ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

元ドイツ代表!「バイエルンはミュラーを放出してはならない!!」《ドイツの反応》

【ビルtト】

バイエルンがミュラーを放出してはならない理由とは?

mulll.jpg

トーマス・ミュラーは本当にバイエルンから移籍するだろうか?ドイツ中がこの話題で持ちきりだ。


このワールドカップチャンピオンは、ニコ・コヴァチの下での控えの役割に不満だ。この状況が変わらなければ、彼は移籍するつもりだとされている。

スポンサーリンク


しかしローター・マテウスによると、そんなのあり得ないとのことだ。


このスカイの解説者は、“ミュラーはバイエルンを体現する選手だ。それだけでなくスポーツ面でも非常に価値がある選手だ。彼を放出するのは大きな損失となるだろうね。だから私はミュラーと契約延長することを提案するよ。”と語っている。


そして、“過去がレヴァンドフスキーの後ろの役割はミュラーが完璧だという事を示している。彼らはスーパー・デュオだよ。彼らは互いに利益を得ており、調和も取れている。他のどのクラブにも、ミュラーにとってはこれほど理想的なポジションはないよ。バイエルン程合っているクラブはないだろうね。”と続けている。


マテウスによると、ザネーの移籍が破談となったことが、ミュラーの状況を難しくしているようだ。マテウス:“移籍が破断しなければミュラーがこのような状況に陥る事はなかっただろうね。ザネーの移籍が破談になった後でコウチーニョの獲得に動いたわけだから。ザネーだったら、昨シーズンうまく行ったように、ミュラーはトップ下だったろうね。しかし今ではコウチーニョがこのポジションをブロックしている。それどころかコヴァチはこのブラジル人のために変更しているぐらいだ。ミュラーにとってはアンラッキーな移籍だったよ。”





以上です。

本来ザネーの代わりに獲得したコウチーニョがサイドではなくてトップ下に収まってしまったというのは何とも皮肉なもんですね。でもミュラーは右サイドでも結構できますけどね。一時ハインケスがミュラーの方を右サイドでロッベンよりも優先的に使っていたときもありましたね。

[ 2019/10/13 06:08 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(2)
12-13の三冠取ったシーズンはロッベンじゃなくミュラーが右サイドやってましたね
CL準々決勝でトップ下やってたクロースが怪我してからミュラーがトップ下、右サイドにロッベンになりチームとして完璧になりました
ペップの時も右サイドで活躍してたし、何より代表はずっと右サイドのポジションでしたからね
ただミュラーをサイドで使う時はサイドで張り付かせてドリブル突破というとプレーは駄目です
右ポジション固定させるシステムでアンチェロッティ、コバッチ失敗してます
ロシアW杯もそれで大失敗になりましたね…
ミュラーは何をするか解らないどこにいるから解らない動きをするから相手に取ってイヤな存在ですよね
でもサイド固定のシステムが好きな監督は使い辛いんでしょう
[ 2019/10/13 08:00 ] [ 編集 ]
 ミュラーはMFでプレーしますが、若い頃の彼を観た時は、クローゼのようなストライカーになるのかなと思った記憶があります。CFとしてずっとプレーしていたらどうなっていたかな。
[ 2019/10/13 13:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。