ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

元ドルトムント、ズボティチ!トゥヘルのアシスタントの行き過ぎたトレーニングを暴露!《ドイツの反応》

【スポーツビルト】

ズボティチ、トゥヘルのアシスタントを暴露!
“ショックだった!”

zubo5.jpg

PSGでは現在7人の選手が負傷している。その中には、ネイマール、ムバッペ、カヴァーニが含まれている。フランスの首都ではトゥヘルのトレーニング方法に疑問を呈する声が上がっている。

スポンサーリンク



この監督とそのアシスタントを良く知っている選手の一人がネヴェン・ズボティチだ。このウニオンのディフェンダーは2015年から2017年にかけて一年半トゥヘルの下でプレーしていた。練習を責任を担っていたのは、ライナー・シュライとされているが、彼はパリでもトゥヘルの信頼を得ている。“ライナーは何人かの選手に対してその限界を超えてしまった。”とズボティチは“Le Parisien”に対して語っている。


さらにズボティチは、“特に彼はエムレ・モアに対しては容赦なかったね。地獄のようなトレーニングの後で、彼はフィールド上を這いずり回っていたよ。それはショックだったね。”と続けている。


ズボティチによると、何人かの選手は試合後にはもうくたくただったようである。しかしズボティチはシュライの方法が“古典的“としながらも、彼を全体的に批判することは避けている。彼によると、“フィットネス状態が良い方向に出たことも何度もある。”とのことだ。




以上です。

エムレ・モアのエピソードは以前にも話題になっていましたね。シュライの方法はどちらかと言えば、マガトのような感じなのかもしれないですね。トゥヘルがそのようなタイプを重用するというのも不思議な感じがしますね。




[ 2019/09/01 17:20 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(3)
 エムレ・モアに関しては懲罰的なものだったと推測します。彼に必要だったのはスタミナではなく精神的に大人になる事と戦術理解の頭脳面でしたから。どちらにせよ良くない指導ですが。
[ 2019/09/01 19:25 ] [ 編集 ]
ドルトムントにいたころのトゥヘルは今とは違って戦術変更の鬼だった。だからコーチも練習の時からハードワーク、つかオーバーワークさせてたんだろう。
まぁそれが祟ってかカップ戦の決勝の時はチームはボロボロだったな。ロイスいないユリアンいないで香川アンカーの奇策までやったな。
[ 2019/09/01 19:40 ] [ 編集 ]
良い刑事と悪い刑事みたいな人身掌握術なのかな?
[ 2019/09/02 00:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。