ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

BVB会長ヴァツケ!クロップとの別れは、“間違いだったかもしれない・・”《ドイツの反応》

【フスバール24】

BVB会長ヴァツケ:クロップとの別れは“間違いだったかもしれない・・”


watt.jpg

4年前のユルゲン・クロップとの別れは間違いだった・・・BVBの会長ヨアヒム・ヴァツケはそう語っている。

10月14日にヴァツケの自伝が発売されるが、その一節がビルトに引用されたのだ。その中でヴァツケは“監督ではなくてチームを丸ごと入れ替えたほうが良かったかもしれない。彼のような監督はもう2度と獲得できないだろうという事ははっきりしているからね。でも良い選手は獲得できるよ。まあいずれにせよその後で賢くなるものさ。”と語っている。

スポンサーリンク


本のタイトルは、「真実の愛、BVBとの人生」というものだが、この60歳は木曜日にユルゲン・クロップと共にこの本をプレゼンテーションする予定だ。ヴァツケはこの288ページにわたる本をフランクフルトアルゲマイネ新聞の編集者であるミヒャエル・ホレニと共に執筆している。


ドルトムントはクロップ時代にリーガで2度優勝、さらにポカール優勝、チャンピオンズリーグ決勝進出を果たしているが、別れ以外の選択はなかったとも語っている。“ユルゲンは続けることはなかっただろうね。それは感じたよ。”と彼は語っている。それでも彼はクロップがいなくて悲しんでいる。“私とユルゲンの7年間にわたる関係のようなものはそれ以前にはなかったし、これからもないだろう。”と彼は語る。


ヴァツケはさらに自伝の中で監督とカードゲームをして過ごした夜についてや、2011年のパーティーがいかにクレイジーだったかについても語っている。クロップは次の日の朝、二日酔いで目が覚めるとトラックの上にいたとのことだ。たった一人でどこかの車庫の中で。監督はヴァツケによると、“まるで初心者のように酔っぱらっていた”とのことだ。そしてそのまま眠り込んでしまったようである。



以上です。

チーム丸ごと入れ替えたほうが良かったというのも結構すごい発言ですが、まあリヴァプールでの活躍を見ればそう思いたくなるのもわかります。まあ当時はクロップがいても選手を留める事ができなかったわけですから、仮にクロップ続投でも限界はあったでしょうね。

[ 2019/10/10 09:22 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(15)
ヴァツケのクロップロスが、その後来た監督たちのトラウマになっていたのは間違いない。常にクロップと比較され、クロップだったらと陰で常に値踏みされる。プライドが高い人であればあるほど彼が残した遺跡を苦々しく思うのも無理もない。それを排除することで自分を肯定しようとするのはよくあること。

[ 2019/10/10 09:41 ] [ 編集 ]
まぁやめた年が限界だよな。
優勝しても主力は売り飛ばす、残ったのは野戦病院、それでも結果は求められるだから溜まるもん溜まりまくって、最後にはクマみたいな体になってたからな。あそこまで急に太ったら体は悲鳴あげてたと思うよ。
[ 2019/10/10 10:27 ] [ 編集 ]
チーム丸ごとの中に自分は入ってないんでしょうね
[ 2019/10/10 10:45 ] [ 編集 ]
 入れ替えるにしても、ゲッツェやシュールレにオファーしたんでしょ?
[ 2019/10/10 12:53 ] [ 編集 ]
オバメヤンへの発言といい、最低な発言としか言いようがない。
選手に失礼極まりない。
[ 2019/10/10 14:08 ] [ 編集 ]
現状、丸ごと入れ替えてるような状況なのに何を言っているのか分かりませんが
クロップ続投はして欲しかったな
まぁクロップもドルトムントをやめる前の年から英語の家庭教師をつけたという噂もありますし
今回リバプールからの延長オファーも断って次に向かうみたいだし
ドルトムント7年、リバプール7年で
クロップにとってはこれくらいが一番理想なんでしょう
[ 2019/10/10 15:54 ] [ 編集 ]
随分残ってくれてたフンメルス、BVBに来てくれたロイス、
後はレヴァに出て行かれないよう破格の賃金出してればあんな負けるシーズンなんて来なかった、
常勝軍団として収益向上、体制維持できるようになってクロップも骨埋めてくれたのでは?

たらればではあるけど、選手の流出は資金力の違いだけじゃないでしょう
[ 2019/10/10 17:15 ] [ 編集 ]
そりゃ間違えに決まってるだろうけど、選手を繋ぎ止めれなかったフロントの対応が一番問題だったんだろう
チームの歴史を尊重してくれるクロップに対し、後任は蔑ろにするトゥヘルだし、その後は操りやすいボス持ってきてから、応急処置してくれたシュティーガーを留任せずに、何もかもぶち壊しにするファブレ連れて来て悦に入ってた時点でお察し
その上、チームを裏切ったゲッツェを厚遇してフンメルスまで持ってくるとか頭いかれてる事やってるのはヴァツケとツォルクにその上と全てフロントなのに何を言ってるんだお前って感じ

そもそもゲッツェとの差額を生めれば香川はステップアップを考えなかったかもしれないし、バイエルンのレヴァの対応見てればレヴァも去らなかった可能性が高い
ゲッツェなんかを戻さなきゃオバがサラリーに悩むことは無かったかもしれない
[ 2019/10/10 17:21 ] [ 編集 ]
ブンデスに魅力がないのが悪い
リーガ2強以外ならプレミアに誰でも行きたいもの
[ 2019/10/10 17:46 ] [ 編集 ]
こんな、たらればを言ったところで誰も幸せにはならない
もう後戻りはできないのだよ
[ 2019/10/11 01:48 ] [ 編集 ]
メガクラブとは資金に差があるんだから、しょうがない。選手の放出は止められない。唯一のミスはゲッツェを獲得したことでしょう。あれからチームの雰囲気が悪くなったし。
[ 2019/10/11 05:55 ] [ 編集 ]
後戻り出来ないから在り得たかもしれない過去を悔やみ、何も学ばず、改善せず、改悪しかしないフロントを批判するんだよ
[ 2019/10/11 06:01 ] [ 編集 ]
そりゃオバメヤンにも呆れられますよね。
常に過去ばかりを見て文句を言って、ちっとも前を向けない会長なんだから。
[ 2019/10/11 19:58 ] [ 編集 ]
辞めた年、後半戦は持ち直して、後半戦だけのポイントは1位なんだよね。ポカール決勝にも進んでるしね。
[ 2019/10/13 13:53 ] [ 編集 ]
レバンドフスキとロイス(前半戦)の不在が大きすぎました。
[ 2019/10/15 06:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。