ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》ポカール決勝、香川キッカーでも最高点! 両チーム全選手寸評!!


さて月曜日はキッカーの発売日になります。管理人も早速入手しました。キッカーでは普段は採点しか掲載されませんが、ポカール決勝ということで全選手の寸評が掲載されていましたので紹介したいと思います。ちなみに香川選手の採点は“2”と両チーム合せても最高点となりました。
ちなみにベストプレーヤーは、同じく“2”という好評価をもらったヴォルフスブルクのルイス・グスターボになっています。

20150601161459858.jpg




ポカール決勝、キッカー全選手寸評!!


【ドルトムント】


ランゲラック 5

ペリシッチに対して素晴らしいスタートを切ったが、1:1の場面では重大な結果を生ずるミスをし、1:2の場面でも良くなかった。



ドゥルム 4


序盤は攻撃において勇気を見せたが、守備ではカリジュリに対して問題を抱えた。66分にはランゲラックとともにカリジュリのシュートを防いだ。



ズボティッチ 4

1:3の場面ではドストのヘディングを阻止することができなかった。その前の1:2の場面でもそのレベルになかった。それ以外でもヴォルフスブルクが素早く攻めてきた時には準備ができていなかった。



フンメルス 4


いつも支配者となる事はできなかった。試合の組み立てにおいて成功したパスは少なく、ヴォルフスブルクのテンポの良い攻撃の前には、大抵の場合あと一歩遅かった。



シュメルツァー 4.5

1:3の場面ではペリシッチに抜かれ、クロスを上げさせてしまった。セットプレーでは不確かで、攻撃においても必要に値するような動きは少なかった。そしてポジショニングも悪かった。



ケール 4


最終試合で目立たなかった。守備においては中盤ライン上で頑張っていた。一対一では時たま強さも見せたが、全体的にアクセントの少ない出来。



ギュンドガン 5


もっともがっかりさせられた選手の一人。今日の彼はほぼ完全に試合に入れていなかった。成功したパスはほとんどなく、簡単にボールを取られてしまった。



ミキタリアン 3


勢い良くスタートし、とても積極的、かつ素早いテンポで相手を引き裂いた。その後いくらか控えめとなったが、それでも彼は十分に中盤の光となっていた。ボール奪取においては常に攻撃的だった。



香川真司 2


断トツでベストなドルトムントの選手。まったく疲れをみせず、巧みに試合を運び(注:針に糸を通すように巧みに)、1:0でのクロスは素晴らしかった。良い視野と程良くコントロールされたパス。(注:この場合の“程良く”は、”適温“と言ったニュアンス、早すぎず、遅すぎず、長すぎず、短すぎず、といったニュアンス。)



ロイス 5


2:0となるべき最大のチャンスをはずしてしまった(19)。そのことを悔しく思うだろう。そしてほぼ完全に消えていた。素早いドリブルを見せることがなければ、アグレッシブなプレーを見せることもなかった。まるで思いリュックサックを背負っているかのようだった。



オバメヤン 2.5

試合開始から冴えており、先制点へと導くゴールを確実に決めた。その後も素早いテンポでたくさん走り、ヘディングや、フリーキックでチャンスがあった。休憩前のファールはPKに値した。


ブラシコフスキー 採点なし


後半途中から出場し右サイドを活性化させるべきだったが、効果はなかった。



ピスチェク  採点なし


彼の同郷と一緒に交代出場したが、もはやチームを守ることはできなかった。


インモビレ 採点なし


試合終盤にちょっとだけ出場。

スポンサーリンク


201506011615040f2.jpg


【ヴォルフスブルク】


ベナリオ 2.5

1:0の場面ではまったくチャンスが無かった。クロスやポジショニングにおいては確実で、またミキタリアンや香川のシュートに対しても確かだった。オバメヤンの87分のフリーキックも阻止。


ヴィリーニャ 3

右サイドバックでドルトムントに対して最初こそポジショニングで不安定さを見せたものの、徐々に自信を取り戻し勇気を見せた。


ナルド 3

彼の重厚なフリーキックが早い同点へのきっかけとなった。失点場面ではポジショニングが悪かったが、その後は用意周到で手堅かった。


クローゼ 3

多くのヴォルフスブルクの選手のように時間を要したが、その後安定性を取り戻した。一対一で最も高勝率を記録。


ロドリゲス 3.5

1:0の場面ではオフサイドラインを作ることができなかった。試合に入るのに苦労したが、ボールを持った時は落ち着きを見せた。44分のオバメヤンに対してPKとならなかったのは幸運であった。


アーノルド 3.5

中盤底からアグレッシブなプレーを見せた。何本かの良いパス。ミスも少なく手堅いパフォーマンスだったが、目立ちもしなかった。


グスターボ 2 マン・オブ・ザ・マッチ

素晴らしいボール奪取と潰し屋ぶり。同点の場面では彼のシグナルからチームが再び息を吹き返すことになった。2点目の場面でもカリジュリに対してロングボールを送りそのイニシアチブを担った。


ペリシッチ 3


開始7分の、良く狙いの定められたシュートはランゲラックに阻止された。そしてその後は比較的試合に関与していなかった。3点目へのきれいなアシストが彼に活力を与えた。


デ・ブルイネ 2.5


それ程圧倒的ではなかったが、ゲガをしていた割にはとても良くやっていた。彼の得点や、その後のカリジュリでのパスでは彼の力が光った。


カリジュリ 2

彼の試合への喜び、そしてドリブルを止めることはできなかった。1:1となるフリーキックを獲得し、2点目はアシストを決めた。後半開始直後に自分自身でゴールを決めるチャンスが訪れたが、失敗してしまった。


ドスト 2.5

とても冷静な点取り屋として輝きを見せた。しかしそれだけでなく、中央でも自己中心的ではないポストプレーでチームのコンビネーションを活性化させるなど輝きを見せた。


ギラヴギ 採点なし


交代出場後、守備的中盤においてスムーズに試合に入り、アディショナルタイムには重厚なシュートでランゲラックを試した。


シュルレ 採点なし


試合終盤に右サイドでアクセントを与えるべくして出場したが、ヴォルフスブルクのペナルティーエリア付近で見せたシュメルツァーへのファウルが唯一の見せ場となった。


トレッチュ 採点なし


右サイドバックで問題を起こさせなかった。






以上です。



キッカーの寸評を取り上げるのは初めてになります。寸評が掲載されるのはポカール決勝やドイツ代表の試合だけみたいですね。


当ブログのコメントでも香川選手がまさに“孤軍奮闘”していたようですが、それが採点にもはっきりと現れてるのではないかと思います。


もう負けてしまったことはしょうがないですが、このチームの問題をぜひとも改善して、来シーズンは良いシーズンにしてもらいたいです。



 おまけ
201506011615024af.jpg
昇進降格をかけたハンブルクとカールスルーエのキッカー先発予想
山田選手の名前もあります。ぜひ先発して活躍して欲しいですね。

ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball


[ 2015/06/01 18:52 ] ドルトムント  | TB(-) | CM(16)
No title
キッカーの記事待っていました、ありがとうございます。ちゃんと納得の評価がついてきてよかった。11日代表戦も期待したいですね。
[ 2015/06/01 19:36 ] [ 編集 ]
No title
いつもありがとうございます。

香川は帰国して納得いってないみたいな事を言ってますが、ロイスが明らかにコンディション悪い中で途中から左サイト、ボランチと試合中に3ポジションこなしたのは、ユナイテッド生活も無駄じゃなかったな、フィジカル面でも精神面でもたくましくなったなと思う試合でした。

今季はペップとクロップがチームのコンディションの悪さで戦術以前の問題に陥ったのを目の当たりにして、戦術じゃなくて、ローテーションできる監督が一番名将?とか考えさせられるシーズンでした。今季ローテーションがうまいバルサのエンリケとユーベのアッレグリが2冠でCL決勝まで残ってますが、二人とも監督として順風満帆ではなかったので、クロップもちょっと休んで帰ってきてほしいですね。
[ 2015/06/01 19:40 ] [ 編集 ]
No title
まだまだ悔しい気持ちでいっぱいでしたが、キッカーでは最高の評価をしていただけたようで、フアンとしては、本当に嬉しいです。来シーズンもこの調子で頑張ってほしいです。
先ほど、香川選手が帰国したことを知りましたが、あまりの素早さにびっくりしました。
6月29日から新監督のもとでスタートするみたいな記事も見ましたが、香川選手ゆっくり休む間が全くないようで、怪我とかしないでほしいなって思います。アジアツアーもあるし。本当に忙しいですよね。

管理人さんいつも楽しい記事ありがとうございます。来シーズンも楽しみにしています。
[ 2015/06/01 20:22 ] [ 編集 ]
負けたチームで最高評価の2は嬉しいですね。
本当に特別な存在でした。
この1年はW杯敗退、ユナイテッドからの移籍、ドルの不振、クロップの退任と苦しくて辛い1年間だったと思います。
でも、起こった出来事の全てを糧にして更に更に強く進化してくれることでしょう。
私達には想像しがたい程の栄光も挫折も苦労も経験して、それを自分で乗り越えてきた。
こんなに魅了される選手はいません。
サッカー選手としても人としても尊敬します。
香川選手の今後がますます楽しみですね。

管理人さん、これからもよろしくお願いします。またいろいろな情報をのせて下さいね。
「おまけ」もいつも楽しみにしています!
[ 2015/06/01 21:17 ] [ 編集 ]
うれしいね~とにかくうれしい
今季はなかなか報われなかったけどわかってくれる人がいてくれた

管理人さんいつもきめ細やかな翻訳ありがたいです
来季もよろしくお願いします!
[ 2015/06/01 21:19 ] [ 編集 ]
No title
お疲れ様です。
いつもありがとうございます☆

シーズン終わって気が付いたんですけども、ずいぶんとクロスが上手くなって帰ってきたなと(モイーズのおかげ?)。見事な視野とスルーパスはほぼ以前と同じなのに、今シーズンはものすっごい精度のクロスが強く印象に残っています。

もともと彼はトップ下の選手じゃなく、ドルトムントで移籍したのちにクロップさんが「シンジは2列目ならどこでもできるだろうけど、クロスがあまり上手くないからトップ下」と言っていたのを覚えています。

マンU移籍は失敗と思われているけれど、ポカール決勝を観ていたら、「今の君はもう十分あの頃を越えているよ(安西先生)」と言いたくなりました。メンタル面での問題が本当に大きかったのでしょうね、チーム全体も悪かったし。いろいろと噛み合わなくて残念でした。

あとは新監督のもと、ケガをしないで来季を迎えてほしいです。

---------------------------------

ホワイトアスパラの画像、ありがとうございました!
ドイツ人に限らず、なぜ欧州の人はホワイトアスパラが出回ると嬉しそうなのかしら…春を感じるから?と思ってたところに、管理人さんがホワイトアスパラのお話を書かれていたので、ちょっと納得しました☆
[ 2015/06/01 21:44 ] [ 編集 ]
いつもありがとうございます。
落ち着いたニュートラルな文章が好きです。

今晩の入れ替え戦、楽しみです!山田大記にぜひ活躍して欲しいです。(怪我が怪しいですが…)

入れ替え戦とCLが終わったら、今シーズンも終わりですね。
管理人さんも、夏休み満喫してください!
[ 2015/06/01 22:00 ] [ 編集 ]
No title
辛辣さが売りのキッカーをして
「断トツでベストなドルトムントの選手」
と言わしめた今回の香川選手の出来。

2.5としたどこかのメディアに目を通させたいですね。
[ 2015/06/01 22:04 ] [ 編集 ]
No title
全体的なプレーの安定度、精度はドルトムントの他選手を見ても群を抜いてたと思います。香川はチームで唯一、他所の伝統ビッグクラブで複数年修行を積んできただけの経験密度を感じますね。

シュートレンジやスピードといった分かりやすいパワーはロイスでしょうけど、やはり精度や安定度、的確且つ迅速な判断とそれを表現する技術、ゲームコントロールにおいては香川が頭一つ上でしょうね。

それはもう、全盛期の優勝チームを経験していたり、サーのユナイテッドで優勝経験した実績の積み重ねが為せるものでしょう。香川・シャヒン・フンメルスといった全盛期の優勝を経験してる選手を中心に、常勝チームのメンタルを伝播させていく事が来季浮上のきっかけになると思います。

今季はロイスがチームのトップでしたが、トータルで見たら香川は今でもドルトムントの王たる能力と経験を有してます。日本人だから市場では評価が低いだけで、CLで上位に食い込む活躍をすれば数十億クラスになるポテンシャルは全然あると思います。
まあ今のドルトムントの実績なら、レアルバルサクラスじゃないと移籍する必要はあまり無いと想いますが笑。
[ 2015/06/01 22:29 ] [ 編集 ]
No title
負けたチームで勝ったチームの最高点と同じ2ってあまり見ない気がします。
でもそれも十分納得できるプレーだったと思います。

シーズンが終わってしまいましたね。
管理人さん本当にお疲れ様でした。
こちらのサイトにはお世話になりっぱなしでした。

日本のメディアは日本人選手の点数と評価しか記事にしないため、チーム全選手の評価(時には相手チームまで!)をきちんと翻訳してくださるこちらのサイトには感謝しかありません。

正直日本のメディアの翻訳記事はひどいので、最近はここだけを唯一信用している感じです(笑)

来季も無理のない程度に続けていただけると嬉しいです。
[ 2015/06/01 23:21 ] [ 編集 ]
負けたチームで最高点タイの採点はまさに孤軍奮闘と認められた証で嬉しいですね。本人的にはチームが勝てなかった事と恩師にゴールを捧げられなかった事が悔しいでしょう。それでもクロップは香川の復調を喜んでると思うし離れても見守ってくれる。羨ましい関係ですよね。

それにしても今年もゆっくり休めませんね。
代表ではいつも酷使されまくってるのでハリルも疲労を考慮して欲しい。ローテーションが上手くいかないとチーム力も上がらない。
[ 2015/06/01 23:21 ] [ 編集 ]
ポカール残念ながら負けてしまいましたが、香川の最高点と断トツでベストなドルトムントの選手の評価は凄く嬉しいです。
クロップ監督にも香川の想いは伝わったんじゃないかなと思います。
シーズンは終わってしまいましたが、来季のドルトムントが今から楽しみです。

日本の記事は悪意のある誤訳も多いので、こちらのブログを頼りにさせてもらっていました。
また来季もよろしくお願いします。
[ 2015/06/02 00:33 ] [ 編集 ]
No title
香川さん帰国しましたね。
カップ戦を終えてドイツから帰国、日本代表のトレーニングに即参加…少しは休ませてあげてほしい。
疲れがあると思うので、ケガには十分気をつけてほしい。
6月は代表の試合、7月はドルのアジアツアーで日本での試合、そうして新しい監督のもとドルは早めにキャンプとかやりそう…オフがないですね。

そう、管理人さん、ドイツ紙の記事を翻訳・紹介してくださり、ありがとうございます。

ポカール決勝について、ドルサポやその他ファンの声を紹介いただけたらとても嬉しいです。
もし、翻訳のお時間ありましたら…。
[ 2015/06/02 00:43 ] [ 編集 ]
No title
>>断トツでベストなドルトムントの選手
>>良い視野と程良くコントロールされたパス

すごいうれしい!香川のプレーが正しく評価されてて
しかも両チームあわせて最高点とはw
[ 2015/06/02 04:19 ] [ 編集 ]
No title
クロップがドルトムントを去るのは残念だけどトゥヘルが香川をどのように使っていくのか見て行こう・・・
[ 2015/06/02 14:42 ] [ 編集 ]
管理人様、はじめまして。いつも現地報道を丁寧な翻訳紹介して下さり本当にありがとうございます。

去年の香川選手のドルトムント移籍にドイツが大盛り上がり、との報道を見て、直近の代表でもクラブでも芳しくなかったのに古巣とはいえ何故、W杯優勝国での反応が大きいのか不思議で、調べている内にこちらにたどり着きました。

それ以来、連敗や某クラブ関係者らの横槍、怪我人の続出や後半戦巻き返しに一喜一憂して、サッカー以外でも素敵な風景や美味しそうなお菓子、ドイツの教育や免許のシステムなど非常に興味深い記事を毎日楽しく拝見していました。

クロップ監督辞任の寂しさはじわじわと長引くと思いますが、新体制のドルにも期待したいと思います。
来季も管理人さまの無理のないペースで続けて頂ければ嬉しいですm(_ _)m
[ 2015/06/02 19:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。