ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

【ELプレーオフ】フランクフルト!鎌田のアシストで3:0の勝利!グループリーグ進出へ!《ドイツの反応》

【ビルト】

グループリーグ進出決定!

レッドカード2枚!
フランクフルト!怒りの勝利!


hasebe57.jpg

フランクフルトがヨーロッパリーグのグループリーグ進出を決めた。レッドカード2枚の後で!


アイントラハト・フランクフルトは4万7千人のファンの前でストラスブールを相手に3:0で勝利した。26分にミトロビッチのオウンゴール、その後60分にコスティチが、そして66分にダ・コスタがゴールを決めている。

スポンサーリンク



SDのフレディ・ボビッチは試合後に“ニトロ”において、“もう駄目だと思ったら、今日のような試合だ。ほんとうにクレイジーだね。信じられない。チームを称えるしかないね。”と語っている。


この勝利には多くの怒りが含まれていた。


試合後にケヴィン・トラップは、“信じられないようなプレーをしたね。アグレッシブで情熱的だった。”と語っている。

▶44分:レビッチがペナルティーエリア内でボールに向かってスライディングすると、飛び出してきたキーパーにぶつかってしまった。そして審判はそれに対してレッドカードを出したのだ。これにはフランクフルトから激しい抗議が起こっている。


ビルト日曜版の審判、トルステン・キンヘーファーはこの判定に対して、“非常に厳しい判定だね。これを悪質なファールとするのは、審判の裁量内ではあるけれど。”と語っている。


さらにアディ・ヒュッター監督はサイドラインで怒り狂い、イエローカードを貰っている。スタジアムからはブーイングの嵐だ。審判の方にはプラスチックのコップが投げられた。ではレビッチは?レビッチは怒りのあまり、控室に行く前にテレビのマイクを蹴っている。



ヒュッター監督はレッドカードをもらったにもかかわらず、試合後にレビッチを褒めている。“彼は今日は最初からチームを助けるつもりである事を示していたね。”と語ったが、ファンも彼を称えている。


さらに前半終了直後には、控室通路入口で、小競り合いが起きている。SDのヒュープナーは、“ストラスブールの監督も手を出してきたよ。”と語っているが、ヒュープナーはこの結果後半はスタンド観戦を余儀なくされている。



そこで彼は2枚目のレッドカードを見ることになった。今度はストラスブールのリーナルドが両手でコールの顔を攻撃したのだ。



これでアイントラハトはヨーロッパリーグのグループリーグ進出を決めた。ヴォルフスブルク、グラートバッハと共にモナコでの抽選会に臨む。






以上です。

ちなみに鎌田選手は3:0となるゴールをアシストしていますね。最終ライン付近から中央へ折り返して、ダ・コスタがゴールを決めています。長谷部選手はレビッチの退場後に審判に抗議してイエローカードを貰っています。

これでアイントラハトもグループリーグ進出が決まりました。昨シーズンのような快進撃がまたみれるか、非常に楽しみですね。




[ 2019/08/30 16:04 ] 鎌田 | TB(-) | CM(2)
順当勝ちだけどいい内容だった。
サイドえぐって攻めたからゴール前逆サイドをガラ空きにして得点。
長谷部も鎌田も点に絡んだ。レビッチもダコスタも前の試合でチンタラやった借りは返した。
EL本戦のポッド見たけど難敵はメングラくらい。それに、クロップやペップが手こずるだけ手こずったあの職人ドストがやって来た。また上に行ける期待するよね。
[ 2019/08/30 16:50 ] [ 編集 ]
この試合の鎌田は素晴らしかった
1点目もOGの選手が触らなければきっちり詰めるところにいたし、2点目のFKも鎌田の仕掛けから得たもの
積極的な仕掛けや、DFの裏スペースへを狙う意識もよく出てた
リーグでも同じ様に出来れば、アシストも得点も時間の問題でしょう
[ 2019/08/30 22:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。