ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

元ドルトムントのヤルモレンコ!「ドルトムントはあまり気に入らなかった!」《ドイツの反応》

【スポーツビルト】

ヤルモレンコ:ドルトムントはあまり気に入らなかった!

zarmo.jpg


2017年にアンドレイ・ヤルモレンコはウスマン・デンベレーの後継としてドルトムントにやってきた。しかしこのウクライナ人はたった1シーズンでドルトムントを去る事となり、ウエスト・ハム・ユナイテッドへと移籍している。これには本人も驚いたようだ。“僕もそうなるとは思ってもいなかったよ。こんなに早くドルトムントを去るとはね。”とこの29歳は“Sport.ua”のインタビューで答えている。



スポンサーリンク



彼は放出となった事を侮辱とはとらえてはいないようだが、“そうなるに至るまでのやり方は気に入らないね。”と語っている。彼は一年間ドルトムントで過ごしたがあまり気に入ってはいないようだ。“ドルトムントはあんまり気に入らなかったね。”と彼は語っている。“選手をとりまく環境はイングランドのほうが良いね。”と彼は語る。



しかしだからと言ってドルトムントに恨みはないようだ。“ボルシア・ドルトムントは素晴らしいクラブだと思うし、敬意を集めるに相応しいクラブだと思う。負けた試合を含めてすべての試合が良い経験だった。ドルトムントでは良い試合も悪い試合もあった。そこでドイツのサッカーがどういうものなのか学び、経験を積むことができたと思っている。”とヤルモレンコは語った。


このウクライナ人はプレミアリーグで幸運をつかんでいる。“僕はここで幸せだよ。イングランドにやって来てね。ウエスト・ハムではすごく幸せだ。”と彼は語っている。



ヤルモレンコは昨シーズンの大部分をアキレス腱の負傷で逃している。彼は今再び良いスタートを切りたいところだ。彼は4試合目のノーウィッチ戦で負傷後初ゴールをあげている。“あのゴールは僕のキャリアの中でも最も重要なゴールの一つだね。”と彼は語った。





以上です。

まあ正直に言って、ドルトムントという街はサッカー以外ではあまり大きな魅力がないですね。ルール地方というのはもともと炭鉱の街ですし、あんまり歴史的、文化的なものがありません。いちおうエッセンにある昔の炭鉱は世界遺産になっており、ルール工業地帯の発展はドイツの中では大きな意味を持つわけですが、外国人からしたら観光目的にはならないでしょうね・・。



[ 2019/09/10 09:59 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(7)
最初だけ良かったが相手に対策されたら動作が遅くて無理矢理ミドル打つことくらいしか何もできなくなったな
[ 2019/09/10 10:26 ] [ 編集 ]
ドルトムントではあまり落ち着いてプレーできなかったですね。
左足しか使えないことがばれてからは、右サイドで縦の突破やクロスを織り交ぜるようになって、右足のスキルを向上させるべく努力していた節があるのですが、突然戦術変更で2シャドーをゲッツェと組まされてから、ゲッツェの好き勝手なポジショニングに翻弄されて、本人も混乱して右足を使う練習どころじゃなくなって、単調なドリブルのみになってしまっていた印象です。
[ 2019/09/10 11:13 ] [ 編集 ]
街が気に入らなかった話なの?チームの内部事情が気に入らなかった話かと思って読んでたから管理人さんの感想がハテナでした。
[ 2019/09/10 11:57 ] [ 編集 ]
怪我もありましたが、何となくあの使われ方だとね。ヤルモレンコだけではありませんが
真相はわからないですが、香川とも合っていたので勿体無かったかなぁ
バチュアイもですけどね
今が幸せなら良かったです
[ 2019/09/10 12:35 ] [ 編集 ]
環境が合わなかったというのは街なりチームの環境なり色んなものを包括してるものなので角がたちにくいですね
今回は選手を取り巻く環境と言っていることからチーム内部っぽい雰囲気もありますが
ただ街として合わなかったというのもあるかも知れません

逆にプレミアもイングランドの気候があまり気持ちのいいものじゃないことや島国という独特な文化からホームシックになる選手もいますよね
スペインの選手にチラホラそういう選手がいるイメージがあります
[ 2019/09/10 22:54 ] [ 編集 ]
でもドルトムントって結構有名なバンドのコンサートなどありますよね。実際住んでる方の印象は違うのだと理解しますが。
[ 2019/09/11 05:15 ] [ 編集 ]
住む街もかなり重要ですよね。
はっきり言ってドルトムントに関して言えば管理人さんの言う通りだと思います。
サラゴサの歴史的でロマンチック溢れる魅力的な街とはもう雲泥の差があります。
[ 2019/09/11 05:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。