ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

香川!移籍先で良いスタート!他のドルトムントから移籍した選手たちの活躍は?《ドイツの反応》

【ルーア・ナッハリヒテン】

香川とフィリップがゴール!プリシチは出だしで躓く!


kagaway.jpg


元ドルトムントの香川真司が、レアル・サラゴサで順調なスタートを切っている。そして2試合目にしてゴールをあげている。一方クリスティアン・プリシチの出だしはがっかりするものとなっている。


スポンサーリンク



香川の新たなクラブ、レアル・サラゴサでのスタートは順調なものとなっている。テネリファ戦でのデビューでの成功に続き、日曜日に行われた次の試合でポンフェラディーナに1:1で引き分けている。その試合で香川はシーズン初ゴールをあげている。“難しい試合でした。もっと良くならなければなりませんし、次の試合では勝ちます。”と香川はインスタグラムでコメントしている。


一方あまり成功しなかったのがFCチェルシーのクリスティアン・プリシチだ。この前の土曜日に行われたノーウィッチとの試合では初勝利を飾ったが、その前にはマンチェスター・ユナイテッドに0:4で敗れ、さらにレスターとは1:1の引き分けとなっている。チェルシー3試合が終わった時点で13位に位置しているのだ。プリシチはこの3試合でプレーしているが、レスター戦とノーウィッチ戦では先発している。


またロシアでプレーしているマキシミリアン・フィリップとアンドレ・シュルレも良い週末を過ごしている。フィリップは76分からプレーすると、2:0で勝利したタンボフ戦で先制点をあげている。またシュルレはサマラ戦で2:1の勝利を収めているが、フル出場を果たしている。


レアル・ソシエダに移籍したアレクサンダー・イサークはバレンシア戦(1:1)で19分プレーし、さらにマヨルカ戦(1:0)では27分プレーしている。ソシエダは4ポイントを獲得し、現在5位に位置している。


シッタートにローン移籍したフェリックス・パスラックはここ3試合で1ポイントしか獲得していないが、すでにイエローカードを3枚もらっている。


またジェレミー・トルヤンはサッスオーロでトリノ戦に出場し68分間プレーしている。





以上です。


地元紙で、元ドルトムント選手の移籍先での様子が取り上げられていました。まだ始まったばかりですので、みなそれぞれ移籍先で頑張ってほしいですね。



[ 2019/08/27 06:00 ] 香川 | TB(-) | CM(6)
香川戻ってからのドルトムントは全て観ているので、元ドルトムント選手達の活躍は自分事の様に嬉しいです。
プリシッチ自身は充分チェルシーを助けていると思いましたし、やはりあのスピードはプレミアでも抜けてますね。ドルトムントだと一人で行き過ぎる事がネガティブ要因でしたが、チェルシーではそれがポジティブに働いてます。が、チェルシー自体まだまだって事。
ミキタリアンがペペ加入で今後どうなるのか少し気になっていますが、オバメアン、パパは頑張っているアーセナル。リバプール戦では何方も勝って欲しいと願ってました(笑)
其々の活躍期待してます!やっぱりシーズン始まると楽しいですね🎵
[ 2019/08/27 08:44 ] [ 編集 ]
イサークはソシエダに移籍してたんですね
ドルトムントではなかなかチャンスを貰えてなかったので頑張ってほしいですね
[ 2019/08/27 11:35 ] [ 編集 ]
どこの国&クラブに行ってもすぐに結果を出し、なおかつフィーバーまで巻き起こしてしまう香川は本当に凄い。
ドルトムントを出たことにより、彼がどれだけスターであるかを再確認させられた。
[ 2019/08/27 11:58 ] [ 編集 ]
サプライズで行われたお披露目会には、当時26歳だったアイマールを超える7,000人を集め、ユニホームはバカ売れ。
1部リーグでさえ限られたスター選手にしか起こらない現象を香川真司は巻き起こしています。
影響力は計り知れません。
[ 2019/08/27 14:18 ] [ 編集 ]
ドルの選手達の新天地での活動追ってくれるのも楽しみの一つ
[ 2019/08/27 14:35 ] [ 編集 ]
チェルシーは13位とはいえ5位と同じ勝ち点だしプリシッチはかなり楽しみだと思いますよ
リバプール戦でも躍動してたしこの前の試合でもアシストしてましたから
[ 2019/08/27 16:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。