ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

PSGネイマール!仲間はトゥヘル一人だけ!《ドイツの反応》

【スポーツビルト】

移籍の茶番劇の後で、

トゥヘルがネイマール最後の仲間


neymar3.jpg


ネイマールがボールに触る旅に大きなブーイングが起こった。しかもホームでの試合で。PSGのファンはこのブラジル人が夏に見せた茶番劇をまだ許していないのだ。彼はストラスブールを相手に先制点をあげたが、それでも変わらない。“これからはどのホームの試合も僕にとってはアウェーになる事は分かっている。”とネイマールはその試合後に語っている。パリでの彼の仲間はただ一人だ。トーマス・トゥヘルだ。


スポンサーリンク



トーマス・トゥヘルは、ネイマールの移籍の噂に関しては、他の幹部と比べてずいぶん落ち着いていた。トゥヘルは、ネイマールが移籍すればお金が入るし、残留となれば、やる気のある選手が残るという事を知っていたのだ。ネイマールは個人的にそう約束していたのだ。このブラジル人は常にトゥヘルと連絡を取り合っており、仮に残留する場合には、監督への忠誠を誓っていたのだ。しかし3:0で勝利したレアル・マドリッド戦ではトゥヘルはまだネイマールを諦めなければならなかった。彼は審判に暴言を吐いたために出場停止となっていたのだ。


トゥヘルの運命はネイマールと密接な関係にある。そしてこの監督は難しいタイプの選手とうまくやる事が出来るのだ。彼はドルトムント時代にピエール・エメリック・オバメヤンやデンベレーをうまく掌握していた。



トゥヘルがPSGに正式に移籍する前、彼はネイマールと共に会談している。PSGの幹部が2018年の5月に、ホテル“Hippodrome”の一つの階をすべて予約し、会談が行われたのだ。この秘密の会談には、PSGのボス、そして当時のSDアンテ―ロ・エンリケが参加したが、選手としては唯一ネイマールが同席している。そして話が終わった後で、ネイマールとトゥヘルは二人だけ部屋に残ったとされている。このブラジル人はトゥヘルがどうするつもりか聞きたかったようだ。そしてトゥヘルの答えをネイマールは気に入ったようだ。それ以来、トゥヘルはネイマールにとってクラブで最も信頼できる存在となっている。


“我々の関係はまったく普通だよ。”とトゥヘルはネイマールについて語っている。彼は以前だったら、プレー面でネイマールを教育しようとしたかもしれないが、今は彼に10番として必要な自由を与えている。トゥヘルはチャンピオンズリーグでネイマールを必要としているからだ。トゥヘルはネイマールに関して、“彼にとっては簡単ではなかったね。非常に繊細な若者だから。”とブーイングの起こった試合について語っている。



PSGの幹部は最低でもチャンピオンズリーグ準決勝進出を望んでいる。できればそれ以上を。監督もそれをよく分かっている。ネイマールは来年夏にスペインに移籍したいのであれば、ものすごい移籍金に見合う存在であることを示さなければならない。







以上です。

トゥヘルとネイマールの関係は良好なようですね。残留したからには本気でプレーすると約束したようですし、シーズンを通して絶好調なネイマールを見たいですね。


[ 2019/09/20 18:48 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(8)
 ネイマールの機嫌をとりすぎると、他のメンバーの信頼が揺らいでしまうので、トゥヘル監督はピッチの外で繊細な舵取りが求められそう。
[ 2019/09/20 19:43 ] [ 編集 ]
自業自得って言ったらそれまでだけど、ネイマールとトゥヘルには頑張ってほしい
[ 2019/09/20 22:16 ] [ 編集 ]
パリ-マドリーの試合を見ましたが、すっかりパリはトゥヘルのチームって感じですね
それぞれの選手が同じレーンにいる事なく、的確なポジションを取れていて守備でも統率が取れてる

ゲイェや、エレーラ、サラビアなどトゥヘル好みの選手を補強出来ましたからCLで何処まで行けるか楽しみですね
[ 2019/09/21 02:55 ] [ 編集 ]
大好きな監督です。
本当に。
[ 2019/09/21 03:30 ] [ 編集 ]
クロップやトゥヘルをみてるとドルトムントは野心家の若い監督を連れてきた方が良いと思いますね。選手だけでなく監督の伸び代も大事。
[ 2019/09/21 06:53 ] [ 編集 ]
ちょっと心温まるようなホノボノしました。

トゥヘルは本人自身と真逆のようなキャラの選手と上手くやれるのですね。

とは言っても、結果を出さなければ、厳しいのには変わりがないから、トゥヘルにとっても勝負のシーズンですね。

[ 2019/09/21 12:01 ] [ 編集 ]
向上心ある監督がドルに必要なのは凄く分かる、まあ無冠ファブレを有能とか言ってる人ばかりなんでなかなか難しいでしょうが、魅力的な監督がまた現れてくれることを祈ってます
[ 2019/09/22 00:48 ] [ 編集 ]
>まあ無冠ファブレを有能とか言ってる人ばかりなんでなかなか難しいでしょう

私はファブレを評価しないけど、初めからタイトル持っている人は一人も居ないよ。
トゥヘルを好きだった私がドルトムント時代に、トゥヘルは有能だ…と書き込んだら「無冠のくせに…」と避難された事を思い出した。
まぁトゥヘルは当時はもっと若かったし、ファブレの年齢で無冠ってのはやはりそうなのだろうけど…
[ 2019/09/22 08:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。