ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》香川 キッカーで特集記事!!「香川がゴールするといつも・・」

キッカーのオンライン上で香川選手の特集記事がでましたので早速翻訳しました。





決勝戦を前に丁度トップ・フォームに!


いつも香川がゴールすると・・・・

201505270534229cf.jpg


一時間後に足の痙攣。悪い身体状況。地味なパフォーマンス。香川真司は昨シーズンのボルシア・ドルトムントへの復帰後、典型的なスタートミスを犯した。しかし最近ではその姿も変化した。この日本人は今度の土曜日に行われるヴォルフスブルクとのポカール決勝戦を前に再びピッチを上げてきた。


ミヒャエル・ツォルクは香川真司への公の批判と彼の買戻しへの批判に対して、一度たりとも完全に賛成することはできなかった。“シンジは良く見ると役に立っているんだ。”とドルトムントのスポーツ・ディレクターは語る。それはつまり:実際の見た目の印象よりも、試合のデータに注目するとこの日本人の活躍は輝く、という事である。

そして香川はヴォルフスブルクでのポカール決勝戦を前にして丁度再び、一目見てもトップフォームである事が分かるようになったのだ。

この26才のたった1ゴールという非常に地味な前半戦の後で、彼は後半戦で10ゴールに関わった。2月以降彼は4ゴール6アシストを記録したのだ。熱心なデータ収集家は、“香川がゴールするとBVBが勝つ”というデータを見つけた。

そしてツォルクは“彼は常に良くなっているね。”と喜んでいる。


スポンサーリンク


スポーツディレクターは香川のパフォーマンスの向上の原因を、何よりもそのフィットネスの向上にあると見ている。9月や10月と比べると、今では問題がないとの事だ。“そして良い感覚を取り戻し、成功を収めれば、また自信もついてくるさ。”とツォルクは語る。


香川が、ヘルタ戦(2:0キッカー採点4.5)やヴォルフスブルク戦(1:2採点5)といった悪い試合の後で、自らを批判する姿は注目に値する。

彼はその後で“自分には全然満足していません。”と自分のパフォーマンスについて語り、さらには“非常に重かった。”とまで表現した。ツォルクはこの自己批判の姿勢をとても気に入っているようだ。“それは、シンジがここでまだ多くの事を成し遂げたいと思っている気持ちの表われだよ。”と彼は思っている。


香川は再び土台を築くだろうか?


この日本人の次の目的はポカールだ。“ポカールを獲得できたら本当に素晴らしいことだと思います。”と香川は語る。“そうなればユルゲン・クロップとゼバスティアン・ケールにとって素晴らしい別れになりますね。”香川はベルリンでの滞在がどんなに素晴らしいものか知りすぎるほどだ。彼は三年前のバイエルンに対する5:2という偉大な勝利においてボルシア・ドルトムントの栄光の基礎を築いたのだ。





以上です。


本当にこの記事のようになってくれるといいですね。

でも改めてデータを見てみると後半戦だけでスコアポイント10は全然悪く無い数字ですね。


ポカール戦でもまた大いに活躍して完全復活を印象づけてもらいたいです!


【おまけ今日のドイツ】

2015052705342196b.jpg

白アスパラガスのスープ
コメントに白アスパラガスについて聞かれましたので、またまた載せてしまいました。
5月いっぱいは旬で美味しくいただけます。
もうしばらく楽しめますね。


ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball


[ 2015/05/27 06:15 ] ドイツの反応 香川 | TB(-) | CM(17)
No title
前半戦はチームの状態がカオスな部分も含めて怪我もあったと思う。戻ってきて最初の試合の直前に足痛めたとか情報が流れて、初戦でモモ裏やってたと思う。12月とかさすがにおかしかった。おまけに代表で433のインサイドなのに、ゴールがーゴールがーとかトップ下でもやってたかのような論調でポジション無視した論調で意味が解らなかった。

ドイツも叩かれてたけど、日本とはちょっと叩く部分が違っててゴールを狙わない姿勢が叩かれてた気がするからそれは正しい叩きだと思ってみてた。ロイスを活かしてあげたいからパスにこだわるんじゃなくて、ロイスを活かしたいならゴールを自ら狙ってロイスについてるマークを外すことが一番だと思ってたからこの前の試合はとても良かったから、自分の中で形が見つかったのかもしれませんね。
それでもロイスには常時2、3枚位マークついてたのみて、笑ったけど
[ 2015/05/27 07:13 ] [ 編集 ]
これは嬉しい記事ですね。
今期、全試合観ての感想はとにかく怪我人の続出がチームも香川もなかなか乗り切れず苦しんだなと思ってます。
その中でも、その時その時の役割が変わりながらも良くやってくれてたと思いますし、後半は得点に絡めてたので来期に期待しちゃいますね。
とにかく最後、ドルトムントらしい強烈なハイプレスでポカール優勝してクロップ、ケールを最高の形で送り出してほしいですね!
[ 2015/05/27 07:17 ] [ 編集 ]
No title
単純に換算すると前半戦も後半戦と同じコンディションだったら、8ゴール12アシストになるのか
来季での活躍が楽しみ
ただトゥヘルがムヒを気に入ってるのもあり、中央でプレーできるのかが気になるなぁ
[ 2015/05/27 08:06 ] [ 編集 ]
ファーガソン監督が認めたサッカーIQの高さこそ香川の大きな魅力だと個人的には思っている。だから香川にチームが合わせられる試合は勝ってるのではないかな。もちろん香川もコンディションが落ちると出来が悪い時もあるけど香川を外すともっと悪くなるんだもんね。
[ 2015/05/27 08:16 ] [ 編集 ]
No title
香川は複雑なプレーをシンプルに見せることができるタイプです。だから、同じプレーを2度見直しても3度見直しても、えっとか、おっとか結構ありますw芸が細かいんですねw
[ 2015/05/27 09:22 ] [ 編集 ]
No title
今季の前半戦は怪我の影響もあったし、チームとしても不調でしたからねぇ
後半戦の調子をシーズン通して維持できれば10G10Aくらいは出来そうですね
[ 2015/05/27 12:35 ] [ 編集 ]
No title
オーバメもリーグ戦で2月以降に10得点あげているけど、香川のパフォーマンス向上も同じ時期からだったんですね。
ただ、2月以降のパフォーマンスを継続できていたらどうなるだろうと(単純な計算だけど)計算してみたところ、それでも61ポイント位でCL圏ギリギリでした。
「たられば」は好きじゃないけど、そのたらればでも優勝争いできない主な原因の一つが三、四列目にあるのはシーズンを通して観ても明らかだと思います。
他に個人的に気になるのはムヒの危険な位置でのドリブル。これでDF陣がバタバタしていたのは一度や二度ではなかったので…。
来季序盤戦はトゥヘルがその辺をどう調整してくるか注目しています。

個人的にはドゥルムやギンター、ドゥジアクといった若手選手の活躍に期待しています。
[ 2015/05/27 13:01 ] [ 編集 ]
確か前に香川が出てる時の失点率が異様に低いっていうデータ出てましたよね
よく見ると役に立っているっていうのは確かにそうだと思います
攻撃的MFの選手だから攻撃面で印象を残せないと酷いプレーをしたように思いがちですが実はプレスのうまさやキープ力で守備的に貢献してたり
[ 2015/05/27 13:37 ] [ 編集 ]
ふらふらしてるーとか解ってない人はたまに言うけど、ポジションチェンジしたロイスたちのスペースを香川は埋める動きをしているから後ろのDFが守りやすい
あとは自分が動いて相手DFを誘い出したり、そういうのは録画を見直さなくちゃわからないよね
[ 2015/05/27 14:44 ] [ 編集 ]
No title
「香川が出ると負けない」
そんなの知ってた!!
[ 2015/05/27 17:39 ] [ 編集 ]
No title
>>彼は三年前のバイエルンに対する5:2という偉大な勝利においてボルシア・ドルトムントの栄光の基礎を築いたのだ。

この試合は何度も見た、そのとおりだw
[ 2015/05/27 20:33 ] [ 編集 ]
No title
来季は期待しかない!
[ 2015/05/27 21:02 ] [ 編集 ]
美味しそうですね。
夜11時なのにお腹すきました(-_-;
[ 2015/05/27 23:06 ] [ 編集 ]
前半はシャヒンもギュンも怪我でいない中、香川選手がゲームの組み立てからトップ下の役割まで、何から何までやってました。
明らかにチーム全体(特にボランチとDF陣)に問題があったのに、香川選手が批判の対象になってしまって悔しかったですね。
キャンプにも参加していないから連携をとるのも大変だったと思います。
よくぞ、ここまで這い上がってきた!と思います。来シーズンはトゥヘルがどのような采配をするのか期待もあり不安もあり。
でもトゥヘルには「ゴタゴタ言わずに香川選手をトップ下、2列目はロイス香川クバかグロクロで」と申し上げたい!
[ 2015/05/28 00:45 ] [ 編集 ]
No title
白アスパラガスのスープの味ってどんな感じか食レポも期待したのに・・・w
[ 2015/05/28 02:54 ] [ 編集 ]
No title
出てない時と、引っ込めてからの勝率の悪さはマンU時代もずっと言われてたね。
[ 2015/05/28 16:17 ] [ 編集 ]
No title
前半戦はアシストのアシストが多かった印象だな
ゴールやアシストはつかないけど組み立て役として活躍してたと思うけどね
[ 2015/05/28 17:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。