ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

元ドイツ代表!「バイエルンはクオリティーを失ってしまった!」《ドイツの反応》

【スポーツビルト】

エッフェンベルク:

バイエルンはクオリティーを失ってしまった!


effe4.jpg

“本来、常にトップにいるというのがバイエルンの要求するところだ。”とバイエルンのカール・ハインツ・ルンメニゲはチャンピオンズリーグのトッテナム戦を前に語っている。


スポンサーリンク



しかし今シーズンのバイエルンをチャンピオンズリーグ優勝候補と思っていないのが、元キャプテンのシュテファン・エッフェンベルクだ。そしてそれはメンバーに原因がある。“昨シーズンと比べてバイエルンはクオリティーを失っている。コウチーニョとペリシチを獲得したとしてもね。フンメルスはいないし、リベリーとロッベンもいない。リベリーとロッベンがいれば0:2をひっくり返すことは可能だったが、今年はそうはならないと思っている。これは大きな違いだ。”と彼はキッカーに対して語っている。



トップクラブとの差を縮めるには、“他のクラブがすごく失敗するか、バイエルンが完璧にプレーするかだね。リヴァプール、マンチェスター・シティー、バルセロナ、ユベントスは明らかにバイエルンよりも上だよ。”と2001年にCL優勝を果たしたエッフェンベルクは語る。


一方2005年にリヴァプールでCL優勝を果たしたディディ・ハマンは別な意見だ。リヴァプールとシティのメンバーが圧倒的であるという意見は同じだが、“バイエルンはここ3,4年では一番チャンスがあると思う。今年は優勝候補に入ると思うね。昨年はそうではなかったけれどね。”と語っている。


さらにオットマール・ヒッツフェルトは今年のバイエルンを“明らかに良くなっているし、ポテンシャルも大きい。それに加えてコウチーニョのようなワールドクラスがチャンスを高めてくれるだろう。”と語っている。



昨シーズン、バイエルンはチャンピオンズリーグベスト16の試合でリヴァプールに敗れている。この夏にはリベリー、ロッベン、ラフィニア、フンメルス、ハメス、サンチェスがクラブから去っている。その代わりにエルナンデス、パヴァール、コウチーニョ、ペリシチ、アルプ、キュイザンスが加入している。




以上です。

クオリティーを失ったかどうかは意見の分かれるところですね。まあコヴァチはメンバーを大分整理しましたから、昨シーズンよりはやりやすいとは思います。そこで結果がどれだけ出るかでしょうね。

[ 2019/10/01 19:02 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(4)
シティやリバプールの選手たちはみんな最初から凄かった訳ではない。
明らかに監督のおかげでそうなれた、花を開いた&名声を得た選手たちがたくさんいる。
そうした事を理解しなければならないし、それが出来る人物こそ名監督だと思う。
良い選手がいるにも関わらず、ことごとく選手の価値を下げさせるような監督は論外だ。
[ 2019/10/01 19:23 ] [ 編集 ]
クオリティーを失ってもプレミアのチームに7得点完勝できるのはやっぱりバイエルンだけだわ
[ 2019/10/02 08:32 ] [ 編集 ]
相手のトッテナムは今シーズン酷いから笑える結果になったけど、クォリティとかそんな話が出たらこれですわ
そもそもハインケス以降はバイエルンの質は酷いもんだし、今シーズンもそんなに変わらんだろ
むしろ下位に落ち込んでたチームが浮上してきて、上の方が乱戦になったりね
面白くなるようにって希望だけどさ
[ 2019/10/02 16:52 ] [ 編集 ]
今季のバイエルンは昨年よりもっとよくなってるように見えるけどね。若手の躍動は見てて楽しい。コウチーニョみてても悪い癖が消されてて良いプレイしてた。コヴァチは良い指導者だ。トゥヘルと共に次代の注目される監督になるんじゃないかなぁ。昔を懐かしんで現在の若手選手を評価しない幹部は退き時でしょ、どうみても。
[ 2019/10/04 11:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。