ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

元ドイツ代表!ドルトムントを批判!「優勝したいなら違ったプレーを見せないと!」《ドイツの反応》

【スポーツビルト】

マテウス、フランクフルトとの引き分けに対して!


“優勝したいなら違ったプレーを見せなければならない!”


ドルトムントは優勝するほど熟しているだろうか?

bvb89.jpg


ドルトムントは説得力のあるプレーを見せたかと思うと、急に不甲斐ないプレーを見せたりする。フランクフルト戦での引き分けはこのどちらのカテゴリーにも属さないが、ドルトムントは2度も試合をリードしながら追いつかれている。最後までしっかりプレーできなかったのだ。



スポンサーリンク


“トップレベルのチームでこのような事が起こってはならないね。”とマテウスはスカイのコラムで語る。“BVBはフランクフルト戦ではもっとシュートでは集中力を出さなければならなかったし、賢く頑丈でなければならなかった。最後までパスをつないだり、またはミスを無くしたり、ポジションをしっかりと守ったりとね。優勝したいなら違ったプレーを見せないと。”


ドルトムントは幹部も選手も優勝したいと口にしている。これはもしかしてミスだろうか?マテウス:“ドルトムントが優勝を公言したことがネガティブな影響を与えているとは思わないね。これはポジティブに違いないよ。でも選手はポジティブなプレッシャーとうまく付き合えなくてはならない。そうでないと間違った仕事という事になるからね。”


マルコ・ロイスが試合後に感情を爆発させた事に関しては、マテウスはフラストレーションが溜まっただけだと見ている。“マルコ・ロイスは試合の結果に満足していなかったからね・・もしかしたらチャンピオンズリーグでもフラストレーションが溜まっていたのかもしれない。彼にはバルサ戦でも試合を決めるチャンスがあったからね。”


ドルトムントは現在首位のライプツィヒから3ポインント話されているが、マテウスはいずれにせよ優勝争いをすると信じているようだ。彼は “ドルトムントのスカッドは本来なら完璧なミックスだからね。ヴィッツェルのようなリーダー。ロイスのようなテクニカ―。フンメルスのような柱。そしてサンチョのようなトップタレントだ。メンバー的に不足する事は全然ない。”と語っている。


あとはゴール前での冷静さ、落ち着き、そしてメンタルだ!




以上です。



ドルトムントは最後まで優勝争いには絡むと思いますが、優勝するにはとにかく格下相手にポイントを落とさない事ですね。昨シーズンと同じ間違いは勘弁してほしいです。


[ 2019/09/25 05:49 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(5)
指揮官からして勝つ気持ち見えないし仕方がない
[ 2019/09/25 06:40 ] [ 編集 ]
監督のビビリが伝染っちゃってるかも?
不必要に慎重になると、いいことあると逆に大げさに喜ぶ。そうなると体幹は緩んだりしまったりが忙しくなってプレーもバタバタする。バタつけば結果もそれ相応になる。
こんなもん単純な体と心理の関係なんだけど、クロップが辞めて後のドルトムントはどうもこれがわかってないように見えるけどね。
前年の二の舞というより、クロップが辞めた後はどのシーズンも半年優勝争いその後の半年は自滅がお約束になってるよ。
[ 2019/09/25 07:31 ] [ 編集 ]
優勝する為に必要なピースは献身的な選手と野心家か勝者のメンタリティーを持つ監督だと思います。2連覇のメンバーを見たら分かりますよね。
[ 2019/09/25 08:21 ] [ 編集 ]
色々言われますがこれからだと思いますよ
今の時期に問題点が見えるのは良い兆候

昨季は前半戦は良かったですから
[ 2019/09/26 13:10 ] [ 編集 ]
上の方、昨シーズンも同じこと言われてましたよね
ゲッツェのリハビリなんかも含めて皮肉とか抜きにドルサポは楽観的になってしまった気がしますね
[ 2019/09/29 12:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。