手が3度目の選出

スポンサーリンク



キッカー ドルトムント対ブレーメン戦


【ドルトムント採点】

ヴァイデンフェーラー 2.5
ドゥルム 2.5
ズボティッチ 3
フンメルス 3
シュメルツァー 3
ギュンドガン 3
ケール 3
ミキタリアン 2
香川 2
ロイス 3.5
オバメヤン 2


【ブレーメン採点】

カステール 2.5
シュテルンベルク 5
ヴェスターガート 5
ルキムヤ 4
セラシー 3
クロース 4
エツナリ 2.5
ユノツォビッチ 3.5
バルテス 5
ブシュ 4
ディ サント 4

【審判】グレーフェ 2.5

手堅く、しっかりとした試合さばき。いずれにせよ線審は3:2の場面でガブレ・ゼラッシーがわずかにオフサイドの位置にいたのを見逃した。



【試合】 2


勢いのある攻撃的なサッカー。離れ業や、多くのゴール。最終試合はとてもエンターテイメント性に富んでいた。



【分析】 3:2? 5:1が相応しい結果だっただろう!

ブレーメンにとっての前半はまるでロードローラーに巻き込まれるかのように感じられたに違いない。ドルトムントはアクセルを踏み込み、統率のとれていない対戦相手を壁際まで押しやった。ブレーメンはほとんど試合を組み立てることができず、1:2とエツナリの得点の場面は例外だった。香川とミキタリアン、そしてサイドのドゥルムと中盤のギュンドガンが、疲れ知らずで息を飲むようなテンポでの攻撃を見せた。しかしBVBは多くのチャンスを決めきれなかった。後半は追加点こそなかったもののドルトムントが圧倒し、対戦相手を良く掌握していた。ドルトムントは試合をコントロールし、ブレーメンはなによりも左サイドでの脆さを露呈していた。そしてBVBがテンポを上げる度に、ブレーメンはスペースを消すために大きな問題を抱えることになっていた。



【結果】

この3:2という結果は、お人好しなブレーメンに対するドルトムントの優越性を全然表しきれていない。5:1でもおかしくなかっただろう。ブレーメンにとっては同点すら考えられなかった。

【ベストプレーヤー】 ヘンリク・ミキタリアン


ほとんどの攻撃はヘンリク・ミキタリアンを通して行われた。彼は大きな視野と繊細なパスで輝き、常に危険だった。そして1:0となるゴールを決めた。(注:1:0は原文のまま)







以上です。


最後の最後で香川選手のキッカーベストイレブン、そして清武選手のビルトベストイレブンに選ばれました!!良い形で終わることができて管理人も嬉しいです。



それから、ドルトムントのベストプレーヤーにはミキタリアンが選ばれましたね。彼の寸評を読むと1:0を決めたとなっており、寸評の内容ももしかして香川選手と間違っているのではないか?とちょっと思ってしまいました。(さらに香川選手はベストイレブンにも選ばれてましたからね。)でもミキタリアンも素晴らしかったので彼の選出には特に異論はありません。ただその場合は最後を3:1と訂正しなければなりませんね。


これでキッカーの色々なデータが揃いましたので、そのうちシーズンを通したデータなどをまとめたいと思います。
No title
>ほとんどの攻撃はヘンリク・ミキタリアンを通して行われた。
>そして1:0となるゴールを決めた。

どう読んでも香川じゃないかw
[ 2015/05/26 17:47 ] [ 編集 ]
繊細なパス?
何を言ってるんだ
[ 2015/05/26 17:53 ] [ 編集 ]
No title
どうみても香川じゃん。
おかしすぎ。
[ 2015/05/26 18:02 ] [ 編集 ]
No title
大きな視野と繊細なパスも1点目もベストイレブンに選ばれてるのも香川ですもんね^^;

最後に清武、大迫、香川のゴールが見られて日本人にとって楽しい週末でした。
香川はもう1つ大事な試合で優勝して欲しいですね。
[ 2015/05/26 18:20 ] [ 編集 ]
No title
ええええこういうのいやだー
とりあえずキッカーベスイレおめ!
この調子が続きますように
[ 2015/05/26 18:25 ] [ 編集 ]
No title
一体どこで誰が何を間違えてるのか知らないが記事の内容は香川w
[ 2015/05/26 18:35 ] [ 編集 ]
大きな視野と繊細なパスワロタ
[ 2015/05/26 18:36 ] [ 編集 ]
No title
もしムヒで正しいなら3:0に訂正、ではなく3:1ですね。

強引なドリブルで行き場無くなってバックパス・・・ってのが印象に残ってるけど。
[ 2015/05/26 18:43 ] [ 編集 ]
香川キッカーのベストイレブン嬉しいですね!
ムヒはベストイレブンにも選ばれてないみたいだし、ベストプレーヤーの寸評を読むと香川のことだと思うんですけど間違いですかね?
[ 2015/05/26 18:46 ] [ 編集 ]
No title
実質香川
[ 2015/05/26 18:47 ] [ 編集 ]
No title
キッカーやっちまったかw
文面的にも先制点で1:0としてと2アシストした香川のことなんだろうけどもな……w
[ 2015/05/26 18:48 ] [ 編集 ]
なんか納得いかない寸評だね。香川とミキタリアンを間違えてるとしか思えない。もちろんミキも良かったけどさ。キッカーは香川の何をみてるのかな。
[ 2015/05/26 19:24 ] [ 編集 ]
No title
ああ・・なんかやっぱおかしいな・・・。
ロイスの態度も露骨に・・・だったし・・・。
来期香川はどうするか良く考えたほうが良いなこれ。もうムヒのねじり込みが入ってるんじゃないか?
マジで監督変わるのはマンUの時のデジャヴ。
サッカー選手として岐路に立ってると思って危機感を持って決めたほうが良い。
懸念は必ずいつか噴出するもんだよ。
[ 2015/05/26 19:55 ] [ 編集 ]
あれれ?これはホントに香川選手とムヒタリアンを間違ってるような‥…
キッカーはどうあれ間違いなくMOMは香川選手ですね!

[ 2015/05/26 20:10 ] [ 編集 ]
ミキもすごく良かったし別にいいけど、変なミスだな
試合見てないと言ってるようなもんじゃないか
[ 2015/05/26 20:30 ] [ 編集 ]
No title
先日は別の新聞社の記者にギュンドアンと間違えられてたし、そんなに間違えられやすい選手なんでしょうか…。
でも現地のドルサポならこの記事を観て「ああシンジのことだな」って分かるかなと。
これはムヒもちょっと可愛そう(^^;
[ 2015/05/26 20:43 ] [ 編集 ]
No title
スタッツで比較するならミキタリアンの内容は香川より良いかも(キーパス7本って素晴らしい)。
実際TVで観てても印象に残るプレイしていたし、だからベストプレイヤーなのかなと思いました。

ただ管理人さんが前回訳してくださった西ドイツアルゲマイネの香川評「能率お化け」は、本当その通りで。
だってミッキー劣るかもしれないスタッツから、香川は1G2Aという結果を出しているのですから。「さもありなん」な表現かと。

それを思えば、キッカーの「彼は大きな視野と繊細なパス」「1:0となるゴール」「ベスト11に入れてないのにベストプレイヤー選出」は?だし、香川OUT以降、チームは攻撃や守備があまり良いとは言えなかったので、ちょっとモヤっとします…。

----------------------------------

ホワイトアスパラの旬の季節は終わりました?
日本でいうホワイトアスパラ的な存在は筍になりますが、こちらではまだ美味しく頂いています☆
[ 2015/05/26 21:03 ] [ 編集 ]
普通に香川居なかったら0-2とか1-3くらいで負けててもおかしくなかったと思うね
[ 2015/05/26 22:29 ] [ 編集 ]
No title
大きな視野と繊細なパスで輝き、1:0となるゴールを決めたのは、カ~ガ~ワ シンジィ~です;

キッカーさん、お詫びと訂正を。
[ 2015/05/26 23:49 ] [ 編集 ]
大きな視野と繊細なパスでミキにアシストしたん香川やないかい
[ 2015/05/26 23:59 ] [ 編集 ]
No title
最後の【ベストプレーヤー】ヘンリク・ミキタリアンの部分は、どう見ても間違い。
香川とミキタリアンの違いも分らないのか。まさか故意にやっているわけじゃないだろうな?

いずれにせよキッカーの記者は、ちゃんとした記事を書かなければダメだろう。
[ 2015/05/27 00:02 ] [ 編集 ]
最終節でこの高評価!苦しいシーズンでしたが、その稀有な視野の広さと瞬時の空間認識力が煌めき、他の選手にエナジー伝染するのを何度も目にしました。特にロイス選手なんかは、香川選手から凄いパスが来ると、敏感に反応して動きが倍速になる気がしますwww。香川選手はドルトムントのやる気スイッチを握ってると思うなw。
残すはポカール杯をドルトムントへ✨是非!
[ 2015/05/27 00:24 ] [ 編集 ]
No title
>彼は大きな視野と繊細なパスで輝き、常に危険だった。
どう見ても香川のことでしょうね。
これだけはっきり間違うってのもあるんですね~。

やっぱ普段の採点とかも
ちょいちょい間違ってることあるんでしょうね。
[ 2015/05/27 00:54 ] [ 編集 ]
No title
上の
>ロイスの態度も露骨に・・・だったし・・・。
って何のこと?
ロイスの香川への態度は普通に良好に感じたけど?
[ 2015/05/27 01:02 ] [ 編集 ]
ロイスはかなり香川を信頼してると思う。試合後も香川と仲良く話してたよね。逆にミキとは少しよそよそしく感じるんだけど。ミキは語学力は高いらしいけどコミュニケーションは上手くないね。シャイなのかな。
[ 2015/05/27 09:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。