ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント地元紙!香川ら移籍した選手の活躍に言及!《ドイツの反応》

【ルーア・ナッハリヒテン】


シュルレ、香川、プリシチ達の現在!



アンドレ・シュルレは良いスタートを切った後で、パフォーマンスが下がっている。それはフィリップも似ている。一方スペインに移籍した選手はうまく行っている。

shinji-kagawa-spielt-mit-real-saragossa-um-den-aufstieg-mit-1923380.jpg


トルヤン:
彼は新たな幸運を求めて遠くに移籍した。昨シーズンはスコットランドのセルティックに移籍したが、今はイタリアのサッスオーロの空気を吸っている。トルヤンのシーズンスタートはうまく行っている。彼は右サイドとして6試合中5試合でプレーしている。さらにここ3試合はフル出場を果たしている。サッスオーロは現在6ポイントで13位に位置しているが、降格圏とは1ポイントしか離れていない。


スポンサーリンク


シュルレ:スパルタク・モスクワで不調
彼はスパルタクであまりうまく行っていない。ここ4試合はすべて負けており、現在9位、そして国際大会圏まで9ポイントも離れている。シュルレもすこしばかり躓いている。この28歳は8月に8試合プレーし2ゴール4アシストを記録していた。しかし9月は0となっている。彼は現時点で11試合でプレーしている。モスクワは買取オプションを持っている。


パスラク:
オランダ1部リーグは若き才能にとっては良いステップだ。パスラクもそれを経験している。パスラクはフォルトゥーナ・シタードでスタメンとなっている。8試合中8試合でフル出場しており、1ゴールを記録している。パスラクの数字は良いが、クラブの調子は悪い。クラブは3ポイントで下から2番目だ。


ゴメス:
ドルトムントはプレー経験を積ませるためにセルジョ・ゴメスをスペイン2部のウエスカに移籍させた。それは今のところうまく行っている。最初は途中からのプレーが多かったが、ここ3試合はスタメンとなっている。さらにエストレマドゥーラとの試合では決勝点をアシストしている。


プリシチ:
プリシチはチェルシーで次なるステップに進みたがっていた。彼はドルトムントからチェルシーに6400万ユーロで移籍している。しかしこのアメリカ人はまだチェルシーに到着していない。彼はこれまでの試合時間のうち44%しかプレーしていないのだ。さらに彼はインタビューにおいて現在の役割にフラストレーションを溜めていることを語っている。プリシチはここ3試合でまったくプレーしていない。これまでに出場した4試合では1アシストを記録している。ランパード監督はプリシチにもっと継続性のあるパフォーマンスを要求している。


フィリップ:
フィリップもシュルレと同様にロシアに移籍た。彼はディナモで理想的なスタートを切り、最初の2試合で得点を挙げている。しかしそれ以来、シャドーの位置でプレーしていた彼はゴールに絡んでいない。それどころか最近ではロストフ戦でスタメンを失っており、残り20分でプレーしている。ディナモは10ポイントで13位に位置している。


ディアロ:
ディアロはPSGのスター・アンサンブルの中ですぐに居場所を見つけている。彼はこれまでリーガ6試合でPSGのゴールを守っている。それどころかストラスブール戦では重要な決勝点をアシストしている。それ以外ではカップ戦とチャンピオンズリーグのレアル戦で途中からプレーしている。さらに彼はこれまですべてセンターバックとしてプレーしている。PSGはいつのもようにリーガでトップに立っている。


イサーク:
イサークはレアル・ソシエダに移籍したが、そこで一度だけゴールを喜ぶことが出来ている。彼はエスパニョール・バルセロナ戦に途中から出場し、ゴールをあげたのだ。彼はこれまで7試合にプレーしているが、ゴールはそれ以外はない。先発出場は2試合だけだ。しかしレアル・ソシエダは現在5位に位置しており、チームはうまく行っている。


香川真司:
香川はスペイン2部のレアル・サラゴサにおいてあきらかなレギュラーとなっている。彼はこれまでの7試合ですべて先発出場を果たしており、さらに2ゴールをあげてチームの助けとなっている。サラゴサはこれまで7試合で無敗となっており、現在15ポイントを獲得して3位に位置している。




以上です。

9月も終わりましたが、香川選手以外ではディアロ、ゴメスもうまく行っているようですね。今のドルトムントの守備を見ると、ディアロは残したほうが良かったと思いますが、まあ仕方ないですね・・。シュルレとフィリップはこのまま終わってしまうのかちょっと心配です・・。せっかくプレー時間を望んで移籍したので、ぜひともチャンスをものにしてもらいたいですね。


[ 2019/10/01 16:43 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(7)
開幕前の香川

「いまはワクワクした自分と、不安な自分がいます。ここにきて1週間足らずですし、試合もしてない、ぶっつけ本番で挑むので。
僕にとってはこの1年が勝負。もしこれがうまくいかなかったら、もう日本に帰るだけだと思っている。
それくらい強い気持ちで戦いたい」

「長谷部さんが「選手は30代に入ってからが経験を含めてより上手くなる」と言ってたんです。同感ですね。
30歳をこえた今も、ここから3~4年でベストを作り出していけると感じている。試合に出続けていたら、まだ僕は進化していくと強く思っているので。
21歳で海外に出てきた時のような気持ちじゃないけど、ワクワクしていて、これからの未来が楽しみです」

「おそらく他の国に行っても普通にプレーはできたと思う。でも、はたしてそれを3~4年続けられるのか。
1~2年はある程度のパフォーマンスを残せる自信はある。
でも長期的にみて、2022年ワールドカップまでを含めたプランがもてるのかと考えた時、正直、自信がもてなかった。
でもそれがスペインだとしたら、長期的なイメージがもてた」

「ここからまたチャレンジして這い上がっていくのが自分らしいなと。30歳にしてのこの挑戦は自分が試されている。
ダメだったらアウトで、ここでまた評価を得れればダイレクトで上に行けるわけで、
その先に代表やワールドカップが確実に見えてくる。ここからの戦いで勝ち取っていきたい」


J2のセレッソから這い上がり、マンチェスターユナイテッドまで上り詰めた男が、今また這い上がろうとしている。
私がもう一度見たい香川も、そういったハングリー精神を持った香川だなと改めて思う。
シーズンMVPを取るくらい頑張ってもらいたい。
[ 2019/10/01 19:15 ] [ 編集 ]
ゴメスはまだ19歳になったばかりですよね。岡崎見る為ウエスカも見てますけど良い選手。特にあのアシストは狭い所をピンポイントで通していたよ。これからが楽しみ。
フィリップは次期ドイツのエースに成るかと期待されていたのに、残念。
やはり香川が一番うまくいっている様ですね。一年がかりで悩んで決めただけあって、はじめは2部?ってびっくりしたけど、サラゴサ地元ファンからの愛され方見ていると良い移籍だだったと。
[ 2019/10/01 19:40 ] [ 編集 ]
ゴメスは岡崎ついでに見てますがこないだの試合は中々良かったです。その前までは正直ずっと微妙でしたよ。
[ 2019/10/01 22:29 ] [ 編集 ]
香川はコンディション整えながら順調に試合挑んでますね
奮闘っぷりが良い。
サラゴサの選手とサポが盛り上がってきた
[ 2019/10/02 19:03 ] [ 編集 ]
香川、風邪でマラガ戦を欠場するようですね。
代表メンバー発表の記者会見の前日ということで、これは代表を辞退するための口実でしょう。
(16時間の大移動)中2日→中2日の3試合が続くので、ちょうどマラガ戦が休むタイミングでもありましたし。
[ 2019/10/03 03:43 ] [ 編集 ]
代表辞退のためじゃありません
他の選手も何人か風邪なのでチーム内での感染でしょう
推測でいい加減なこと言わないでください
香川に失礼です
[ 2019/10/03 19:31 ] [ 編集 ]
キャリア的に本来ならトルコやセグンダより上のリーグアンでチャレンジしてモナコを引き上げリーガ上位クラブに抜いて貰うのがベストだった
でもまだまだ見ていたいと思える貴重な選手それがカガワ
[ 2019/10/05 05:30 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。