ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

モウリーニョ!シャルケとヴォルフスブルクからのオファーを断っていた?《ドイツの反応》

【スポーツビルト】
モウリーニョ!シャルケとヴォルフスブルクからのオファーを断っていた?

mou.jpg


ジョゼ・モウリーニョは昨年のクリスマス前にマンチェスター・ユナイテッドを首になっていた。それ以来このポルトガル人は次なる仕事を待っている。


最近ではレアル・マドリッドが噂に挙がっている。レアルは現在首位ではあるが、ジュネディーヌ・ジダンの地位は揺らいでいる。


スポンサーリンク


さらに“ゴール”や“スポックス”が報じたところによると、どうやらこの夏シャルケとヴォルフスブルクがモウリーニョの獲得に動いていたようなのだ。


それらの報道によると、この両クラブはモウリーニョをドイツに連れてくるために説得したかったようだが、モウリーニョは断ったようだ。その理由としては、彼はビッグクラブ監督の就任を望んでいるためだとされている。彼はPSG、バイエルン、ユベントスからの電話を待っていたようなのだ。しかしPSGはトゥヘル、そしてバイエルンはコヴァチを引き続き起用し、ユーベはチェルシーからサッリを連れてきている。


シャルケとヴォルフスブルクは最終的にはモウリーニョと比べて随分小さな監督を連れてくる事となっている。シャルケはダヴィッド・ヴァーグナーを、そしてヴォルフスブルクはオリヴァー・グラスナーを連れてきたが、5試合終わった段階で両クラブとも上位に位置しており、それが実を結んでいる。




以上です。

まあ本来だったらシャルケもそれなりの監督を呼べるクラブでなければいけないんですけど、今はそれは無理そうですね。バイエルンはリーガで優勝している間はコヴァチで行くんでしょうかね・・。

[ 2019/09/29 10:47 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(4)
バイエルンはモウリーニョ、ドルはコバチ、シャルケはファーブル
これくらいになって初めてリーグランキング3位のブンデスと言えるのではないだろうか?
それくらいスカッド上位2クラブの監督が小粒すぎます
もう少しブンデスとブンデスファンには監督の重要性を理解して貰いたい
[ 2019/09/29 11:49 ] [ 編集 ]
今季のシャルケは調子良さそうですし、結果的には正解だったんじゃないでしょうか
[ 2019/09/29 13:20 ] [ 編集 ]
もうモウリーニョはとっくにピークを過ぎた監督。
名前だけで決めつけたらえらい事になる。
[ 2019/09/29 16:07 ] [ 編集 ]
シャルケのワグナーはクロップがドルトムントの時にドルムントⅡの監督でそのあとプレミアでハダースフィールドを1部に昇格させ残留もさせました。
ナーゲルスマンのライプツィヒに勝ちましたし優秀な監督だと思います。
[ 2019/09/30 03:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。