ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ゲレイロ!ドルトムント残留の理由を明かす!《ドイツの反応》

【西ドイツアルゲマイネ】

ゲレイロ!ドルトムント残留の理由を明かす!

borussia-dortmund-raphael-guerreiro.jpg

ラファエル・ゲレイロは長い間契約延長にサインしなかったが、最終的に残留の決断を下している。

彼はこれまでに何度も他のクラブへの移籍の噂が上がっており、中でもPSGが彼の獲得に興味を持っていたとされている。


スポンサーリンク



しかし先週、ミヒャエル・ツォルクが良いニュースを発表している。“我々は2023年まで延長することで合意に至っている。基本的な事は決まっている。”と彼は語ったのだ。


そしてゲレイロはフィールド上でも素晴らしいプレーを見せている。4:0で勝利したレバークーゼン戦や0:0のバルセロナ戦ではチームで最も良い選手の一人だった。


彼がどうして延長に躊躇していたのかわからなかったが、この25歳はその決断の理由を明かしている。


彼はバルセロナ戦後に、インスタグラムで、“このスタジアムの雰囲気を一度経験したら、これからもずっとそれを経験したいと思うだろう。ありがとうBVBのファン達!”とコメントしたのだ。


バルセロナ戦ではドルトムントのファン達は、それがサッカー選手たちがドルトムントにやってくる理由に値する事を示している。


試合は無得点の引き分けに終わったが、ファンをチームを90分に渡って応援し続けた。さらに試合前には素晴らしいコレオグラフィーを披露している。


ゲレイロはその写真も投稿しているが、それに加えて、“結果だけがパーフェクトではなかった。”とコメントしている。




以上です。

まだ公式な発表はまだですので、一日も早い発表が待たれるところですね。いずれにせよ残留するからにはゲレイロをしっかり起用してほしいですね。

[ 2019/09/23 19:00 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(3)
 ゲレイロはBVBに残ったが、彼も度重なる監督交代の被害者と言えるでしょう。
 元々はトゥヘル監督の4141に必要なビルドアップ出来るLSBとして来た選手だったはず。しかし、チームメイトの怪我の影響などもありLSBではなくAMFやLWGで使われる事が多く、LSBとして十分な経験と実績を積めないまま監督交代が繰り返された。
 選手の運命ってわからないものですね。
[ 2019/09/23 21:02 ] [ 編集 ]
ドルトムントファンとあのスタジアムは世界一だと思う。あの応援でプレー出来る選手はプロとしては最高の報酬でしょ。
バルサやレアル、マンUなんかも素晴らしいスタジアムだけど、ファンは一見さんが多くてまとまったチャントは殆ど無いからなぁ…
[ 2019/09/23 21:07 ] [ 編集 ]
ドルトムントは彼を大事にしてあげて欲しい。
本当に本当に素晴らしいチームプレーヤーだと思う。
[ 2019/09/23 21:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。