ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

リヴァプール監督クロップ!過去最大の失態を明かす!香川在籍中のドルトムント時代の出来事《ドイツの反応》

【ビルト】

よりによってバイエルン戦の前!

クロップ、監督として過去最大の失態を明かす!

bvb092.jpg


月曜の夜、ユルゲン・クロップはミラノで世界最優秀監督を受賞した。その後クロップは、“The Players Tribune”においてこれまでの監督としての最大のミスを明かしている。


それが起こったのは2011年の事だ。クロップは当時ドルトムントの監督だった。彼はバイエルンとの試合前にチームを鼓舞するために話を用意していたのだが、それは完全に失敗してしまったのだ。



スポンサーリンク



クロップはその当時に出来事について、“選手たちのモチベーションを上げたいときは、いつもロッキー・バルボア(※映画ロッキー)の事を思い出すんだ。私の考えでは世界中の学校でロッキー1,2,3,4を見せるべきだと思うね。この映画を見た後でも山に登りたくないと感じるようだったら、何かがおかしいよ。”と語っている。


そして、“私はバイエルン戦の前に選手たちを集めたんだ。彼らは私の前に座っていた。そして私は彼らに真実を告げたんだ。我々がバイエルンにこの前勝った時は、彼らがまだおむつをしていたという事をね。そしてロッキーの話をしたんだよ。”


画面にロッキー4の場面が映される中、クロップは話を始めた。“これを見るんだ。バイエルン・ミュンヘンがイワン・ドラゴだ。トップ中のトップだ。最高のテクノロジー。打ち負かすことのできない存在。”と彼は今でもその時の事を覚えている。


そして画面に、シベリアの山小屋でトレーニングに励むスタローンが演じるロッキーが映し出される。彼は木を切り倒し、雪山の中を走り回る。そこでクロップは、“これを見るんだ。我々はロッキーだ。我々は小さい。だけど我々の情熱の方が大きいんだ。我々の心はチャンピオンだ。我々は不可能を可能にすることができる。”と語る。


しかしクロップが周りを見ると、少しばかり混乱した顔ばかりな事に気が付く。監督:“みんな座って死んだような目で私を見ていたんだ。まったく空っぽだったよ。彼らは‘この変人はいったい何を言っているんだ?’といったような顔をしていたんだよ。そこで気が付いたんだ。ロッキーが80年代の映画だという事にね。選手たちは当時いったい何歳だったんだろう?最終的に、‘ちょっと待って。ロッキーを知っている人は手を挙げてほしい。’って言ったんだよ。そうしたらたった二人だけが手を挙げたんだ。ゼバスティアン・ケ―ルとパトリック・オボモエラだよ。他の選手たち:‘知らないよ、ごめんねボス’といった具合だ。私の話はまったくもって無意味だったんだ。それから全く違った話をしなければならなかったよ。”


しかしこの失態にも関わらず、クロップはロッキーのようにバイエルンを倒す事に成功する。そしてそのシーズンと次の2012年に2連覇を達成するのだ。


クロップ:“私にとって映画よりもインスピレーションを与えてくれるのはサッカーだけだ。朝起きててみると魔法は本当だったことに気が付いたよ。ドラゴを本当に倒したんだってね。これは本当に起こった事なんだ。”




以上です。


クロップらしいエピソードですね。この試合が行われたのは2011年の後半戦とのことなので、負傷中だった香川選手がこの場にいたのかまではちょっとわかりませんでした。


しかしこの経験を活かして、クロップがチームにロッキーの視聴を義務化したかどうか気になるところですね。学校でみせるべきと語る程ですから、当然選手にも勧めている可能性は高いですね。

久しぶりにロッキーを見たくなりました。



[ 2019/09/26 06:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(12)
当時の状況が 目に浮かぶようなエピソードに爆笑!
でも、自分の失敗も笑いに変えて喋っちゃう モチベーターのクロップだからこそ好かれるし、名将なんだと思います。
最優秀監督 おめでとうございます。
[ 2019/09/26 07:23 ] [ 編集 ]
ロッキー見たこと無いけど見たくなりました
[ 2019/09/26 07:41 ] [ 編集 ]
前にクロップがロッキーについて語るYouTube見たけど本当に熱かった。ロッキー愛凄い。私も視たくなったよ。
[ 2019/09/26 09:13 ] [ 編集 ]
クロップがテンション上がった時の
謎の連続パンチはロッキーの影響だったんですねw
[ 2019/09/26 10:37 ] [ 編集 ]
マガト監督が試合前日にチーム全員連れて映画に行くってエピソード思い出しました(笑)
[ 2019/09/26 12:38 ] [ 編集 ]
笑った
でも優勝して喜んで深酔いし、意識失って目が覚めたらどっかの工場に居た
辺りを見回したら迷子のヴァツケを見つけ、ヴァツケの財布でヒッチハイクをし、鶏と共に帰還したって方じゃないのか
取りあえずロッキーや燃えよドラゴンは必修にすべき
[ 2019/09/26 13:18 ] [ 編集 ]
笑える!
でも、今はもう昔。
[ 2019/09/26 17:27 ] [ 編集 ]
 私なら「300」など組織の結束を意識させる暑苦しい映画を選手に観せたい。
[ 2019/09/26 18:27 ] [ 編集 ]
クロップにはロッキーのテーマがよく似合う
[ 2019/09/27 01:15 ] [ 編集 ]
クロップは人生を楽しんでそうだ。
香川を起用してくれてありがとう。
[ 2019/09/27 08:09 ] [ 編集 ]
ワラタwクロップ面白い。
でも俺は個人的には4より3のほうが好き。
[ 2019/09/27 10:49 ] [ 編集 ]
そしてそんなクロップの率いるリバプールを歴代最高と称しファンとして株主にもなっているのがロッキー製作国であるアメリカのno.1バスケットボールプレイヤーレブロンジェームズ
彼の背番号は奇しくも香川と同じ23であることに運命を感じざるを得ないです
[ 2019/09/29 12:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。