ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

バイエルンとフランス代表の騒動続く!フランス代表は自らエルナンデスを検査!《ドイツの反応》

【Sportbuzzer】

フランス!リュカ・エルナンデスを自ら検査!
バイエルンとの騒動は次のラウンドへ!


erna.jpg


この話はまだ終わっていない。現在負傷中のエルナンデスが、次の代表ウィークでフランス代表に選ばれているのだ。バイエルンは彼のプレーは無理だとしているが、フランス代表はそれに賛成するつもりはないようだ。



スポンサーリンク


バイエルンはエルナンデスの代表参加には賛成していない。最近ではウリ・ヘーネスがノイアーとテア・ステーガンの騒動に際して、将来的にバイエルンから代表に選手を送らないと発言し話題となっていた。そして今度は8000万ユーロでバイエルンに移籍したリュカ・エルナンデスをめぐる騒動だ。現在彼は膝を負傷している。



ビルトが報じたところによると、フランス代表とバイエルンの争いは次のラウンドに進んでいるようだ。クラブはエルナンデスを派遣することを断ったが、フランス代表はそれに応じなかったようだ。FIFAの規則によると、クラブは選手を派遣しなければならない。メディアの報道によるとフランスはエルナンデスを自ら検査するつもりのようである。キッカーが報じたところによると、彼は月曜昼にフランスに行くことになるようだ。


背景:フランス代表の監督がエルナンデスを次のユーロ予選であるアイスランドとトルコ戦に招集していた。バイエルンのSDサリハミジッチは、“我々はフランスに選手の状態が負傷しており良くないと言うつもりだ。後はそれぞれの医者が話して決めることだ。”と語っていた。そしてどうやらフランスは自分たちの医療チームにもう一度検査させるという方法を選んだようだ。


最近ではコヴァチ監督もエルナンデスがプレーできる状態ではないと言っていた。しかし規則に関しては、“我々には我々の見方があるが、選手を派遣する義務がある。そこで検査すれば選手がプレーできる状態ではない事は明らかだろう。”とも語っている。




以上です。


フランス代表はバイエルンの診断が嘘ではないかと疑っているという事でしょうね。まあフランスだったら隣の国ですから検査に帰るぐらいは大したことないですが、日本のように遠いくにだとそうも言ってられませんね。
[ 2019/10/07 19:14 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(2)
エルナンデス自身がフランスでの診察望んだ可能性も有りますよね。医学用語は難しいから母国語でしっかり説明求めているのかもしれないし…
どのみちドイツに残っても練習さえも出来ないなら気分転換含めフランスに戻るのは、彼の望みも有るとは思うけど。
[ 2019/10/07 21:27 ] [ 編集 ]
 こうした問題はどの国の協会でも発生するでしょう。選手と契約し選手に給料を払っているのは誰なのか、各国協会はよく考えてほしいな。
[ 2019/10/08 00:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。