ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!サンチョらブンデスリーガの選手たちがFIFA 20(ゲーム)の評価に怒り!!《ドイツの反応》

【ビルト】

ブンデスリーガのスター!
FIFA20の評価に怒り!


bb5.jpg


ブンデスリーガの控室では、一つの話題で持ちきりだ!9月27日に発売される“FIFA20”の評価項目だ。そしてそれが何人かの選手の怒りをかっている。

スポンサーリンク


ドルトムントのジェイドン・サンチョは自身のツイッターにFIFAのカードを投稿し、“パスが77だって?”とコメントしている。ゲーム会社のEAは“ドリブルが90なのに、どうしてパス?”とコメントを返している。


それに対してサンチョは、“両方とも90であるべききだ。君たちの評価は激しすぎるよ。”と返しているのだ。この評価項目は最高で99となっている。



またヘルタのジョーダン・トルナリハも自身の評価に賛成していない。彼も自身のカードを投稿し、“もうPESかカウンター・ストライクでしか遊ばない。”とコメントしているのだ。

bb3.jpg


彼はビルトに対して、“僕はどこにいっても評価が低いよ。”と答えている。


レヴァクーゼンのカイ・ハヴェルツは、自身のフィジカルの評価が平均的な65だった事に対して、“これからもっとフィジカルを鍛えることを約束するよ。”と答えている。


またヘルタのシドニー・フリーでは同僚と同じように怒りを露わにしている。“テクニックは星5つ中2つだ。これはあり得ないね。それに加えて僕は左利きみたいだ・・。”と彼はコメントしたが、彼は右利きだ。



ではこのゲーム会社はスター達をどのように評価しているのだろうか?


約1万8000人の選手が、スピード、ドリブル、シュート力などの項目で評価されているが、20名の社員+6500人が700以上ものクラブの選手を評価しているようだ。評価は見た目で決まっており、ゲーム会社はデータ会社と共に仕事をしているわけではない。



EAのボス、ミヒャエル・ミュラー・メーリングは、“すべての選手の評価が必要だが、下部リーガではそもそもデータは集められていない。そのため我々の専門家が、チーム内のランキングなどから数字を出している。”と答えている。


そしてそれはすべての選手が気に入るところではない・・。




以上です。

まだ選手も若いですし、自分の好きなゲームの評価が低かったらやっぱり気にするでしょうね。FIFAはプレーした事はありませんが、選手の名前を覚えるのにも良さそうですね。



[ 2019/09/13 16:53 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(5)
相対的な数字なんだからそんな感じで合ってると思いますけどね。
右利き左利きの違いは無名なんだから仕方ないと。
[ 2019/09/13 20:06 ] [ 編集 ]
サンチョってまだ活躍して1年とかのブンデスリーガのローカルレベルだしね
ドルトムントなんかに居るよりマンUやらプレミアのチームに買われて、そこで活躍した方がゲームの数値が上がるよ
[ 2019/09/13 21:06 ] [ 編集 ]
いや、利き足なんか動画見たりググればすぐ出てくるでしょ今時w
利き足は違うとかどう考えてもこの選手がジャンプ力高いのはないとかザラですよ
あと有名選手でもエジルが足遅いとかね
はっきり言ってこのゲームはいい加減なんでね
手抜きでも売れるタイトルなんで。

[ 2019/09/14 03:39 ] [ 編集 ]
ドリブル90の時点でかなり凄い
[ 2019/09/14 12:03 ] [ 編集 ]
サンチョあれだけアシストしてこれはおかしいねw
[ 2019/09/15 01:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。