ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント新加入ブラント!ドルトムントでの問題について語る!《ドイツの反応》

【ビルト】

ブラント!BVBでの問題について語る。

あっち行ったりこっち行ったり難しいよ!


bb990.jpg

ユリアン・ブラントはマッツ・フンメルスと並んでこの夏の一大補強だった。しかし2500万ユーロでレヴァークーゼンから加入したこの選手はまだ問題を抱えている。彼はビルトのインタビューにおいて最初の3か月の印象を語っている。

スポンサーリンク


ビルト:アルゼンチン戦では先発でしたが、BVBではまたベンチでしたね。問題があるんですか?


ブラント:90分プレーした後、フライブルク戦でまたベンチというのは初めての経験だね。あっち行ったりこっち行ったりは難しいよ。もっとプレーしたいし、理想的な流れを望むものだけれど、人生では一度にすべてが手に入るわけではないからね。まずは自分の地位を確立しないと。


ビルト:それに対してどのように対処します?


ブラント:自分自身、それからクラブに対して我慢強いよ。だけど自信がないというわけではない。自分の時間が来ると信じている。すべての始まりがパーフェクトではないと学んでいるところだね。だけど、それでがっかりするようなタイプじゃないよ。


ビルト:そうではなくて?


ブラント:僕にとってはこれからの試合が大事だね。ブレイクしてまたゴールすることが大事だよ。サッカーは時々クレイジーなものだ。またゴールすると結び目がほどけて、急に多くの事がうまく行きだすんだ。


ビルト:代表ではもう少しでゴールする所でしたね。


ブラント:代表で成功した経験を持って帰りたいと願うところだね。そうなると全く別な気分で帰ってくることができるから。いまは結構大変なプログラムが待っているけれど、それはすべてを正しい方向に戻すチャンスでもある。これからの数試合でファンの信頼を取り戻すことができるよ。







以上です。

ブラントはドルトムントの始まりがこうなるとは予想していなかったようですね。まあブラントとアザールのどちからかはバックアップに回るだろうなとは思っていましたが、まさかハキミが前線で先発するとは思っていませんでした。最近はロイスも調子がいまいちですし、競争させても良いと思いますが・・。

[ 2019/10/11 16:31 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(8)
 チームが迷走気味なので、若い選手には難しいシーズンになっていますね。これも彼らの経験になるでしょう。
[ 2019/10/11 16:52 ] [ 編集 ]
何の為に補強してるのか分からんし残留させてるのかも分からない。ゲレイロやヴァイグルだって試合数多いんだからもっと出さないとやっていけない
[ 2019/10/11 16:54 ] [ 編集 ]
なんでブラントやアザールを獲ったのかいまだ疑問。
2列目が人員過剰なのはメンバー表見れば誰でもわかる。つかゲレーロもいるしハキミがやれるのは足元見ればわかる。
オマケにビッツェルだってウイングならやれるよ。
ドルトムントはたまに同じポジションに人集めるくせクセたいのあるよな。この前はディフェンシブハーフだった。ベンダーいた頃は2つしかポジション無いのに6人とか7人いた笑
これなんなんでしょうね?
税金対策か?
[ 2019/10/11 17:18 ] [ 編集 ]
補強の仕方が下手になったという思いしかないですね
[ 2019/10/11 19:09 ] [ 編集 ]
過去ばかりに引きづられるヴァツケを見ていると、新加入選手や監督が不憫に思いますね。
[ 2019/10/11 19:56 ] [ 編集 ]
ヴォルフといい何の為に獲ったのかわからない選手増えてきましたね
今使ってるメンバーが恐ろしく機能していてあまりサブを使えなかったり
シュールレみたいに使おうとしてダメだったのならわかるのですが
[ 2019/10/11 20:47 ] [ 編集 ]
普通に高く売るために買ってるんだと思うよ。同じポジションに何人いようが関係ないよ。将来高く売れそうな選手はとりあえずキープしとく、いつものドルトムントでしょ。
[ 2019/10/12 09:52 ] [ 編集 ]
売る為だけなら中途半端な年齢の選手買わないでもっと若い即戦力級の選手買ってるよ
[ 2019/10/13 01:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。