ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!すでにファヴレの後継探しか?《ドイツの反応》

【西ドイツアルゲマイネ】

ボルシア・ドルトムント!クレイジーな噂!

BVB、すでにファヴレの後継探しか!


favre nach


うまくいったらそれはチームのおかげで、うまく行かなかったら監督のせいだ。サッカー界のこのメカニズムはドルトムントでも同じだ。


夏の時点では、ルシアン・ファヴレ監督は大いに称えられた監督だった。しかしそれから約一月半で、ドルトムントはまるで降格するチームのようになっている。

スポンサーリンク



その批判の中心に立たされているのが、ルシアン・ファヴレだ。頑固すぎ、自由が利かな過ぎ、感情がない・・・。このスイス人がBVBにとって良い監督かどうか多くの人々が疑問に思っている。そして彼は今シーズンのブンデスリーガにおいて、解任される監督候補の一人となっている。


すでにキッカーが報じたように、内部でファヴレを批判する声が上がっているようだ。“批判の声は大きくなっている。それはルシアン・ファヴレの前でも止められない。チームをより良くする存在という評判も揺らいでいる。”とキッカーは評している。そして、“不安定さと傲慢さの微妙なミックスが毒のように広がっている。コミュニケーションを得意とする監督ならばそれに取り組むことができるだろうし、強いメンタルを要求することができるだろう。優勝という夢に向かった監督がそれを体現したければならないが、ファヴレにはそれができない。”と同紙は続けている。




そしてクレイジーな事に、ドルトムントは、ルシアン・ファヴレがだめだった場合にそなえて、すでに後継探しをしているとのことなのだ。



ブレーメンの“Deichstube”が報じたところによると、ドルトムントはブレーメンのフロリアン・コーフェルト監督に興味を持っているようだ。同紙は、“なぜなら彼はボルシア・ドルトムントに合う完ぺきな監督だとされているからだ。”と評している。


同紙によればドルトムントはすでにコーフェルトと接触したことがあるようである。コーフェルトの代理人、マーク・コジツケとドルトムントのつながりは強い。ユルゲン・クロップも彼のクライアントなのだ。


コーフェルトはその感情の表し方といい、ルシアン・ファヴレよりもはるかにユルゲン・クロップに近い。


しかしそれでもコーフェルトの獲得は不確かだろう。“私は自分の契約を2023年まで全うするつもりだ。ブレーメンもそれを望んでいればね。”とこの36歳は最近語っているのだ。


もちろんコーフェルトを獲得する前に監督の席が開かなければならない。ドルトムントは水曜日にチャンピオンズリーグでプラハと、そして土曜日にフライブルクと対戦する。





以上です。

確かに今いるブンデスリーガの監督ではコーフェルトはドルトムントの雰囲気に合うでしょうね。

仮にファヴレを解任することになっても、良い監督を連れてこれる可能性があまり高くなさそうなところが微妙なところですね・・。




[ 2019/10/01 06:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(8)
前からいってるようにコーフェルトはいいと思う。暑苦しいくらい情熱的だし逆に冷静にやるところはやる。
だけど現実的に現場見てる監督をシーズン中に移籍させることはできないでしょ。
まぁ前にヴアツケは代わりの監督はいつも探してると言ってたから、ショウヘイさんみたいにシーズン途中からやらす代わりは見つけてあるとは思う。
それにしてもファブレは人気ないね。
[ 2019/10/01 07:00 ] [ 編集 ]
今時のサッカー界、監督はチームの顔とも言える大事な存在。クロップのような稀有なスターはおいそれと見つかるものではないが、やはり能力・人柄・話術にある程度の説得力がないと。
ファブレさんは疑問符だらけ。勝っていても選手や運のおかげとしか思えないほど、戦術の幅や老獪さが見られず、発言にも求心力や軸が感じられない。
こういう記事が出てくるのは至極当然と思える。
[ 2019/10/01 07:37 ] [ 編集 ]
モウリーニョで良いんじゃない?モウって今ニートでしょ
[ 2019/10/01 16:09 ] [ 編集 ]
ファブレもドルトムントに最適な監督言われてたのは記憶違いだったかなー
まーファブレの奴が合ってないってのは判ってたことだけど
[ 2019/10/01 16:37 ] [ 編集 ]
選手の入れ替えも割と激しいクラブなのに
監督も短命政権続きといまいち腰が据わらないですね
[ 2019/10/01 17:19 ] [ 編集 ]
前回のターンオーバーのメンバーを見ると、監督にかなりプレッシャーいっているでしょうね。皆を上手く使いこなすようオーダーが入ってるとみた。でも乗り気じゃないから、上手く組み合わせず、一気に使ってくる。
[ 2019/10/01 17:57 ] [ 編集 ]
モウリーニョでは選手が逃げていく。
[ 2019/10/01 19:31 ] [ 編集 ]
この人がチームに来てからずっと思ってた
CLを勝ち上がっていけるような監督ではないと
引き出し少ないただの選手任せじゃん
[ 2019/10/02 20:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。