ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

グアルディオラ監督!「この選手だけはぜったいに売らないだろう!!」《ドイツの反応》

【スポーツビルト】

“5億ユーロでも売らない!”



ペップ:彼はシティのスターの中で私が決して売る事がない唯一の選手だ!


guarudiola2.jpg


それはデ・ブルイネ、スターリング、ザネーでもない。ペップ・グアルディオラが決して売りに出さないと語った選手は:フィル・フォーデンだ。


スポンサーリンク



“フォーデンにあらたな契約を与えたのは、決してうっかりしてのものではない。彼は売る事が出来ないただ一人の選手だ。ただ一人。5億ユーロだって無理だよ。”とグアルディオラはこの偉大なタレントについて語っている。“フィルはどこにも行かないよ。彼はシティそのものだ。それから我々はこのポジションでは誰も補強するつもりはない。ダヴィド・シルヴァが去ったら、だれが我々の魔法使いになるのかもう我々は分かっているからね。”と彼は語る。


スター監督からの大賛辞だ。このイングランド人は2024年までシティと契約しているが、グアルディオラ監督の下でそれほど多くのプレー時間を得ているわけではない。今シーズンは101分だけだ。プレミアリーグでは10分しかプレーしていない。チャンピオンズリーグでは1分だけだ。


この19歳があまりプレーしない事からバイエルンの監督は常に批判されてきた。しかしその度にグアルディオラはシティでは競争が激しいことを理由に挙げている。“少しずつ進んだほうが良いよ。他のマネージャーだったら彼にチャンスを与えたか、またはローンに出したか興味があるね。私も彼をプレーさせないのは好きではないが、チーム全体の事を考えなければならないからね。フィルもそれはよく分かっている。”


それでもグアルディオラはフォーデンの将来が明るいものであることを予想する。“彼は我々と成長している。彼は我々の一員であり、プレミアリーグでの最高の選手の一人になるだろう。”と彼は語った。




以上です。

この間はギュンドガンを絶賛していましたが、今度はフォーデンを絶賛していますね。フォーデンの場合はプレー時間が少ないですから、真意はともかくこのような発言で若い選手のモチベーションを保つのは大事なことでしょう。

それと比べて、コヴァチのミュラーに対する発言はまるで正反対ですね。

[ 2019/10/10 18:05 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(10)
チームを守るための発言か、自分(監督)自身を守るための発言か。

分かりますよね。
[ 2019/10/10 18:32 ] [ 編集 ]
いまだにバイエルンの監督って表現するの凄い違和感あるな
[ 2019/10/10 19:46 ] [ 編集 ]
サンチョの失敗を繰り返さないため?
試合に出られた方が成長する良い例だよねサンチョ
[ 2019/10/10 21:57 ] [ 編集 ]
 フォーデンは体が出来上がってないように見えるし、戦術理解なども不足しているのでしょう。
 才能があるというだけで試合に出し続けて育てるべきだという考えを私は非科学的だと思っています。不十分な状態で強度の高い試合に出し続けるのは怪我のリスクになりますし、プレースタイルが歪む可能性もある。
 彼が数年後にどんな選手になっているか楽しみです。
[ 2019/10/11 00:12 ] [ 編集 ]
口ばかりだとその内態度で示せ言われるからな
[ 2019/10/11 05:57 ] [ 編集 ]
でも、試合に出ないと成長しないことも確か。試合に出しても成長しなかったらそれまでの選手。その試合にも出さずにすごい選手だといっても説得力がない。非科学的ってというのが非科学的。チェルシーを見ているとこれが現実だよ。チェルシーは選手を獲得できないため、ローンで試合に出ていた若手を呼び戻したりフォーデンより若い選手を起用したりして本当に力をつけている。リバプールではTAAをエラーをしても使い続けた結果、今やリーグ最高のライトバックに成長した。TAAはフォーデンの今の年齢でかなりの試合に出ていた。チェルシーでいえば、ドルトムントから大金で移籍した某若手が試合に出られないほど若手が成長した。
[ 2019/10/11 07:23 ] [ 編集 ]
サンチョに続いてこの人まで売ったらクラブは信用なくすから売らんと思う。
つかペップはこういうタイプが大好きだよ。
中盤で汗かきしながら囲みも突破できるタイプ。シャビ、イニエスタ、ブスケツ、チアゴ、キミッヒ、シルバ、デブライネ、ベルナルドシウバなどなどみなさんこのタイプだしな。
[ 2019/10/11 13:26 ] [ 編集 ]
監督に依って若手の育て方は違う。其処に異を唱えても意味はないかなと。
[ 2019/10/11 14:10 ] [ 編集 ]
監督の言葉は大事。
それがたとえ嘘の言葉であっても。
チームを上手く運営するためには必要。
[ 2019/10/12 18:36 ] [ 編集 ]
監督の言葉は大事だけど嘘をつき捲ると信用されなくなるし、グアルディオラは実を伴わない発言が多いから話半分って感じ
育成方針があるならちゃんと契約で縛ろうとせず、話し合って『約束』しないと、契約更新せずに他で成り上がろうってなる
[ 2019/10/13 06:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。