ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》酒井高徳 シュトゥットガルトから放出か?! 【ビルト詳細】とドイツ人の反応

本日発売のシュトゥットガルト版ビルトに酒井選手の移籍に関する記事が掲載されましたので紹介します。





シュトゥットガルト:酒井はベンチ要員としては高すぎる。


VfBのディフェンダー、移籍に“ゴー”サイン


201506031700516f4.jpg


本来の彼は左も右のようにこなすことが出来る。しかしこの終了したシーズンではどちらでも力を発揮することができなかった。酒井に移籍“ゴー”サインだ。


酒井高徳(24)VfBにおいて最大の謎だった。


この日本代表の選手は、現代のサイドバックが必要とするもの全てを持っている。両足利きで、闘士もあり、素早く、テクニックもある。しかし今シーズンの彼はそのどれも示すことがなかった。


ビルト採点の平均点4,26で、彼が最後に出場したレバークーゼン戦(0:4)ではなんと採点6だったのだ!!だからチームメートから“ゴー”と呼ばれている彼はレギュラーのポジションを失ってしまった。


2015060317005206c.jpg

そのため“ゴー”はこの夏に移籍することが出来る。ビルトの情報によると酒井は放出候補のようだ。推定年俸120万ユーロはシュトゥットガルトのベンチ要員にしては高過ぎるのだ。



しかし酒井は元監督のアルミン・フェーとフーブ・スティーブンスの元ですでに16度もベンチに座っており、これはその前の2年半を合わせた数の2倍にもなっている。この日本人が最近の状況に満足していなかったのも当然だ。


201506031700535d7.jpg


それに加えて:同じく放出候補とされるコンスタンティン・ラウシュやヴェダド・イビゼヴッチとくらべて市場で需要がある。彼はニューヨーク生まれと国際経験も豊かで、さらに両サイドでプレーできる。


300万ユーロのオファーがあればシュトゥットガルトは彼を売るだろう。


スポーツ責任者のロビン・ダット(50)は、ダニエル・ギンチェックやフィップコスティッチのような希望の星以外は、みな市場に出される、という事を強調していた。“我々は、どの選手も売ることはできない、という状況ではないんだ・・・・。”

そしてそれは酒井高徳についても言える。


スポンサーリンク



記事に寄せられたドイツ人の反応(少ないですが)

201506031700516f4.jpg

・シュヴァープを売りに出したほうが良いね。そして酒井を残す。彼は全てを失ったわけではないよ。


・↑僕はそうは思わない。シュヴァープを右サイドでプレーさせた時は、彼は受け入れられるぐらいのパフォーマンスを出していた。



・酒井だったら100万ユーロか200万ユーロで売れるだろうけど、シュヴァープだったら一銭にもならない。彼をただで出そうとしてもだれも買わないだろう。ボビッチ以外はね。


・もしこういう話をするならシュトゥットガルトの選手の19人ぐらいは去らなければならないだろうね。少なくとも!!でも誰が酒井に300万ユーロも払うんだろう。シュトゥットガルトがいらないと言っている選手にだよ!もし彼が出て行ってスタメンにでもなったら、本当に最悪なビジネスになるだろうね。


・シュトゥットガルトの18から20のポジションは被っている。選手もお互いにプレッシャーをかけるような状況だ。でもスタメンは10人だ。出せる選手も10人だ。


・酒井はアグレッシブなツォルニガー(注:新監督)の考え方に合っているだろう。ゴーが攻めに参加できるとしたら素晴らしいよ。長い道のりを厭うこともないし、フレキシブルにプレーさせることも出来る。そしてクロスは素晴らしい。スティーブンスの下での彼は不確かだった。彼のスタイルを発揮することができなかったからね。シュトゥットガルトだって、岡崎のように他のチームが日本人をどのように使うかを見るべきだ。これ以上チームに合う選手をこの金額で見つけることはできないよ。


・ゴーに300万ユーロだって?ハハハ、ようやく笑うことができる・・・。





以上です。


やはり成績の悪いチームでプレーするのは大変ですね。岡崎選手のように上手く抜けだして、他所のチームで活躍してくれると嬉しいのですが・・。岡崎選手の時はコンフェデレーションズカップがありましたが、代表で印象を残すには注目度が低いですね・・。


それにしてもシュトゥットガルトはどうしてしまったんでしょうか。責任者たちも自分たちの責任は棚に上げて選手のほとんどが放出候補だ、なんて公に発言しているぐらいですから、このトンネルは長そうですね。


ゴメスが大活躍し優勝した2007年が懐かしいです(管理人は当時シュトゥットガルトに住んでいました。)。


【おまけ今日のドイツ】

IMG_6538.jpg

ワイン醸造所とレストラン
管理人の近所にあるワイン醸造所兼レストラン
お昼すぎからワインを楽しむ人がたくさんテラスにいました。
ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball
[ 2015/06/03 17:09 ] 酒井高徳 | TB(-) | CM(6)
No title
最近のインタビュー記事で、ボランチとの連携がうまくとれないと言っていましたので、環境を変えられるいいですね。

できたら、ブンデス・リーガでプレイして欲しいです。

[ 2015/06/03 18:34 ] [ 編集 ]
No title
シュトゥットガルトの試合を観ることは少ないのですが
酒井選手の1年目の活躍はよく覚えています
ローマやミラン移籍の噂がたったことも記憶してます
数人の選手だけを残してあとは売ってしまおうという
クラブの考え方もどうかと・・クラブ自体にも問題があると思います
[ 2015/06/03 19:26 ] [ 編集 ]
No title
シュツットガルトが落ちぶれるとともに
ゴメスも・・・
[ 2015/06/03 23:10 ] [ 編集 ]
酒井の場合はいいオファーがあれば移籍した方が良いけどオファーは来るかな。ドイツ語も話せるしまだまだ頑張って欲しいけどね。
[ 2015/06/03 23:26 ] [ 編集 ]
No title
攻撃面は良い物を持ってるのに、とにかく守備のポジショニングや対応のまずさ、ポカが多すぎて…
低迷するチームに引っ張られた部分はあると思うけど
初年度のインパクトが大きい分、それ以降のパフォーマンスには物足りなさを覚えてしまう
[ 2015/06/04 03:43 ] [ 編集 ]
テクニック、強さは持ってる
日本の将来を担うべきサイドバック
セリエで守備を覚えたら化けると思う
中堅チームで試合に出続けてほしい
[ 2015/06/04 23:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。