ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ネイマールのバルセロナ移籍が破談に!ネイマール、移籍金を自ら支払う用意があった?《ドイツの反応》

【スポーツビルト】

移籍が破談に!

ネイマールはどのようにして移籍したがったのか?


neymar.jpg


この夏に関しては決断が下された!スーパースターのネイマールのはバルセロナ移籍を諦めたようだ。


すでにレキップ紙が報じているが、このブラジル人のマネージャーはバルセロナ移籍の意志がある事を両クラブに対して伝えていた。彼は移籍するために移籍金の一部である2000万ユーロを自分で支払う意思があったようだ。しかしそれでもPSGはバルセロナのオファーを受け入れることはなかった。


スポンサーリンク



バルセロナは最終的に1億3000万ユーロの移籍金に加えてラキティチ、そしてジャン・クレア・ドビドの移籍、さらにウスマン・デンベレーのローン移籍でオファーしたとされている。しかしPSGはこのような交渉には応じるつもりがないことを伝えたようである。それに加えてデンベレーはこのトレードを拒否したとされている。


ネイマールは今から2年前に2億2200万ユーロでバルセロナからパリに移籍している。彼の契約は2022年までとなっている。


この移籍を巡るポーカーは移籍市場が閉まるまで時間を残して、終わってしまったようである。




以上です。

ネイマールの移籍が破談となったようですね。ネイマールは2000万ユーロを自ら支払うつもりがあったようですが、それでも1億5000万ユーロですからね。バルセロナも買い戻すつもりがあるのであれば最低でも2億ユーロは用意しないと交渉にもならなかったのではないかと思います。




[ 2019/09/01 19:28 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(1)
 バルサはデンベレやグリーズマンにした事と同じ方法でPSGがスター選手を手放さないといけない状況を生み出した。
 されど、デンベレ獲得には過分の移籍金を支払っているし、グリーズマン獲得は解除要項の発動ですから、選手にゴネさせたところで、それなりの資金を出さないと交渉にならない事は明白。
 もしかしたら、ネイマールはグリーズマン獲得失敗時の保険だったのかもしれない。
[ 2019/09/01 20:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。