ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

バイエルン幹部!ミュラーへの発言でコヴァチ監督を批判!《ドイツの反応》

【Sportbuzzer】

ルンメニゲ:ミュラーとバイエルンの関係は壊れていない
コヴァチを批判


ggh.jpg

トーマス・ミュラは―FCバイエルンを去るのだろうか?バイエルンの幹部ルンメニゲはここ最近の噂にも関わらず、そうは思っていないようだ。この64歳はヴェルト日曜版に対して、ミュラーをただの緊急要因としたコヴァチを批判している。


スポンサーリンク



ルンメニゲはミュラーがバイエルンから出ていきたがっているとは思っていない。“トーマスとバイエルンの関係は壊れていない。彼はこれからもバイエルンの重要な一員として残るだろう。”と彼は語っている。


“トーマスがベンチで満足しているようであれば、彼は間違ったクラブにいるという事になる。”とルンメニゲは語ったが、最近ミュラーはバイエルンで単なる控え選手になっている。さらにコヴァチは最近、ミュラーについて、“緊急事態”になればプレー時間を得るだろうと語っていたのだ。


ルンメニゲ、コヴァチを批判


“ニコとトーマスは先週の日曜日に話をしている。彼の発言は良くはなかった。トーマスはこれを引き摺るタイプではないと思うし、もちろん彼は決して緊急事態だけの選手ではない。”と語っている。さらに“もちろんこの状況には真面目に対処しなければいけないだろうが、彼は素晴らしく対処しているよ。”と続けている。


ミュラーは先週、移籍の可能性を示唆していた。彼は、“監督は試合ごとに難しい決断をしなければならない。だけどここ5試合で、僕を幸せにしない傾向が見て取れた。”と語っていた。このバイエルンの選手は、“監督が今後も僕を控えとしてしか見ないのであれば、別なことも考えなければならない。僕には野心があるからね。”と語っていた。




以上です。

ミュラーをめぐって遂に幹部が口を開く事になりましたね。ミュラーを擁護するのは予想できましたが、監督も批判しましたか。ルンメニゲはコヴァチに対してはずっと懐疑的でしたから、コヴァチの地位は決して安泰というわけでもなさそうですね。

[ 2019/10/13 15:53 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(1)
ヘーネスはコヴァチ擁護派だけど、ルンメニゲは決してそうじゃないからなあ……
そう簡単には変わらないかも知れないけど、彼の望む通りになるとすればテン・ハーグとかを引き抜こうとするのかな……?
[ 2019/10/13 17:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。