ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!ゲッツェとファヴレの関係はいつまで続くだろうか?《ドイツの反応》

【ビルト】

ゲッツェとファヴレ!
この関係はいったいいつまで続くだろうか?


goet77.jpg


ドルトムントはチャンピオンズリーグでプラハに2:0で勝利したが、それでもすっかり晴れ渡った雰囲気にはならなかった。なぜならルシアン・ファヴレ監督にとって新たな問題が明らかになったからだ。


スポンサーリンク


マリオ・ゲッツェがフラストレーションを溜めている。彼はファヴレの下で幸せになれるだろうか?


ファヴレはここ数週間、ゲッツェをベンチに座らせている。公式戦最初の8試合でゲッツェは37分しかプレーしていないのだ。そのうち5試合はプレーすらしていない。しかし彼は先週のブレーメン戦で先発出場をすると、9分後に今シーズン初ゴールを挙げている。そして力強いパフォーマンスを見せているのだ。


これでようやくゲッツェも軌道に乗るかと皆が思った。さらにパコ・アルカセルも負傷している。そのためゲッツェがワントップでプレーするのは当然だと思われた。しかしどうしてファヴレはブレーメン戦の成功の後でゲッツェを再びベンチに置いたのだろうか?


彼は予想に反してユリアン・ブラントをトップで起用している。彼が一度もこのポジションでプレーしたことがないにも関わらずである。ゲッツェは90+2分に交代出場したが、これは彼にとっては大きな痛手だ。


ブラントは後半になってから試合に落ち着きを与える事が出来ず、前線でボールをキープできなかった。確かにブラントは2アシストしているが、対人勝率は29%と弱く、さらにパス成功率は71%だ。ファヴレが最初に交代のカードを切ったのは74分だが、出てきたのはゲッツェではなくアザールであった。


フラストレーションを溜めたゲッツェは、控室からでてきた最初の選手だった。彼はすぐにドルトムントのバスに乗り込んでいるが、チームメートが来るまで数分間一人だった。


ファヴレは最近、“ゲッツェに別に反対なわけではないし、彼もそれを分かっている。”と語っている。ではどうしてファヴレはゲッツェを起用しないのだろうか?



昨シーズンゲッツェは10月下旬のリーガ9試合目で初先発している。


しかし後半戦のゲッツェは、BVBで最も力強い選手の一人で、6ゴール6アシストを記録している。それにもかかわらず今シーズンは0からのスタートとなっている。負傷もしていないのに。


これには契約延長が関係しているのだろうか?彼の契約は今シーズン末までとなっている。ドルトムントは契約延長をしたがっているが、今の条件ではそれはない。ドルトムントは1000万ユーロとされている年俸を20%は下げたいのだ。この措置はそれを実現させるためだろうか?



土曜日にはBVBはフライブルクと対戦する。ゲッツェは4月のフライブルク戦ではスタメン出場しゴールを挙げている。今回はどうだろうか?仮にファヴレが今後もゲッツェを無視すれば、二人の関係がいつまで続くかという疑問が上がってくることは避けられないだろう。







[ 2019/10/04 09:54 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(9)
マスコミは、またまたバイエルンが独走してネタが切れそうな気配なので、そうなった時の保険かけてるよな。
ゲッツェにかこつけて将来監督解任騒ぎを起こしやすいようにネタ振りしてる笑
[ 2019/10/04 11:02 ] [ 編集 ]
移籍交渉の影響もあるのかもしれませんが、これまで散々ゲッツェのリハビリに力をかけてきたのに
それが芽を結びかけてきたところで潰すというのもよく分かりませんね。
ゲッツェの復帰によって香川が思いきり割りを食ったという思いがあるせいでしょうけど
ゲッツェ関連のドルトムントの対応は個人的にモヤモヤすることが多いです。
[ 2019/10/04 11:21 ] [ 編集 ]
ファブレが頑固で気に入った特定の選手しか起用しないのは今に始まった話じゃないし、なんか今更感がありますね
[ 2019/10/04 12:46 ] [ 編集 ]
シュティーガー残してゲッツェ追放が一番ベストだったのにね
これで不調でファブレを解任してもゲッツェの為に監督を交代した言われるなwww
ドイツメディア、ドイツ人的にはその方が楽しいのかな?
[ 2019/10/04 19:30 ] [ 編集 ]
そもそも昨シーズン序盤ファブレはトップ下の序列としてはゲッツェを香川より下に見てたと思いますが。パコのコンディションがフルでは無理だったのでゲッツェをサブとして使っていただけではないですか。ロイスの為に香川さえ冷遇したのですからゲッツェに何の思い入れも無さそうです。
[ 2019/10/04 20:44 ] [ 編集 ]
ゲッツェの移籍と、ファブレの解任、どちらの方が早いか?と、毎度の監督解任騒ぎが恒例行事にならない事を祈ってます。

契約延長をせずにいて、あれだけリハビリさせてくれたクラブに恩を感じていないゲッツェもゲッツェだけど、頑なにゲッツェを起用しないファブレも なんだかチームにとってはいい事ないだろうなぁと、思ってしまいます。
[ 2019/10/04 23:37 ] [ 編集 ]
割りを食ったからモヤモヤするのではなく公平な競争がないからモヤモヤするんですよ
6G6Aで力強いパフォーマンスと評価されるのに9G9Aしても全盛期までまだ足りないと揶揄された選手もいるんですから
[ 2019/10/05 03:47 ] [ 編集 ]
本当にファブレの意思で香川やゲッツェが干されてると思ってる奴いるのか?
どう考えてもファブレはフロントに言われた通りにしてるだけ。 移籍志願をした香川を干し、延長を拒んだ事で溺愛してたゲッツェにも同じ事をしてる。

こいつらはマジでロイスさえ居ればそれでいいんだろう。 彼はエースではあってもキャプテンの器ではない。 何があってもドンと構えてチームを鼓舞していたケールやヴァイデンフェラーにはほど遠い。
今ならピシュチェクこそが相応しいがそれも今のドルトムントでは無理だろう

[ 2019/10/05 17:55 ] [ 編集 ]
公平な競争なんてこのクラブにはないですね
今は、今も?ゲッツェは監督だけじゃなく選手に多大なフォローをして頂いて今があること肝に命じて欲しいですね!無理だとは思いますが
ファブレはロイス中心を選んだんですからとことん貫いて欲しいですね。
1年我慢したけれど脱出してサラゴサで監督からの信頼を受けサポーターからも愛されイキイキプレイしている香川を見ていると本当に良かったと思います
[ 2019/10/06 06:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。