ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

神戸ポドルスキー!ドイツ代表として東京オリンピックでプレーか?《ドイツの反応》

【ビルト】
代表復帰!?

ポドルスキーのオリンピック・プラン!

poldi67.jpg


まもなくルーカス・ポドルスキーがドイツ代表としてプレーするだろうか?


スポーツビルトの情報によると、ドイツサッカー協会内で2020年に行われる東京オリンピックにルーカス・ポドルスキーが参加するかどうか議論されているとのことだ。

スポンサーリンク



すでにポドルスキーはこの計画に感激し、“もちろんオリンピックに出る気はあるよ。スポーツ選手にとっては素晴らしいことだからね。もしそうした可能性があるのであれば、責任者と話をする用意はできている。”と語っている。


シュテファン・クンツ監督は、“クラブと話し合った末に、1997年以降に生まれた選手でもって、まずはメンバーを組むつもりだ、。そうすれば、どこのポジションを枠外から選ぶ必要があるかわかるからね。”と語っている。1997年1月以前に生まれた選手は3人までノミネートすることができる。


ポドルスキーにとってはオリンピックはホームのようなものだ。彼は2017年以来ヴィッセル神戸でプレーしている。ポルディ―にとって有利な点は、大会はブンデスリーガの準備期間と重なっているが、日本ではこの期間は休みとなる事だ。いずれにせよポドルスキーは参加可能となる。


ドイツU21代表はすでにユーロU21の準決勝進出でオリンピック参加権を獲得している。ユーロでは決勝でスペインに1:2で敗れている。




以上です。

メディアとしてポドルスキーに出てもらいたいみたいですね。U21でもハヴェルツのようなスーパータレントはA代表に呼ばれていますし、そうなると残りのU21には目立ったスター選手がどうしてもいなくなりますからね。一部ではすでにフンメルスやミュラーをプレーさせたい声も上がっていますが、クラブ側は出てほしくないでしょうね。








[ 2019/08/29 06:04 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(3)
ポルディーはいつでも見れるから出なくていいよ笑
それよりハヴェルツはなんとかなりませんかね?監督は千葉にいたからNOとはいわんと思う。
ドルトムントの選手もクラブはダメ出ししないでしょ。なんか日本で事業拡大したいみたいだしフンメルスとロイスに営業させませんかね?おそらく森保はケガがなければ香川をチョイスするはずなんで試合で当たればいい宣伝になると思うよ。
[ 2019/08/29 07:07 ] [ 編集 ]
ミュラーとフンメルスの2人にして欲しいです
[ 2019/08/29 07:26 ] [ 編集 ]
WOWOWで東京五輪出場決定した欧州4チームの特集見ました。
ドイツは2009年の欧州U21優勝時(ノイアー、フンメルス、エジルら)以来のアンダー黄金期を迎え、4大会ぶりに2017年に同じく欧州U21で優勝。今回はその時のメンバー、ダフードらに加えて、Fwヴァルトシュミットは3試合5ゴールと絶好調、同じくFwリヒターも3試合3ゴール2アシスト…他もアンダー世代は才能の宝石箱、らしい。
出場4チームの中で、唯一苦労無しに出場権獲得したのがドイツ。
優勝したスペインはグループリーグで苦労しながら最後に大逆転での出場権。
ドイツ代表のFwとしては足りない駒は無さそうだけど、8月の日本の気候を知るポドルスキは、ピッチ外の日本情報については助けになるでしょう。

ハヴェルツ達のように、フランス代表もエムバペやデンベレ等のアンダー世代スターは既にA代表優勝しているので選出外ですが、同年代で虎視眈々と狙う新たな選手は沢山居るから、彼らにチャンスを与えるらしいし、ポドルスキはアドバイスだけして選外の方が、後々ドイツの為にはなりそうだけど。
[ 2019/08/29 12:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。