ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

バルセロナのデンベレー!退場!審判を侮辱したためか?《ドイツの反応》

【スポーツビルト】


バルサ!レッドカード2枚
デンベレーが退場!



審判を侮辱したためか?

dembele.jpg


FCバルセロナはセビリアを相手に4:0と圧倒的な勝利を収めた。そしてレアル・マドリッドを追っている。しかしクラシコを3週間前に控え、バルセロナは心配の種を抱えている。なぜなら、この試合でロナルド・アルハオとウスマン・デンベレーの二人がレッドカードで退場となったからだ。


スポンサーリンク



試合終了3分前に、元ブンデスリーガでプレーした、チチャリートがバルセロナゴール前に迫る。しかしシュートを打つことができなかった。その理由はアルハオが彼のユニフォームを引っ張ったためだ。審判はこれを緊急ブレーキとみなしレッドカードを出している。そうすると荒々しい事態へと発展する。デンベレーはこの状況に割って入り、報道によると、“お前の笛は本当にひどいよ。本当にひどい。”と言ったようだ。これによってデンベレーもレッドカードを貰っている。



エルネスト・ヴァルヴェルデ監督は間接的にデンベレーのスペイン語の未熟さを批判している。“彼とは話していない。だから何を言ったのかわからないよ。私にとってはエニグマだよ。長い文章だったとは思わないけれど・・。私自身も彼と話すのが時々難しいよ。どうなるだろうね。別に報道を疑ってはいないが、なんかおかしいね。”と彼は語っている。



バルセロナは1分以内に二人の選手を失ってしまった。この騒動でブスケツもイエローカードを貰っているが、それはまったく小さな話になってしまった。


実はすでにこの笛を吹いたラホス審判はチャンピオンズリーグのライプツィヒ対リヨン戦で話題となっていた。彼はほとんど意味もなくナーゲルスマンにイエローカードを出したのだ。ナーゲルスマンは、信じられないといった様子で、“私はスポーツディレクターの方に向かって、どうして何人かの選手がこのような態度をとるのか質問したんだ。そしたら審判がやって来て、‘次はスタンド行きだ。’と言ったんだよ。どうしてかって聞いたら。‘黙りなさい。そうしないとスタンド行だ。’って言ったんだ。”と語っている。

バルセロナとセビリア戦ではそれまでは特に疑問が残るような場面はなかった。試合はバルセロナがスアレス(27)、ヴィダル(32)、デンベレ(35)、メッシ(78)のゴールで勝利している。




以上です。

デンベレーが暴言を吐いたとのことですが、監督は、彼のスペイン語が未熟なためと言いたかったのでしょうか。まあ仮に暴言を吐いたのであれば仕方ないですね。いずれにせよサッカーの審判は一人でカバーする範囲が多いので大変ですよね。選手も結構審判に文句言いますし。

アメリカ野球の審判のように権威を強くしたらどうかとも思いますが、そもそもサッカーでは疑惑の判定が多いのでそれはそれで難しそうですね。

[ 2019/10/07 17:57 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(1)
 キャプテン以外は抗議禁止でいいのに。
[ 2019/10/08 00:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。