ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!ヨーロッパのエリートクラブに復帰!!《ドイツの反応》

【ビルト】
2ポイントを失った。しかし敬意を獲得した!

ドルトムント!ヨーロッパのエリート入り!

humm40.jpg


“バルサはドルトムントの地獄からなんとか無傷で抜け出した!”


スペインの新聞、“ムンド・デポルティーボ”はドルトムントの力強いパフォーマンスをこのように評している。



スポンサーリンク



ドルトムントはバルセロナと0:0と引き分けたことで、再びヨーロッパのエリートクラブ入りを果たしている。ルシアン・ファヴレのチームはチャンピオンズリーグ優勝候補のバルセロナを相手にほとんどシュートを打たせなかったどころか、相手を圧倒していたのだ。


▶マッツ・フンメルスはがっかりして、“後半の僕たちは凄く良かったし、バルサのミスを引き出した。でも2ポイントを落としてしまったという感覚で家に帰ったよ。”と語っている。


▶ファヴレは強情に、“我々はポジティブに見なければならない。バルサを敗北一歩手前まで追い込んだのだから。”と語っている。


はっきりしていることはドルトムントがチャンピオンズリーグでこのようなパフォーマンスを発揮し続ければ、ベスト16、もしくはそれ以上は固いだろう。





以上です。


まあドルトムントはバイエルンと優勝争いをすることは大事ですが、チャンピオンズリーグで常にベスト16以上入りをすることも大事ですよね。まあ組み合わせ次第でしょうが、今シーズンはベスト8には行ってほしいです。





[ 2019/09/20 05:54 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(7)
ラウンド8でモナコと戦った17年頃も十分エリートクラブだったと思うが
ヨーロッパの強豪国籍を持つ選手を集めなければエリートクラブではないってことかな
[ 2019/09/20 07:03 ] [ 編集 ]
メッシが怪我明けでスタメンじゃないバルサにホームで引き分けた程度で図に乗られても…

ここ2,3年のバルセロナはアウェイでずっと弱いし、2年連続で3点差をひっくり返されるような失態晒してぶっちゃけもう優勝候補とは言えない
シティやユーベの方がまだ可能性高いですよ
[ 2019/09/20 07:18 ] [ 編集 ]
まぁトップ10くらいのクラブにはなっているからエリートとかどうでもいいわな。
それより、バルサを追い抜いて行く絶好のチャンスが目の前にある。
クロップとドルトムントに立て続けにやられたとなれば、クラブのサッカー面でのステイタスは確実に上に行く。
ファブレはバルサで監督修行したらしいから、ビビリもあれば遠慮もあるだろうけど、お尻を蹴り上げてでも勝ちに行ってもらいたい。
次のカンプ・ノウはベスト8行くより重要。
決勝のつもりでやってもらいたいです。
[ 2019/09/20 08:34 ] [ 編集 ]
メンバー見ればトップクラブなのはわかる。あとは結果がついてくるかどうかだけど、トップクラブに相応しい結果を残すにはセットプレーの守備だけは改善しないと
次のステップに進むには絶対に避けては通れない
[ 2019/09/20 22:37 ] [ 編集 ]
見ただけでトップクラブと分かるメンバーはサンチョパコくらいで後はメガクラブ以下の選手だと思いますけど
他にトップクラブのターゲットになってる選手いましたっけ?
[ 2019/09/22 00:44 ] [ 編集 ]
無知なだけじゃないか?
ロイス、フンメルス、ヴィツェル、ディレイニ、ゲレイロ、シュルツ、ブラント、トルガンあたりもどのメガクラブに行っても戦力になるレベルだと思うよ
ターゲットになってるといえば
ロイス、ゲレイロ、ヴァイグル、ブラント、トルガンはよく噂になってたよ
[ 2019/09/23 00:14 ] [ 編集 ]
戦力になるレベルというのは貴方の個人の印象論であって世間の認識ではないですね
それが世界的な評価なら貴方が挙げた選手は例年通り既にメガクラブに引き抜かれてるはずですから
後半に書いてる選手もシティ等を自ら断ったロイスや塩漬けにされてPSGに行けなかったヴァイグルですら今現在トップクラブのターゲットにはなってないですしね
根拠のない想像論で無知と他人を罵倒するのは如何なものでしょうか?
[ 2019/09/29 13:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。