ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

【CL】ドルトムント!ハキミの2ゴールでプラハに勝利!!《ドイツの反応》

【ビルト】

ハキミがドルトムントを勝利へ導く!

100メートルのスプリントからダンス・ゴール!


hakimikun.jpg


時には自ら行かなければいけない。アシュラフ・ハキミは個人技でプラハ戦の試合を決めてしまった。しかも2ゴール!

スポンサーリンク


ドルトムントはこれによってバルセロナ、フランクフルト、ヴェルダーと続いた引き分けを終える事が出来た。1:0としたハキミのゴールは自身チャンピオンズリーグ初ゴールだったが、素晴らしいものだった。


ハキミは自陣ペナルティーエリアからスタートする。ユリアン・ブラントとワン・ツーでボールを交換すると、相手ゴール前まで走る。彼はそこでキーパーを交わしてゴールだ。

100メートルのスプリントからのゴール!


プラハはここ16試合でたった3失点しかしていない。ドルトムントはここ5試合でたった1勝だ。ルシアン・ファヴレ監督は予想に反してゲッツェを外し、ブラントをトップで起用している。そして彼は先制点をアシストしている。


しかしドルトムントにとっては先制したにも関わらず、楽な夜にはならなかった。またしてもチャンスを何度も外しているのだ。サンチョは2分と47分のチャンスを外している。そのため試合の中心はキーパーのロマン・ビュルキだった。彼は21分の相手のカウンターを右膝で防いでいる。


試合を決めたのは二つ目のカウンターだった。ハキミが2点目を決めたのだ。


フランクフルトとブレーメンではドルトムントは先制したものの勝ちきれなかった。プラハではメンタルが最後まで持ったようだ。普段はフェアなドルトムントもこの試合では相手チームよりも多くファールをしている。この夜のスターは、ビュルキ(7セーブ)、フンメルス(対人勝率ナンバー1)、ハキミ(2点)だ。




以上です。


今日は点をとられてもおかしくない場面が何度もあってまだまだ不安定でしたが、ハキミのスーパーゴールで何とか勝てましたね。どちらも素晴らしかったですが特に先制点は素晴らしいです。100メートル駆け上がって、ディフェンダーとキーパーを交わしてそのままゴールは見ごたえがありました。

[ 2019/10/03 04:24 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(5)
ハキミの先制点はいいゴールだったな。フォワードみたいな点の取り方した。
チーム勝たせたのはフンメルス。
5回か6回、裏にボール出されて、危ないとこも2.3度あったたけど、問題なく全部処理した。チームはこの人いると落ち着くね。前の試合まであれほどあったバタバタがなくっなった。
ところでロイスは不調かな?
今日も決めないといけないところを3回外した。キャプテンなので不調の期間は長い猶予はない。
[ 2019/10/03 07:10 ] [ 編集 ]
ビュルキに助けられた試合だった。ハキミ、フンメルス含め攻守でディフェンス陣が光る試合。相手は無敗記録を20試合に伸ばしていただけに強かったね。でもドルトムントが記録止めた。
ドルトムントも良い流れに戻って欲しいね。
[ 2019/10/03 14:36 ] [ 編集 ]
またハキミが前方に駆けていって戻ってこない試合が増えそうだね
[ 2019/10/03 14:45 ] [ 編集 ]
この調子で成長していれば問題なくレアルに呼び戻されそうだな
[ 2019/10/03 16:27 ] [ 編集 ]
ハキミは化け物ですね。
久しぶりにドルトムントを見ましたが、サイドバックとは思えないくらい高いテクニックとフィジカルの強靭さにビックリ。
よくドルトムントがこのレベルの選手を獲れたなと思うくらいです。
一人だけ明らかにスケールが違うので、レアルマドリードに復帰してしまうんじゃないですか?

やっぱりフィジカルは大事ですね。
ドルトムントはもっとフィジカルある選手かスピードある選手を獲得して上手く融合させた方がいいのでは?
どちらも中途半端な選手はこれからの時代は厳しい気がします。
辺境リーグの強いチームももう体がゴツい選手がいっぱいだし、パワーがありますよ。
4大リーグを食うのも分かります。
[ 2019/10/03 18:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。