ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

香川先発サラゴサ!相手の壁を破る事が出来ず!ルーゴに引き分け!《スペインメディアの反応》

【Sportaragon】

突破できない壁!

zaragoza-lugo-680x430.jpg


レアル・サラゴサは良いプレーをしたにもかかわらず引き分けに終わっている。サラゴサはボールを支配し、さらにルーゴのディフェンス(時々多すぎ)を相手にチャンスを作っていた。



サラゴサは3つのポジションでメンバーを入れ替えてきた。センターバックではクレメンテに代わってグリッポが先発し、イグベケメとエグアラスがソロとグティの代わりに中盤でプレーしている。



スポンサーリンク


試合序盤にまず相手ゴールに近づいたのは、ドワメナ、ニエト、そして香川だった。ルイス・スアレスはさらに相手ゴールに3度も近づいている。最初はロスのパスから、そしてその次は単独で、そして最後はニエトとのプレーからである。


前半の30分では相手がポゼッションをする場面もあったが、サラゴサはそのスピードをいかしてゴールチャンスを作ろうとする。このスピードについていけないルーゴは徐々に守りを固めるようになっていく。


ドワメナはゴールキーパーの前でファールをされる場面があった。レッドカードを要求するような場面でもあったが、ピータ(※ルーゴ)はイエローカードを見るだけで済んでいる。さらに香川には先制点を挙げるチャンスがあったが、彼をこれを物にすることができなかった。レアル・サラゴサはボールを支配しチャンスを作っていたが、その中でもスアレスが最も積極的な選手だった。しかしこのコロンビア人も相手の固いディフェンスの犠牲となっている。ペイべルネス(※ルーゴ)がイエローカードを貰っている。


サラゴサはヴァ―ロの守るゴールに集中しするも、44分にはルーゴに先制するチャンスが訪れる。クリスティアン・エレーラ(※ルーゴ)の放ったシュートはゴールバーを直撃している。


前半は0:0で終わる事となったが、後半はルーゴがボールを試合する。しかしそれでもチャンスを作ったのはサラゴサだった。


ドワメナのヘディングやコーナーからピータ(※ルーゴ)のもう少しでオウンゴールとなるような場面はサラゴサにとって明らかなチャンスだった。57分にはヴィガライが負傷し、その代わりにデルマスが交代でプレーする事となっている。


67分にはパプがロスに代わってプレーすることとなる。しかしレアル・サラゴサはいまだにルーゴの守備を突破することができない。香川とパプは何度もチャレンジするも、サラゴサは目的に近づくことができない。78分にはポンボがドワメナに代わってプレーする。


80分にはルーゴがもう少しでサラゴサを驚かせるところだったが、キーパーのクリスティアンがそれをセーブしている。最後の10分間、ルーゴは試合を退屈なものにしている。引き分けで終えるためにファール、中断、そして抗議というお決まりの手段を用いたのだ。この結果サラゴサは今日の時点で3位という結果になっている。





以上です。


今日は相手もずいぶん引いて守っていましたね。強豪対格下というわけでもないですから、もう少し相手にも出てきてもらいたいところでした。まあ相手からすればアウェーだったので、勝ち点1でもOKという事なんでしょう。


香川選手は結構ペナルティーエリア内でボールを受けようとしていましたが、そこにパスを出す選手が欲しい所ですね。もう一人香川選手がいれば・・と何度か思いました。




[ 2019/09/22 04:44 ] 香川 | TB(-) | CM(10)
ホームなのにへんな判定が3回4回あったな。
前半ペナの前でフリーキックもらったとこはレッドじゃないの?後半にもハンドくさいの取らなかったし、最後は遅延行為取らないのかな?スペインのセグンダには遅延行為のペナルティーはないのかな?
とはいえ、サラゴサにも決めなきゃいけないとこが2、3回あった。特に香川がラストパスもらえなかったところはダメ。ああゆうのをこれまでに何度か見かけたけど、勝ちたかったらフリーの選手にさっさとパス出せないとしまいに泣きを見るよ。
[ 2019/09/22 05:32 ] [ 編集 ]
香川にあった先制点を挙げるチャンスってオフサイドのあれかね
[ 2019/09/22 06:35 ] [ 編集 ]
やはりハビロスは後半からが良いのかもと思った。前半激しい時は当たり負けするし、後半スペースでき始めるとハビロス不在が顕著。
サラゴサホームでは相手がこれからも堅守速攻、てかドン引き勝ち点1狙いが増えそう…最初の香川コーナからのドゥワメナのヘッドが決まっていれば…全く違う試合になったのに。
[ 2019/09/22 08:28 ] [ 編集 ]
 ドン引きされるとバルセロナでも苦労しますからね。CMがミドルを撃つか、CFが高さで勝負できないと難しい。
 特にサラゴサはドン引きされる事に慣れてないはずですので尚更です。今回の試合が良い教訓になったかもしれない。今期の強さを認められた、とポジティブに考えてほしいところ。
[ 2019/09/22 10:43 ] [ 編集 ]
それでもキーパス5、シュートは3うち1回はオフサイドなのがね
明らかに1人だけ別格だったけどまーた批判する人が現れるんだろうな
香川以前にSBと主審批判して欲しいんだけど
[ 2019/09/22 13:21 ] [ 編集 ]
このアレセス・フランコ主審は、第3節のサラゴサホームのエルチェ戦でも笛を浮きましたが、この試合でもサラゴサに不利な判定を繰り返していました。結局終盤にVARで、PKを得たサラゴサがこれを決めて1-0で勝ちましたが、PKを取るまで、かなり時間がかかって、彼は拒否していたんじゃないでしょうか?本当に渋々の判定だったと思います。
そしてこの試合でも、アウェイチーム寄りの判定が多く、サラゴサ攻勢の前半を早く切り上げたり、何度もパスコースに入って邪魔したり、極め付けはゴール正面で、エリア直前の選手を後ろから倒した選手をイエローにしたシーン。
誰がどう考えても疑問の余地なくレッドカードです。VARの影響が及ばない所で不可解な判定を正に強行しました。抗議するサラゴサの選手を怒鳴りつけていたのは、本当に異常です。
こんな異常な判定がまかり通るとは、本当に信じ難いですね。
こう言うサラゴサへの2試合続けての理不尽な判定は、主審の良識を疑わざるを得ないですね。
[ 2019/09/22 18:28 ] [ 編集 ]
イグバケメをベンチに置いて欲しい。
この選手を中盤で使うと香川の良さ、エグアレスやハビの良さが完全に消えてしまう。
欠場してた期間のサッカーが出来なくなった。
賢いボールの動かし方が出来る選手ではないから勝てないよ。
[ 2019/09/23 04:45 ] [ 編集 ]
ルーゴは荒かったですね。ドゥアメナのは足入ってたのにあの場所で明らかにレッドですね
前回の時も選手怒鳴りつけてましたしサラゴサに遺恨でもあるんでしょうか?香川のオフサイドシュートは本人も半分わかって蹴っていた様にも思えました。オンだったならもう少し丁寧に蹴っていたかなぁ?まぁ審判もあれですし力んでしまったかな?
ラ ロマレダ 雰囲気が最高ですね。小さいながらもサポーターの熱量が素晴らしいです。
小さい子がユニ上下しっかり着ていてかわいい
[ 2019/09/23 06:45 ] [ 編集 ]
エレーラがPSGに行かずに残ってくれてたらなー
取りあえず試合中にぼーっとして動かない11番のガーナ人諦めて8番のスキンヘッドをスタメンで起用する所からスタート
[ 2019/09/23 20:31 ] [ 編集 ]
最初見たときは色々イラッっとしてしまったけど(特に審判に対して)夫が見たいというので二人でまたフルで見直した。
で、落ち着いて見直すとサラゴサかなり良かったよ。特に前線は相当練習しているのか、お互いの意図が合ってきているし、戦術も浸透してきている。波状攻撃、リスク管理、こぼれ玉の回収…マジョルカの試合見た後だから余計サラゴサの良さが分かったよ。明らかにサラゴサの方が戦術的に格上。
まぁ5バックでスペース無いのにあたりが強くファールも厭わないチーム相手に、あれだけチャンス作っていたしまた一段レベル上がった、次回に期待してる。
[ 2019/09/23 21:30 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。