ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント、ファヴレ監督!アルカセル欠場にも関わらずゲッツェをベンチに‼理由を説明!《ドイツの反応》

【Sportbuzzer】

ルシアン・ファヴレ監督!ゲッツェをベンチにした理由を説明!
goott.jpg


パコ・アルカセルが欠場したにも関わらず、ゲッツェはチャンピオンズリーグのプラハ戦でベンチとなっている。ルシアン・ファヴレ監督はその理由を説明している。


ゲッツェにとってはまたしてもがっかりな出来事だ。この27歳はこの前の土曜日にブレーメン戦でシーズン初先発を果たしているが、水曜日のプラハ戦ではまたしても先発を外れている。彼はブレーメン戦でゴールをあげてアピールしていたし、アルカセルが負傷して欠場するにも関わらずである。ファヴレはゲッツェに代わってブラントを先発で起用している。ブラントをトップで起用するかどうかについてはファヴレは言及することを避けている。


スポンサーリンク



ファヴレはスカイのインタビューにおいて、“それについては言う事は出来ないよ。”と語っている。実際の所、大部分の時間帯でブラントは最前線でプレーしており、ゲッツェはアディショナルタイムでプレーするだけとなった。ゲッツェについて質問されたファヴレはいくらか混乱し、“フランクフルト戦では良いプレーをした。”と発言している。しかし実際のところフランクフルト戦でのゲッツェは14分間プレーしただけだ。ファヴレはブレーメン戦でのゲッツェのプレーには触れていない。ファヴレはさらに、“常に言っていることだが、ローテーションしている。今は3日おきに試合があるからね。”と語っている。


ファヴレは今から2週間前にもゲッツェについて語っている。“別にゲッツェについて反対してはいない。彼もそれは分かっている。昨年もそうだったが、彼は徐々にプレー時間を伸ばし、最後の方では沢山プレーしている。”と語っていた。




以上です。


時間帯によってはロイスがトップでブラントがトップ下のようにも見えましたが、これに関してはファヴレがシーズン前に発言していた通りですね。アルカセルの代わりとして、ゲッツェだけでなくブラントやアザールの名前も上げていましたからね。


得点を挙げたばかりのゲッツェにとってはがっかりだったでしょうね。まあ話は変わりますが、契約延長の話はそろそろはっきりさせてほしいですね。



[ 2019/10/03 09:37 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(1)
ブラントもアザールも新しく行ったとこに即フィット、相手に合わせて結果出せるといったレベルにはまだないからな。
それこそゲッツェや香川じゃない。
プラハには悪いけどこういう時に使ってチームに馴染まさんと。
[ 2019/10/03 11:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。