ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!レヴァークーゼンに4:0で勝利!アルカセル!オバメヤンの記録に並ぶ!《ドイツの反応》

【ビルト】
ドルトムント!レヴァークーゼンに4:0


5ゴール!パコ!エマとオバの記録に並ぶ!

bvb34.jpg

ドルトムントに新たなエマが誕生した!パコ・アルカセルだ。

ドルトムントはレヴァークーゼンと対戦し4:0で勝利したが、そこでこのスペイン人はリーガ4試合目にして5ゴールを達成している。これを達成したのは、レジェンドのローター・エメリッヒとピエール・オバメヤンだけだ。

スポンサーリンク


この数字は本当に素晴らしい。彼は今シーズン公式戦8試合全てにおいて得点している(代表戦含む。合計10得点)。


ドルトムントはウニオンに1:3で敗れた後で、非常に印象深い復活を果たした。これまで無敗のレヴァークーゼンに対して、これまでシーズンで最高のパフォーマンスを発揮したのだ。



23分までは何も起こらなかった。しかしその後ドルトムントが開花する。まずはレヴァークーゼンのゴールキーパー、ラデツキーがロイスの10メートルの距離からのシュートを防いだが、弾かれたボールをブラントが再びシュート。そしてアルカセルだ。ハキミが右からクロスを上げると、アルカセルがボレーで押し込んで1:0だ!



ブラントはアルカセルについて、試合後スカイで、“彼は素晴らしい選手だね。ゴール前で絶対的なクオリティーを有している。彼は僕たちにとって非常に重要だよ。”と語っている。


アルカセルは2:0にも絡んでいる。ボールに全く触ることなしに。サンチョからのクロスをアルカセルは意図的にスルーしたのだ。これによってバイエルンの守備陣は意表を突かれる。アルカセルの後ろにたロイスが13メートルの距離から決めて2:0だ。


その後83分にゲレイロが3:0となるゴール。パコはすでに途中交代となっていた。そして90分にロイスガ4:0となるゴールを決めたのだ。


レヴァークーゼンは5か月ぶりに敗戦を喫する事となった。ボシュ監督にとってはブンデスリーガで最大失点で敗れた試合となった。


ドルトムントこの状態だったら優勝争いができるだろう。ファヴレはこうした言い方は好まないだろうが。これでドルトムントは火曜日のチャンピオンズリーグバルセロナ戦に向けて準備が整った。アルカセルの元クラブだ。






以上です。



今日は快勝でしたね。2ゴール目のアルカセルの判断は素晴らしかったですね。次はライプツィヒとバイエルンが直接対決でポイントを落としてくれますから、まだついて行けそうですね。次はチャンピオンズリーグ。バルサとの対戦は個人的にずっと見たかったカードなので、楽しみです。



[ 2019/09/15 06:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(4)
快勝。
ウニオン戦をいい肥やしにした。つか、いい意味でウニオンのやり方をマネした。無理に上がらずボール持たせてコンパクトに素早くカウンターのプレスやったから上がりたがりのレバークーゼンは時間がたつにつれてキレていった。
フンメルスが効いていた。上も裏もハヴェルツになんもさせなかった。
次はバルサ。今日のようにやればメッシいないからなんとかなるかもね?
[ 2019/09/15 08:07 ] [ 編集 ]
薬屋は同じレベルで殴り合いやってくれるからこういった点差にもなる事はあるよね
昨シーズンはリードしてるのにそのまま殴り合ってドルトムントに逆転されてたし
ロックだね
[ 2019/09/15 09:18 ] [ 編集 ]
やっぱカウンターのチームだな
ボシュのレヴァークーゼンは相性良かった
[ 2019/09/15 09:43 ] [ 編集 ]
ドルトムントには優勝争いをしてもらないとブンデスは盛り上がらない。
[ 2019/09/16 07:38 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。