ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》ドルトムント移籍第1号 カストロインタビュー!!ドイツ誌

本日発売のキッカーにレヴァークゼンからドルトムントへ移籍しましたカストロのインタビューが掲載されましたので早速紹介したいと思います。




20150527055127778.jpg

カストロさん、バイヤーの控室で最後の着替えを終え、その後日曜の早朝までパーティーをしたようですね。お別れはセンチメンタルでしたか?



涙はありませんでしたよ。だけど特別な状況でしたね。なぜならチームメートだけでなく多くの友達とお別れをしましたから。



どうして今になって移籍なのでしょうか?


もっと早くに移籍したいと思っていました。そうした考えはいつもあったんです。そして昨シーズンが始まる前に移籍する決断をしました。ローガー・シュミットとの話し合いでその時は意見を変えたのです。今やっとその時が来ましたね。


移籍のきっかけはユルゲン・クロップ時代にできましたね。彼のもとで働きたかったのではないですか?


もちろんですよ。彼は本当に信じられないぐらい大きな足跡を残していきましたね。だけど最近トーマス・トゥヘルととても良い話し合いができました。これからどうなるか見てみましょう。


ドルトムントでは新加入の選手が苦労しました。あなたはチーロ・インモビレやアドリアン・ラモスのようになる不安はありませんか?


ないです。大きな違いは僕がもう10年間ブンデスリーガでプレーしている事と、もう裏も表も知り尽くしている事です。僕は力を発揮す自信が十分にありますよ。


スポンサーリンク


ドルトムントの大舞台に対する畏怖の念はありませんか?


ないですよ。とても楽しみにしてますよ。もちろんこの大舞台ではそれはちょっとぐらいはあるかもしれませんが、チャンピオンズリーグで慣れていますし、すでに何度もドルトムントで試合していますからね。


ドイツ代表としての第2のキャリアに対する希望はこの移籍に関係ありますか?



それが理由で移籍を決めたわけではありませんよ。僕はBVBがとても要求の高い大きなクラブだから移籍を決めたんです。今はまだ成長過程ですがポテンシャルはとても大きですよ。



あなたは後一年契約を残して1100万ユーロもしましたね。27才の選手に対しては結構大きな金額ですね?



そうですね。これは僕を信じてくれている証拠だと受け止めました。全てのクラブがこの金額を払ってくれるわけではありませんからね。本当に大金です。それに見合った活躍をするつもりですよ!!



どういった役割で?


僕はビックマウスで有名ではありませんし、始まる前に約束するような事はしません。でも僕にはある程度経験がありますし、ここで自分のクオリティーを発揮し、自分のリーダーシップを発揮できるようにしたいですね。



今の所“我々が”と言うのは口にしやすいですか?


まだですね。慣れていませんから。まあそのうちに。


あなたは既にレバークーゼンとの最初の対戦がどんな感じか想像しましたか?


いいえ。今はまだ想像したくないですね。でも変な感じがすることは確かだと思います。





以上です。


クラブが示してくれた信頼に見合った働きをしたい、と意気込んでいるようでとても楽しみです。若手も大事ですが、カストロのようにある程度経験のある選手もこれからのドルトムントには必要だと思います。


ちなみに今シーズンのカストロの成績は、ブンデスリーガで22試合に出場して、そのうち先発出場が19。2ゴール9アシストとなっています。キッカー平均点は2,90と今シーズンのドルトムントの選手の誰よりも高い成績ですね。レヴァークーゼンではベララビだけが平均点2,72と彼を上回っています(キーパーを除く。)。


【おまけ今日のドイツ】

IMG_3286.jpg


IMG_3287.jpg

フリーマーケット

近所の広場でフリーマーケットが開かれていました。


ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball

[ 2015/05/27 15:00 ] カストロ | TB(-) | CM(10)
No title
おっとカストロだった


ところでそのフリーマーケット凄く良さそうですね
[ 2015/05/27 15:23 ] [ 編集 ]
とても謙虚だし経験も豊富で期待しちゃいますね!
すごく楽しみです。
来期はCL復活じゃなくてバイエルンを越えて優勝したいですから、今後も良い補強をして欲しいですね!
[ 2015/05/27 15:29 ] [ 編集 ]
No title
ケールとひょっとするとギュンまでいなくなるからな
たしかシャヒンみたいにいいタテパスだせる選手って
聞いたおぼえがある
楽しみだね
[ 2015/05/27 15:36 ] [ 編集 ]
No title
うん、なかなか頼もしいね
ギュン・ケールがいなくなり、そしてシャヒンも当てにならない状況でリーダーシップを発揮する覚悟まであるなんて
これは期待せずにはいられない
[ 2015/05/27 16:58 ] [ 編集 ]
ドルは世界的にも人気があるクラブですからね。単純にそこでやりたいと思っても不思議ではないと思う。ケールの後釜の地位を狙ってるんですね。頑張って欲しいです。
[ 2015/05/27 17:40 ] [ 編集 ]
No title
とりあえず怪我しないでくれ
[ 2015/05/27 17:41 ] [ 編集 ]
レバークーゼンCL出れるのにいいのか?
[ 2015/05/27 19:01 ] [ 編集 ]
ドイツ人だから何より秩序を重んじるであろうから楽しみだ
[ 2015/05/27 22:25 ] [ 編集 ]
No title
夏に出て行ってしまうであろう牛丼さんの代わりでしょうな
[ 2015/05/28 06:04 ] [ 編集 ]
No title
ギュンドアンほど派手なプレーはしないけど
抜け目なくて闘志を隠さないタイプって印象。
技術や判断もちゃんとしてる。
ちょっと高いけど大失敗のリスクは低いと思う
[ 2015/05/28 07:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。