ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムントファン!サンチョをスタメンから外す事を要求!《ドイツの反応》

【Watson】

ドルトムントファン!サンチョを先発から外すことを要求!
良い意味で!


sancho34.jpg


ドルトムントは水曜日に行われたチャンピオンズリーグの試合でプラハに2:0で勝利した。これによってこれまでの3試合連続引き分けを終える事が出来た。

スポンサーリンク


しかしバルセロナやインテルと比べて簡単な相手とされていたプラハを相手にドルトムントは苦労する事になる。すでに前半だけでもプラハは何度もドルトムントゴール前で脅威となっており、ビュルキが失点を防いでいる。しかしアシュラフ・ハキミは開始35分に先制ゴールを挙げる。


後半になってもプラハは決して手を緩めることがなかったが、多くのチャンスをものにすることができない。ドルトムントは89分にハキミがゴールをあげてようやく試合を決める事が出来た。


しかしドルトムントは後半開始直後に試合を決めることができただろう。むしろそうしなければならなった。ジェイドン・サンチョだ。


このドルトムントのサイドアタッカーは47分にフリーでゴール前までやってくる。しかし時間をかけすぎ、もしくは考えすぎたために、ボールを自分よりも離れたところに出してしまう。そのため相手キーパーのコラールはこのボールを難なく受け止めている。しかしこのようなミスはサンチョにしてはすごく珍しい。

ファン・サンチョの交代を要求!


ファンたちはこの場面をソーシャルメディア上で取り上げている。“おお、サンチョ、いったいどうしたんだ。”ととあるユーザーはツイッターでつぶやいている。また別なファンは、“どうしてサンチョはここ最近ドリブルでミスってばかりなんだろう。”とコメントしている。

そして多くのファンはコメントするだけでなく、さらなる要求をしている。彼らはサンチョを先発から外してベンチに置くことを要求しているのだ。しかしそれはサンチョを見たくないからではない。彼を休ませたいからだ。

“可哀そうなサンチョはすぐにでも休養が必要だ。”ととあるユーザーはコメントしている。“なんかこんな姿をみるのは申し訳なく思うよ。”と別なユーザーはコメントする。さらに別なユーザーは“サンチョはすぐにでも休養が必要だ。ここ数試合は力を出せていない。”とコメントしている。

市場価格1億ユーロに達し、ブンデスリーガ最高額の選手となったサンチョは毎日のように移籍が噂されてる。19歳の選手に対してこれはストレスとなるだろう。若い選手が2年間にわたって継続的にちからを 発揮する事ができないのは普通の事だ。ファンは休養を要求しているが、それも意味がある事だろう。




以上です。

あの後半開始直後の場面はサンチョらしくなかったですね。確かに少し休ませても良いかもしれません。サンチョだったらジョーカーとして使っても結果を結果を出してくれるでしょうし、ブラント、アザール、サンチョ、ゲレイロの4人でうまく回してほしいですね。

[ 2019/10/03 16:41 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(5)
最近はビッグクラブが辺境リーグに苦しむ事が多くなりましたね。
それだけ攻守における組織力の重要さが増し、スター選手をただ置いただけでは勝てなくなっているという事でしょうか。
特にビッグクラブはなかなかチーム作りが上手くいっていない所が多いように思います。
移籍金の異常な高騰も影響が無いとは言えない気がします。
[ 2019/10/03 18:15 ] [ 編集 ]
スタメンを固定せずまわしていかないと後半戦で苦労しますからね。
[ 2019/10/03 18:24 ] [ 編集 ]
体の出来てない10代から酷使し続けてるんだから、サンチョの選手としての寿命は儚いものになるかもね
[ 2019/10/03 19:09 ] [ 編集 ]
全ては経験ある選手を追い出した、追い出すことにしたフロント監督とそれ擁護したファンのせいだと思います
以前にドルの現メンバーを見ればトップクラブだと分かると豪語していた方が居ましたが、明らかに各リーグのCLリーグカップ3つ全てを戦うトップクラブと比べると層が薄いように見えますし、監督自体がTO下手に感じますね
[ 2019/10/05 03:44 ] [ 編集 ]
低迷した数シーズンを思えば、相変わらず大成功してるクラブとしか思わないですけど。
[ 2019/10/05 17:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。