ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

元ドルトムント!プリシチ!チェルシーでの役割に不満!!ここ3試合出番なし《ドイツの反応》

【Sportbuzzer】

BVBスター!クリスティアン・プリシチ!
チェルシーでの役割に不満!
“すごくフラストレーションが溜まる。”


pulip.jpg

プリシチはドルトムントからチェルシーに巨額の移籍金で移籍したことで、多くの注目を集めた。しかしこのアメリカ人はチェルシーであまりプレーしていない。そのため彼はフラストレーションを溜めている。

スポンサーリンク


クリスティアン・プリシチのBVBからチェルシー移籍は多くのファンにとって驚きであった。チェルシーは6400万ユーロもの移籍金を支払ったのだ。彼はそこで2024年まで契約しているが、そこではあまりうまく行っていない。今の所プレミアリーグでは4試合しか出場しておらず、ここ3試合は全くプレーしていないのだ。


“すごくフラストレーションが溜まるね。だけどプレーしたいからこれからもハードに取り組むよ。”と彼は“プロ・サッカー”の質問に対して答えている。ランパード監督はウィリアンとペドロというベテランを進んで起用している。それに加えてすでに7ゴールをあげるタミー・アブラハムの活躍が状況を難しくしている。





以上です。

プリシチはユース出身ですから残って欲しかったですが、移籍金を考えれば売るタイミングはベストでしたね。現在はプレー時間が少ないとのことですが、まあ若いですからこれからも頑張ってほしいですね。


[ 2019/09/29 17:54 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(8)
新生チェルシーはまだ数回しか見ていないし、まだ序盤だからあれですけど、、
私のイメージとして、プリシッチはチームがあまり機能していない時に一人だけドリブルの突破力で輝き目立つというイメージがあります。
なのでパス回しが格段に向上し、機能している今のチェルシーだとフィットしづらい、もっと言えば、ドリブル一辺倒だけでなく柔軟性や応用力が求められるのかなと思いました。
昨シーズンみたいな、すべてがアザール頼みでチームとしてダメだったチェルシーの方がまだ活きる感じはあったのかなと思います。
今は地味ながらも選手みんなが満遍なくボールを触るようになってる気がするので、CFが活躍しやすい状況にあるように思います。
ただしこれが研究されて続くのかはまた怪しいところで、またチームが不全になったらプリシッチに依存したり活躍するかもしれませんね。
スター選手のアザールらがいた時のCFはかなり過酷だったと思います。
あの中で活躍してたジエゴ・コスタは正真正銘のエゴイスティックで野性味溢れる素晴らしいストライカーだったと思います。
[ 2019/09/29 18:13 ] [ 編集 ]
管理人さんのコメントに笑ってしまった
[ 2019/09/29 18:30 ] [ 編集 ]
ドルのプレー見てたら正直なんであんな大金出したのか不思議だったしプレミアでは活躍しないだろうなとは思ってたから予想通りだがアザールいないのに3試合連続出場なしは予想以上
[ 2019/09/29 19:15 ] [ 編集 ]
 4試合出場して、その後3試合出場してない。これはプレーの内容が良くなかったパターンかな。
 カンテを6番気味に使えるならプリシッチを使いやすいのかもしれないが、今は8番ですし、しかも負傷離脱してる。そうなると積極的に仕掛けて積極的にロストするプリシッチを使い難いというのは理解できる。
[ 2019/09/29 21:09 ] [ 編集 ]
何と言うか、何で欧州のクラブはこの手の選手が好きなんだろうね。完全にヤヌザイじゃん。最初からわかってたけどね。
[ 2019/09/30 01:35 ] [ 編集 ]
かと言ってタイプの違う香川もまったく機能しなかったから、
どんなタイプが成功するかは入れてみないと分からんのよ。
[ 2019/09/30 11:52 ] [ 編集 ]
まあ正直いって特別な才能ははじめからあるようには思えませんでした。
[ 2019/09/30 12:31 ] [ 編集 ]
突破力ならサンチョより上だからパスが選択できるようになればデンベレやサンチョ程度のプレーは出来るでしょ
ドルトムントでの最後の数試合は可能性を見せてたし
それにプリシッチを残したいとはフロントは思ってなかったからしょうがない
値段は1/3くらいが適正だけど
[ 2019/10/01 16:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。