ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!早くも黒星!昇格チームのウニオンに3:1で敗れる!《ドイツの反応》

【ビルト】

ドルトムント!昇格チームに敗れる!


union.jpg


今シーズン最初のセンセーションだ!!


ドルトムントが昇格チームのウニオン・ベルリンに1:3で敗れたのだ。これは自らを優勝候補とするドルトムントにとっては大きな痛手だ。

スポンサーリンク



選手の市場価格の合計6億4200万ユーロのドルトムントが、合計3550万ユーロの安いチームと対戦したが、信じられない結果となった。


ドルトムントを敗戦に追いやった選手は、今年の5月には4部リーガでプレーしていたのだ。そして彼は英雄となった。マリウス・ビュルターだ。彼はこの夜最初の2ゴールをあげたのだ。


彼のゴールが、ドルトムントの守備が大きな問題であることを示している。それは最初の失点でも顕著だった。


22分:トリンメルのコーナーから後ろへ折り返しのボール。それをビュルターが特に誰かに邪魔されることなく、13メートルの距離から沈めて1:0だ。


ウニオンにとってはこれがブンデスリーガ初ゴールとなる。スタジアムが震える。しかしそれも174秒だけだった。ドルトムントがすぐにやり返したのだ。


25分:サンチョが右サイドから中央に折り返す。パコ・アルカセルがそれを決めて同点だ!


このスペイン人は今シーズン全ての公式戦でゴールをあげている。


今日もアウグスブルク戦(5:1)、そしてケルン戦(3:1)と同様に逆転勝利となるだろうか?しかし今日はそうはならなかった。


50分:アカンジのパスミスからアンダーソンがシュートを放つ。ビュルキが足でそれを止めるも、そのボールはビュルターの前に転がってしまう。それを彼は17メートルの距離からニアサイドに決めて2:1だ。センセーションが近づいてきた!


75分:ウニオンが夢のようなコンビネーションを見せる。パコ・アルカセルのヘディングミスから、ベッカーが中央にクロスを上げる。ヴァイグルを股抜きし、そこに立っていたアンダーソンが3:1となるゴールを決める!ウニオンにとってブンデスリーガ初勝利だ!


サイドライン際に立っていたルシアン・ファヴレは自分が何をみているのか信じられないようだ。優勝争いにおいて、大きな痛手となっている。




以上です。


今日はゆっくり試合を見ることができたんですが、散々でしたね・・。昨シーズンも昇格チームを相手に勝ち点を落としましたが、今シーズンもこうなるとは・・・。やっぱり勝たなければいけない相手に勝ち点を落としてはいけませんね。


今日は負傷したアザールに代わってブラントが出たんですが、ハキミが上がるとブラントが中に入ってくる場面が多すぎて、ちょっと何がしたいのか良く分かりませんでしたね。おまけに相手が引いてからはピスチェクまで上がって来て、簡単にカウンターの餌食になる始末・・。


できれば2:1の状態で交代カードを切りたかったところですが、ちょっと今日はファヴレの交代のタイミングも遅すぎましたね・・。



[ 2019/09/01 06:00 ] 香川 | TB(-) | CM(21)
ユニオンの方がいいサッカーしていた。ドルトムントよりコンパクトで機敏に動いていた。
それにしても今日のドルトムントのバックはやたら遅かったな。1点目はコーナーからグラウンダーのことは頭にもなかったようだったのをはじめ、全般的に注意力が散漫な感じがしたよ。これだから3点目のようにエリアの周りでショートパス回されて失点する。相変わらず先制もされたし。
攻撃は、サンチョ以外、フィニッシュどころか局面を打開することすらできない感じだな。
代表戦明けは、難敵ばかりと当たるどころか、CLでバルサともやる。しっかりしてもらいたいですよ。
[ 2019/09/01 06:39 ] [ 編集 ]
昨季から言ってるけどこのチームの核はロイスとヴィツェル
[ 2019/09/01 08:04 ] [ 編集 ]
今までも内容よくなかったんで、まぁこうなりますよね。みんな前に出たがりでバランス悪いです。
急に僕ら優勝狙いますって言ってましたが、まぁ口だけでしょう。本気ならパコに代わるFW取ってますもんね。だけど取るとゲッツェ様がベンチ外になるのでやらないだろうなと私はみてました。
予想通りでした。おかしなチームだなぁ。
[ 2019/09/01 09:36 ] [ 編集 ]
ドルトムントから香川居なくなるし、有料放送はスカパー!だしでドルトムントやブンデスリーガの露出が殆ど消えちゃったのが辛い
クロップや香川が居ないならわざわざ有料放送なんか入らないでタイムライン見てれば良いしね
そのタイムラインやスタッツなんかで試合見てるけど、前半から圧倒的なポゼッションしてるのに負けてるのが笑えた
昨シーズンのファブレは運でずっと勝ててたけど、そのラッキーが今年は無いのかな?
デラネイが負傷交代?してた見たいだけど、アフロがベンチにも居ないし、ダフードじゃヴァイグルの相棒無理なんじゃないかな
裏でやってたリヴァプール戦の方が面白かったんじゃないかな
[ 2019/09/01 09:55 ] [ 編集 ]
元々インサイドタイプのブラントを翼手にしてまでキャリアの殆どを左翼でプレーしたロイスをトップ下に据えるファヴレの意固地が問題かと。選手の特性からしてMFタイプのブラントを中央に、WGタイプのロイスをワイドに配置した方が相性が良い。でもファヴレはどうしてもメンヒェングラートバッハ時代にやってた「トップ下ロイス」にこだわりたいようだね。その為に香川、フィリップ、セルヒオ・ゴメスと言った選手達を徹底的に冷遇してきたし。ロイスはあくまでもツートップか、スリートップの左の選手でトップ下の選手じゃないと思う。
[ 2019/09/01 10:16 ] [ 編集 ]
対策されたのか、今季は毎試合ポゼッションが7割超えてるのが気になりまね。昨季内容良かった試合は支配率55%くらいで安定していました。引いて持たされても先制点取れれば相手も出てきて得意のショートカウンターが刺さると思うのですが、今季もセットプレーの守備弱すぎで逆に先制点取られてるので、相手にとっては理想的な展開にさせてしまってますね。
前節で取りこぼしが増えそうと書きましたが予想以上に早かったです…
[ 2019/09/01 10:36 ] [ 編集 ]
 3部のクラブに0-4で負けた世界一資産価値があって名将?ファンファールに率いられたビッククラブも過去にいるので、こういうこともありますよ。
[ 2019/09/01 13:40 ] [ 編集 ]
これはドルトムントには痛すぎる内容でしたね。これからは他チームもドルトは倒せない相手じゃないと思われたのが痛いですね
[ 2019/09/01 15:20 ] [ 編集 ]
そりゃとっかえひっかえ継ぎ接ぎだらけなんだからこうなるわな
サポーターもそろそろこの商売のスタイルに切れていい
[ 2019/09/01 15:49 ] [ 編集 ]
ウニオンベルリンのブンデスリーガ初ゴールはアウグスブルク戦でしたけどね
[ 2019/09/01 15:54 ] [ 編集 ]
昨季もサンチョロイスに放り込み、あとはパコの神通力でなんとかしてた印象だし、こんなもんでしょ。
連携して崩すのは苦手なのは相変わらず、適当にボールを持たせときゃ攻めあぐねる姿は今年も見れそう。
今季はドルトムントが優勝候補らしいですが、私は今季は苦戦するんじゃないかと見ています。
[ 2019/09/01 16:19 ] [ 編集 ]
ロイスはウィングタイプの選手だと思いますが、昨年ロイス自身がトップ下を志願したので、変わらないでしょ。ドルトムントはロイスとゲッツェだけは大事に大事にしてますから。
[ 2019/09/01 17:22 ] [ 編集 ]
管理人さんの次の記事で気がついて調べたら、ウニオンにズポテイッチフル出場していたのですね。
試合は見てませんが、スタッツでも両チームで、フンメルスに次ぐフィールドプレーヤーでは2位のボール奪取と、勝利に貢献していたのかと…
ズポテイッチのトゥヘルの扱いは本当に醜かったので、「古巣相手に勝利!おめでとう!ざまあ〰ドルトムント(笑)」と言いたい…
[ 2019/09/01 17:53 ] [ 編集 ]
>>09/01 10:16
ロイスは代表のトップ下のエジルが代表を引退したから
ロイス自身が代表でトップ下をやりたくて監督やクラブにトップ下を直訴したんだと思うよ
[ 2019/09/01 19:16 ] [ 編集 ]
本人の希望だとしても、ロイスの適正はサイドだよね
[ 2019/09/01 21:28 ] [ 編集 ]
フンメルスが持て囃されてますが、なぜ毎試合失点してても評価されるのか不思議です。
こんな取りこぼしてたら今季もバイエルン優勝な気がしてきます。
今年こそはドルトムントにも勝者のメンタリティを持ってほしいです。
[ 2019/09/01 21:54 ] [ 編集 ]
戦術ロイス、サンチョがCLでもどこまで通用するのか楽しみですね
ロイスはとことんトップ下にこだわって (^-^)
[ 2019/09/02 07:16 ] [ 編集 ]
勝った試合は無視するのに
ドルが負けると嬉々としてコメする人多いね
理由は想像つくけどアンチ活動はみっともないから辞めて欲しい
[ 2019/09/02 09:08 ] [ 編集 ]
今季は離脱者が出ても代わりがいるから凄いんじゃなかったっけ?
[ 2019/09/03 03:15 ] [ 編集 ]
まぁ優勝未経験の中堅監督が主力としてブンデスプレミア優勝経験者の日本人MFを3部チームに送りにしたのだから、日本人なら今のドルトムントを素直に応援できないと思いますが。
移籍志願者とはいえ、過去の実績を考慮して敬意を払うべきでしたよ。
アンチじゃなくて日本人として理解ある行動ですね。
私もドルトムントには金輪際日本には来て欲しくないです。
あとはスボティッチに対してやったことは一生許さない。トゥヘルがやったこと?その時はフロントは指をくわえて見ていたのに、シュテーガーがゲッツェを外したときはフロントは色々フォローしてましたけど?
何ですかこの差は?
だからレヴァやオーバに逃げられるんですよ。
盲目的なファン以外は今のドルトムントは応援できませんよ。
[ 2019/09/04 22:49 ] [ 編集 ]
応援するしないは勝手だからどうでもいいんだけど
粘着はやめなよ
[ 2019/09/05 08:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。