ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!負傷者続出のブレーメンに2:2の引き分け!《ドイツの反応》

【ビルト】

ドルトムント!ブレーメン

ヘディングで2点入れたが、ドルトムントは頭に問題を抱えている!


bvb566.jpg

フランクフルトに2:2で引き分けた後で、ドルトムント中がメンタル面で議論していた。しかしブレーメンに2:2で引き分けた今、むしろ問題はクオリティーにあると言っても良いだろう・・。


ドルトムントはリーガ6試合ですでに未勝利が3試合となっている。2試合の引き分けに加えて昇格チームのウニオン・ベルリンを相手に1:3の敗戦だ。

スポンサーリンク


ドルトムントは自ら優勝候補と名乗り、みんなもそのように見ていた。ドルトムントはヴェルダーを相手にヘディングゴールを2度も決めているが、それでも頭に問題を抱えている。ドルトムントは負傷者続出で弱っているブレーメンを圧倒する事もできなかったのだ。


ドルトムントはブレーメンが開始7分にラシカのゴールで先制した後で、逆転する事に成功している。まずはゲッツェが今シーズン最初のスタメンでピスチェクのクロスからゴールし、さらに41分にはマルコ・ロイスがアザールからのクロスをファーサイドに押し込んでいる。


しかしブレーメンもやり返す。頭で。またしてもロイスが失点に絡んでいる。彼はサージェントとの対決に敗れたが、その後ろにフリーでいたフリードルがボールを押し込んだのだ。


ドルトムントはその後ハキミとアザールがチャンスを得たが、もはや頭がフレッシュとは言えなかった。


スカイ解説者のローター・マテウスは“ブレーメンは後半から攻めてきたし、相応しい結果だったね。”と語っている。




以上です。


今日はドルトムントはヴァイグル、ゲッツェ、ダフードなど、この前の試合からメンバーを入れ替えてきましたが、そのせいなのかあまり良くありませんでしたね・・。入れ替えるタイミングとしてはこの前のフランクフルト戦の方が良かったようにも思いますが、まあやっぱりその辺の判断は難しいですよね。

なにより11人も負傷しているブレーメンを相手に引き分けてしまったのは本当に残念です。6試合でたった3勝では優勝は厳しいですね・・。

シャヒンの活躍は嬉しいですが・・。

[ 2019/09/29 04:29 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(7)
去年は内容悪くても勝ち続ける運があったけど今年はよりファブレのサッカーが出てて内容はさらに微妙になり見事に弱体化してるね
[ 2019/09/29 07:19 ] [ 編集 ]
フンメルスが欠場でヤバイなと思っていたらそこから失点。
後ろがバラバラ。
戻ってきたラシカに引っ掻き回されたな。よく2失点で済んだよ。たぶん大迫いたら負けてただろうけど、まぁドローで終わってよかったよ。今は守備できんからとにかくガマンだな。
[ 2019/09/29 08:42 ] [ 編集 ]
チームのために走る選手が少なくなった印象。
チームの勝利より個人スタッツを大事にしている選手が多そうです。ま、本人の数字が良ければ他に移籍できますもんね。
[ 2019/09/29 08:45 ] [ 編集 ]
まあでもバイエルンも独走というほどでもなく他のクラブも頑張ってるし面白い展開ではありますね。ドルトムントもまだチャンスはありますよ。
[ 2019/09/29 09:00 ] [ 編集 ]
点取ったラシカとベンチ入りしてたヴェリコビッチとバルクフレーデの3人戻ってきたんで流石に一桁まで負傷者減りましたブレーメン。それでも相変わらず最終ラインはぐちゃぐちゃですが攻撃の駒数だけみればまだ戦える感じ。ポゼッションはドルトムントが握ってましたがゴール前の精度は両チームとも似たような具合でしたね
[ 2019/09/29 11:37 ] [ 編集 ]
ヌリはヴェルダー行ってからイキイキしてる
流石レアルリバポを渡り歩いた選手というクオリティも見せつけてるし
ドルはオーナー監督そしてファン全てが新チーム色を強めることばかり考えて多くの今でも優秀な選手を手放しすぎましたね
これではリバプールですら苦しんでいるリーグとCLの兼ね合いは無理でしょう
[ 2019/09/29 11:52 ] [ 編集 ]
シャヒンの活躍は本当に嬉しい
大迫もいない相手にドローってやばいね
でもあまり試合に出れてなかった選手は難しかっただろうから、今までの試合で勝ち点取れなかったのが問題
[ 2019/09/29 14:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。