ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

レアル!ジダンに解任の可能性も?本人が語る!《ドイツの反応》

【スポーツビルト】

スター監督にかかるプレッシャー!
レアルで解任の可能性も!
ジダンが語る!


zidan3.jpg


ジュネディーヌ・ジダンはレアル・マドリッドにおいて大きなプレッシャーにさらされている。日曜日に行われるセビリア戦では絶対に勝たなければならない。そうでなければこのスター監督の続投の可能性はますます低くなってしまうだろう。すでにメディアは後継の監督の可能性を報じており、モウリーニョやシャビ・アロンゾがその候補となっている。そしてジダンは土曜日に行われた記者会見でその事に関して意見を述べている。


スポンサーリンク



彼は簡単にあきらめはしないようだ。ジダンは、“まだこの仕事をやる力は残っている。決して肩を落としてはならないと教わったんだ。今後もハードに仕事に取組み、最後の1分まで私の選手たちと共に、私にできる限り全力を尽くすだろう。”と語っている。また彼は辞任する事を考えてはいないようだ。“私が考えているのは明日の試合でベストを尽くすことだけだ。私たちは報道されていることに関して影響を及ぼすことはできない。私たちにはフィールで起こる事でしか影響を及ぼすことはできない。外からみれば結果がすべてかもしれないが、私たちにとっては、それがどういう内容だったかというのも重要だ。”と語っている。


彼は現在の状況に関しては、“決して疑問に思ってはおらず、むしろその反対だ。クラブは私を支えており、信頼してくれている。”と語っている。



レアルは昨シーズンの不甲斐ない出来の後で、新たなスタートを望んでいるが、今の所うまく行っていない。チャンピオンズリーグではPSGに0:3で敗れ、リーガでは4試合で8ポイントしか獲得していない。


メディアはジダンのレアル監督としてのクオリティーに疑問を持っているが、ジダンはこれを不思議には思っていないようだ。“ここにいるという事はいつも難しいことだ。それはみんな分かっている。外で騒がれていることには興味はない。”と彼は語る。


ジダンは3月にマドリッドに戻って来ていた。彼は最初の監督時代にチャンピオンズリーグ3連覇を達成している。彼はその後辞任したことを後悔はしていないようだ。“その事について語る事はそんなに簡単ではないね。戻って来たのは新たなプロジェクトが見えたからだ。今は難しい状況だが、これからもトライするつもりだ。勝つのは簡単だ。今は一致団結しなければならない。私が外からの話を聞く限りでは展望は良くないとのことだが、決してそうではない。”と彼は語った。


またモウリーニョの名前が挙がってきた事も彼にとっては決して驚きではないようだ。“別にそれで気分を害したりしないよ。それとうまく付き合わないといけないからね。私が興味を持っているのは監督としての私の仕事だけだ。”






以上です。


まだ始まったばかりですから、分かりませんが、冬までに改善されないと続投は厳しくなるような雰囲気は確かにありますね。監督交代となると久保選手の今後にも大きな影響がありそうですね・・。




[ 2019/09/22 18:08 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(3)
CL3連覇がジダンorロナウドどちらのおかげなのかファンもアンチも色々言っていたけど
結果的にロナウドの力によるものが大きかったという事が証明されたな
[ 2019/09/22 19:07 ] [ 編集 ]
 久保はフロント主導で獲得した卵なので、監督交代しようが関係ないでしょう。むしろ彼のような若手を上手く使いこなす監督を経営陣が探しているかも。例えば……エリック・テン・ハーフとか?
[ 2019/09/22 20:48 ] [ 編集 ]
これだけ若手を世界からかき集めて使わないのは、取った意味ないんだよね
特にバルサの若手が結果残してるから、触発されてるんだと思う
フロントともっと話し合えば良かったと思うだけにちょっと残念
[ 2019/09/23 03:12 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。