ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!終了間際にオウンゴールでフランクフルトと引き分ける!鎌田惜しくも得点ならず!《ドイツの反応》

【ビルト】

ドルトムント!終了間際にオウンゴール!2位から転落!

ドルトムントに痛手!



ドルトムントは苦手としているフランクフルト(アウェーで6年勝ちなし)に対して2度も先制したが、最終的には1ポイントしか獲得できなかった。2:2だ。

スポンサーリンク



そしてキャプテンのマルコ・ロイスは試合後にスカイのインタビューで怒りをあらわにしている。“本当に腹が立つよ。君らが言うメンタルなんか糞くらえだ。毎週同じことの繰り返しだ。僕たちは最後まで集中してプレーしなかった。これはメンタルとは関係ないよ。”


ドルトムントは2位から転落している。


▶88分:鎌田が角度のない所からシュートを放つ。それをディレイニーが足を伸ばして阻止しようとしたが、結果オウンゴールとなってしまった。これで2:2だ。最初は鎌田のゴールが記録されたが、その後ディレイニーのオウンゴールに変更されている。それは正しい!


ドルトムントはこれによってバイエルンと1ポイント差、そしてライプツィヒと3ポイント差の3位となっている。


ファヴレのイレブンはヴィッツェルのゴールで先制しているが、44分にはシルヴァが同点ゴールをあげている。


後半はドルトムントが勝利に向かってプレーする。65分にはドルトムントがカウンターだ。中央でアルカセルがファールされるとドルトムントはフリーキックを得る。そこでトラップはゲレイロのシュートを阻止するも、ヴィッツェルがフリーのサンチョにパスをして1:2だ。しかしドルトムントにとって痛手となっているのは、フンメルスが63分位負傷交代したことだ。彼はレーヴ代表監督の目の前で負傷交代となった。


最終的にはゲッツェが今シーズン最長の14分プレーしている。しかしそんなことを言っても結果は変わらない。




以上です。

鎌田選手は途中から出場しいきなりシュートを放つなど積極的でしたね。あれでドルトムントは落ち着きを無くしましたね。オウンゴールはまあ明らかだったので、鎌田選手のゴールにならなかったのは仕方ないですね・・。

それにしても今日は残念です。サンチョのゴールシーンは良かったんですが・・。その後1点差でアルカセルとサンチョに代えてブラントとゲッツェを投入しましたが、1点差だったので守備的な選手を入れても良かったかもしれませんね。バイエルンとはまだ1ポイント差なので、それほど絶望的な引き分けではないですが、こういう試合で勝ちきれないのは気になりますね。



[ 2019/09/23 04:04 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(12)
鎌田の場合は、オウンゴールだったのは残念だが、この引き分けはフランクにしては、大きいとおもうね。
[ 2019/09/23 07:27 ] [ 編集 ]
試合は打ち合いで面白かったけど、ドローはロイスの言った通り。
得点した後に集中力がキレていた。
つか、長谷部あたりにつっかけられていちいちナーバスになってどんどん雑になっていた。
優勝狙うならリードした試合は勝ち切らんと、、、
鎌田はガナ戦では消極的でボールももらえんかったけど、今日はゴリゴリ行ったのが結果につながった。
[ 2019/09/23 07:55 ] [ 編集 ]
レーブ来ると戦術よりも代表アピール第一になって試合壊す事がよく有るよね。フンメルス怪我したから余計にドイツ人優遇だろ。
だからブラントとゲッツェ、レーブさえ来なければ違う采配だったのでは?
[ 2019/09/23 08:07 ] [ 編集 ]
イイネ!
[ 2019/09/23 09:54 ] [ 編集 ]
バイエルンとは1差ですが、既にライプツィヒとやってますからね。今のドルトムントがライプツィヒに勝てるかと言うと疑問ですね
[ 2019/09/23 11:15 ] [ 編集 ]
>>ドルトムントは苦手としているフランクフルト(アウェーで6年勝ちなし)に対して2度も先制したが、最終的には1ポイントしか獲得できなかった。2:2だ。
「2度も先制」は変な気がします。
先制でなく、先行やリードと表現したほうが自然に感じます。
[ 2019/09/23 12:09 ] [ 編集 ]
ブラントは守備を覚えないとダメですね
[ 2019/09/23 13:10 ] [ 編集 ]
ロイスも試合後のインタビューで苛立ってましたね
ブラントとゲッツェ投入は本当に謎でした
絶好調ライプチヒとは勝ち点3ありますよ
[ 2019/09/23 13:34 ] [ 編集 ]
レーヴが来てたからブラントとゲッツェ使ったって言ってる人いるけど
アピールさせたいなら先発で使うでしょ
ブラントはそもそも毎試合出てるし、ゲッツェは元々ラーセンよりは上だし
短い時間でアシスト未遂もした
ヴァイグルはドイツ人なのに出番無し
そもそもファブレにとってはドイツ代表にドルの選手が選ばれない方が好都合
[ 2019/09/23 20:27 ] [ 編集 ]
ボゼッションで圧倒していてアフロがMOMって時点でどんな酷い試合か良く判るってのが凄い
昨シーズンはそれでもラッキーで勝ててたけどね
[ 2019/09/23 22:06 ] [ 編集 ]
ゲッツェもしばらく試合にでていなかったし、短い時間で結果を出すのは難しかったと思う。

ゲッツェとブラント投入は裏目にでましたね。それに対して鎌田選手の途中出場はインパクトがありました。

ファブレの選手起用は勝利への執念がないというか、逃げ切れると思っていたのか、勝てる試合を逃して、ロイスも怒り心頭。本人も試合中、イライラしていそう。
[ 2019/09/24 00:01 ] [ 編集 ]
レープ来てのゲッツェですか?
相変わらずですね(^ ^)
[ 2019/09/24 06:51 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。