ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドイツ代表ギュンドガン!トルコ代表の敬礼パフォーマンスに“いいね”しスキャンダルに‼《ドイツの反応》

【ビルト】

ギュンドガンとジャン!トルコ代表の戦争投稿に“いいね”

turuke.jpg


ドイツ代表のイルカイ・ギュンドガンがユーロ予選、ドイツ対エストニアの試合を前にスキャンダルを起こした。彼はインスタグラムのトルコ代表の写真に“いいね”したのである。トルコ代表はアルバニアに1:0で勝利したが、カメラの前で敬礼パフォーマンスを行ったのだ。これはエルドアンのシリアに対する軍事攻撃を支持する行為だとみられている。

スポンサーリンク



この写真はトルコ代表の得点者であるトゥソンが投稿したものであるが、写真には、“我々の国のために、特にそのために自分の人生を危険にさらしている人々へ”とコメントが添えられていた。トゥソンはドイツ生まれで2006年から2010年までフランクフルトでプレーしていた。彼は現在プレミアリーグのエヴァートンでプレーしている。


ギュンドガンは、その後この写真から“いいね”を外しているが、それはチームメートのエムレ・ジャンも同様だ。ジャンはビルトに対して、“トゥソンの事はよく知っているけれど、あんまり考えないで彼の投稿に‘いいね’してしまった。僕は完全に平和主義者であり、戦争には反対だ。”と語っている。

ギュンドガンも日曜の夜に、“政治に関係していると知った後で‘いいね’を取り消している。本当の所は、ただU21でチームメートだった彼のゴールを喜んだんだよ。でも昨年の事があった後で、自分も政治的なメッセージを発信したかったんだ。だから‘いいね’を外したのは意図しての事だよ。”と語っている。


ギュンドガンは2018年にエジルとともにエルドガンと会談し、多くの批判にさらされている。


ドイツサッカー協会は情報を整理するためにこの件に関して試合後に選手と話をするつもりであるようだ。‘いいね’を外した事は選手の姿勢を表すものであるとみられている。


ギュンドガンとジャンはエストニア戦でスタメン出場している。






以上です。

現在試合中ですが、また大きな騒ぎとなりそうですね。エルドアンはつい最近シリアでのトルコ軍の作戦開始を発表したばかりですが、トルコ代表のこのパフォーマンスはそれを支持するパフォーマンスだとみられていますね。UEFAがこれを政治パフォーマンスとみなすかどうかも興味深いところです。



[ 2019/10/14 09:48 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(5)
こんなのを問題視することがプロパガンダだよ
[ 2019/10/14 12:21 ] [ 編集 ]
 敬礼を政治的とするのは、ナチスとドイツ国防軍を同一視するような考え方に思えます。上から下された任務を実行する警察や軍を政治権力とするかは微妙なところです。
 ただ、ギュンドアンはドイツ国籍でドイツ代表なのですから、自身の立場を考えて行動すべき。パフォーマンス関係なくトルコ代表を推す事そのものがよろしくない。
[ 2019/10/14 14:17 ] [ 編集 ]
トルコ人によるドイツの移民支配は最悪の状況ですもんね

youtubeにもたくさん動画ありますが、
どの国においても、移民受け入れは問題が多いように思います
[ 2019/10/14 19:17 ] [ 編集 ]
まあ言い逃れできなさでは猿真似パフォーマンスよりはマシだし
二人とも言われたあと消してるならいいんじゃないでしょうか
[ 2019/10/15 02:11 ] [ 編集 ]
これでトルコがクルド人を攻撃してイスラム国が息を吹き返す。
そしたらまた米軍が介入してクルド人と手を組みイスラム国を攻撃
そしたらまたエルドガンとトランプが話し合って米が撤退

これの繰り返しが行われるのかそれともトルコがシリアから土地を奪いシリア難民を送り込み支配するのだろうか
何十年やってるんだろう
[ 2019/10/15 10:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。